2010/6/2

引っ越します。。。  


特に理由は本当にないけど。
引っ越すことにしました、ブログをです。

最近、書いてないですし。
いろいろ、やりたいことも増えました。
具体的に言えば、カテゴリの再編がめんどくさいのもあって。

てなわけで、新ブログ。
「蒼い空〜second edition〜」
http://blue-river.seesaa.net

をば、暇でしたらご相手ください。
0

2008/7/15

一斉休漁って、漁協の全国ストライキですか。  


ガソリン高騰悩ましいこの時代、ニュースみればあれが値上げだこれが値上げだって・・・。

さて、そんな中「お刺身」大好きな自分にショックな記事が。

燃油価格高騰による窮状を訴えるため、全国各地の漁船が14日から15日未明にかけ、出漁を取りやめた。15日には全国20万隻のほぼ全てが一斉に休漁する見通しで、輸入を除くほとんどの鮮魚の水揚げが止まる異例の事態となる。卸業者やスーパーなどは大量の鮮魚を生け簀などに蓄えているが、一般の寿司店では「休業するしかない」と悲痛な声も聞かれる。農林水産省も鮮魚の値上げを認める姿勢を示し、一般の食卓にも影響が出そうだ。

 休漁は、全国漁業協同組合連合会(全漁連)など16団体の主導。漁船の燃油が5年前の約3倍近くにまで高騰しているとして、政府・与党に高騰分の直接補填などを求めると同時に、傘下の漁船に対して15日に休漁するよう呼びかけた。

 国内のほとんどの漁船はこの16団体所属で、岡山、神奈川県などでは14日から、他の多くの地域でも15日未明から休漁に入った。

 このため16日には、水揚げされたばかりの国産鮮魚が全国の市場から消え、一時的に魚の値上がりも予想される。各市場では卸業者が対応に追われており、東京・築地の仲卸業者団体は「休漁に備え、業者は生け簀に魚を蓄えているが、初めてのことで何が起きるのか…」と不安な表情だ。


う〜ん、ここまでになると国の危機感が鈍すぎるとしかいえないですよ。
農水省の白須敏朗事務次官だっけか?
「消費者に(負担を)お願いせざるを得ないのでは」なんていってるけど、
ここで鮮魚を値上げしてどうする気なんだろうか。

現状、みんな安いもの安いものと生活を切り詰めてるわけだから。
結局のところ、負のスパイラルになってしまうわけだよね〜。

そんなことしてると日本人が一時的な魚離れなんてしたら海外の高級層にねこそぎもってかれてしまいますえ。
0

2008/6/13

ウォーターエネルギーシステムって。  


なんとなくニュースを流し読み中、ふと目に入ってきたのがこれ。
「ウォーターエネルギーシステム(WES)」、なんとも画期的なのだけども。
水から電気を取り出すのだそうだけど、記事を見てるとなんか胡散臭かった。

いや、もちろん自分は専門化でもないしそっち方面に極端に詳しいわけでもない。

単に、現状の社会のエネルギー不足やら政治化の思惑内のガソリン高騰で人並みエネルギー関係に興味がある程度の人間だ。
自作PCなんてやってるもんだから、つい目がいってしまう。


さて、ウォーターエネルギーシステムだけども。
記事によると「電気自動車の充電池に電気を供給し続ける」事も可能らしい、2リットルで7時間も走れるとか。
ガソリンでもそんなことできないし、水を循環されることでエネルギーを生むらしいのだけど。

記事を読んでるとある種の「永久機関」なんて言葉もみえたけど、その記事自体もだいぶ胡散臭がってる。


個人的には水も使い続ければ限度が見えてくるだろうから・・・いっそ、「二酸化炭素」をエネルギーに変える方法を模索するべきだと思う。

たとえば車であれば、大気中の「二酸化炭素」を取り込んで動くとかそういうの。
そうすれば温暖化も解消されるし、輸入に頼るしかない原油の高騰に悩む必要も無い。

でもそうしたら、二酸化炭素に暫定税率をかけてくるだろうこの国は。

と、結局今の物価高騰に悩める学生のふと思ったことより。
0

2008/6/7

消えた音、無音というなの。  


おひさしぶりです、蒼鏡華 史希です!
みなさまいかがおすごしでしょうか??

とうとうノイジーな携帯が沈黙してしまって、蒼鏡華 史希です(泣)

えぇ、画面は移ります・・・通話できますとも。

がしかし、音がなりません。

これを目覚ましにしていた私は、これに気づかず・・・1〜3限にまったく間に合いませんでした。
これが木曜の悲劇です。

急にならなくなるのは反則です、夜まではなっていたのに(酷くノイジーに)。


目が覚めて1時40分。

そんなのってないよ(泣)!!!
0

2008/5/22

時間っていう概念に縛られすぎてるのは人間だけで。  

月周回衛星「かぐや」が撮影した写真に「アポロ15号」(1971年)の噴射跡が残っていたそうで。

これで、「月に行った、行ってない」の騒動には決着がつくわけですね。
今から30年以上前に人類は月にいってたんだねぇ。

と、実際月には大気がないし、雨も降らなきゃ風も吹かない。
その時が続いて今に至ってると。
時間が止まってるように感じますね、あの有名な足跡もそのままであると。

もしかしたら、時間が流れてるのは地球だけなんじゃないだろかと思いたくなったり。

時間が止まって感じるのは人が踏み入らないからなんだろうな、時間の概念に縛られすぎているのは人間だけだから。

きっと!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ