2008/9/27

後の世に語り継がれる傑作。  アニメの話し。

素晴らしい・・・その一言に尽きる。
マクロスFは作品としてマクロス史上・・・最高傑作であると言い切れる。

歌と三角関係・・・そしてバルキリーの戦闘。
なによりもどの作品よりも綺麗な終わり方・・・。

25話、最終話を見て感じたのは・・・久方ぶりの感動。

戦闘シーンの綺麗さは明らかに現在の最高峰であるし、なにより話がよかった。
初代、「愛おぼえていますか」では達成できなかったものを詰め込んだのがFだろうと思う。


マクロスアタックとか出てくるし・・・やばいクオリティでした。
最後にね、アルトとブレラが背中合わせで戦うとか。
クランがミシェルの機体に乗ってるとか・・・やばすぎる。
ルカなんかゴーストのリミッターを解除するわ。。。

やばすぎだろと。

そして「劇場版マクロスF」始動。
もう伝統だろう、これは。

あぁ、この作品に出会えた奇跡・・・。
涙が止まらないかもしれない。

ひとついえるのはプラスと比較しても個人的にはプラスの勝ち。
しかしFは名作である。

0
タグ: マクロスF



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ