2008/3/5

年に何回かあるシリアスな日。  蒼な日常記。〜複雑に混ざる全ての道は〜


昨日は夕方からトリカブートKと2時間ほどドライブをしていました。
内容は後期の受験について。

はじめは受験の話をしていたんですが。途中から「将来」をどうなるんだろうかという至極真面目な話をしてたんですよ。

そこで久々なシリアスモード突入。

なんか本当に真面目に話をしてました。

たまには、というか・・・やはり自分の考えを纏めながら話すのは頭をつかうからいいです。

0

2008/3/4

信じる信じないは本人しだいである。  蒼な精神論。

占いは好きですか??
毎朝、時刻の変わり目ギリギリに各テレビ局がこぞってやってるあれです。

何を根拠にあなたの運勢を書き綴っているかは存じ上げませんが、「当たるも八卦当たらぬも八卦」とは上手くいったもんだと感心します。

ちなみに「はっけ」は「八卦」と書きまして、筮竹(ぜいちく)と言うものがあるんですが・・・(これを話すと長くなるので(略))。
要するところ、占いの基本的概念みたいなものだと考えてください。


さて、ここからが本題です。

僕は基本的に「ここぞという時」と呼ばれる日・または時期は・・・絶対に占いは見ません。

それは勉強しかり健康しかり恋愛しかりとさまざまではありますが。

「ここぞという時になぜ見ない??」と占い好きの人から言われたことはかなりありますが。
理由は単純、絶対に見ないのはなぜかといわれれば・・・「ここぞという時こそ、運命なんて自分で切り開くものだから」というのが自分流です。

もともと、「当たるも八卦当たらぬも八卦」といわれるものですし・・・運命なんぞに絶対はありえないと考えているのも大きいですし。
「神頼み」をするくらいなら「実力をつけて、人生の壁を登らずぶち壊し、それが圧倒的不利であればは回り道も可」と考えがあるものまたしかりといいますが。

要はそこに限ります。


さて、今朝見た夢なんですが・・・。
今は亡き祖母の家で(祖父は健在)本を読んでいるところから始まります。

自分は、母方の祖父母の家が大変近くにありまして・・・学校帰りによって静かにお茶を飲みながら本を読むということはよくしていたのでこの夢は妙な現実味がありました。
祖父母の家は、マイホームと違って静かなんですよ。
それで・・・ですね、正月の宴会のように親族がそろってるわけですよ。
んで。誰かがお風呂に入っているようす。

ここまでは特になんにもなかったです。

が・・・。

父が「お前、その頭どうした??」と危機感めいた顔で話しかけてきます。

自分は、恐る恐る頭頂部に手を伸ばすんですが。。。

これが・・・。




ひどい円形脱毛症になってる夢なんです。
しかも半径2.5cmで直径5cmくらい!!


あわてて、洗面台にいって確認するわけなんですが。

そこで予想外の人物にでくわすといったところで夢は終わりました。


夜中に飛び起きたのは久しぶりです、汗だくだくでした。
エアコンの音が妙に大きく聞こえたくらいです。

そして頭頂部を確認・・・無事。
朝になって母に確認をしてもらい・・・無事。

一体全体、なんであんな夢をみたんだろうと不思議に思い・・・今、ここに記しています。

夢は深層心理に影響されていると勉強したことありますが、「あれはないわっ!」とご乱心です。


そんなこんなでこんな夢を見たときもここぞという時。

今日は、占いは絶対に見ません!


でもですね、占い自体は嫌いじゃないですよ。
今日の運勢なんかをどうとらえるかで、物事の考え方というものが幅を広がるかもという考えもあるので。

占いは占うものであって、確実絶対を保障するものではないですし。
「当たるも八卦当たらぬも八卦」ですしねぇ。


ですが、今日は危険すぎる!!
絶対に見ません!

ほら、信じる信じないは本人しだいなわけですよ(笑)

0
タグ: 占い

2008/3/3

黄砂って、すごいアレルゲン。  蒼な日常記。〜複雑に混ざる全ての道は〜


母の車が黄砂でえらいことになってました、洗車したくなります。

しかも、くしゃみがとまりません。
健康被害でございます。

テレビで見てしったんですが、黄砂の粒は0.005oと小さいそうです。
そして微生物の死骸やらが付着していてアレルギー満載という危険な話。

花粉症がレベル1の人でも、黄砂を組み合わせると一気にレベル5まであがるとか。
大変なレベルアップですね、困り者です。


花粉症とアレルギー喘息(最近はないですが)も少々の私としてはこれからの時期が怖くてなりません。

あぁ、杉よ・・・少し落ち着いてくだされ。

神奈川で花粉症で死者がでたら・・・きっと私でしょう。
アレルギーだから、ドサッと一気にあびたりしたらショック症状でもでそうな感じもしますしね。


あぁ、黄砂よ来るな杉も花粉をとばさないで。
0
タグ: 花粉症 黄砂 花粉

2008/3/1



さて、時間をさかのぼること2週間前のことです。
大体2週間前です(あまり定かではない記憶)。

夜10時くらいに、Starriderお兄様から「「TSUTAYA」にDVD返しにいくからジュース飲みがてら一緒にいかない?」とメールがあって出かけたんですが。

はじめは、ちょっとドライブがてら相模原を経由してTSUTAYAにいこうという計画でした。

が、その日の我らはテンションが高かった!
本当に些細なことですが、車の話をしていて唐突に「宮ヶ瀬」という単語がでた瞬間・・・「行ってみるか??」とお兄様。
「時間ありますし!」と自分。

これが、スタートでした。

猿ヶ島を愛川方向に延々と走りつづけ、宮ヶ瀬に向かいました。
して、宮ヶ瀬にはちょっとした駐車場もとい休憩できる場所があるんですが、湖面に映る山と雪の景色をみていた時です。

「今日は星がみえないのが残念だ」とお兄様。
そして驚愕の一言「夜景でも見にヤビツ行こう」。

さて、ヤビツとは秦野にある有名な峠です。
展望台からは秦野市・平塚市・遠くは葉山の海岸の光まで見えるとんでもない所なんですが。

宮ヶ瀬から厚木を経由していくとざっと30分くらいはかかります。

このとき、時刻はすでに11時。

さて、ご機嫌に「ゆず」「スキマスイッチ」と流しながらヤビツに向かいます。
途中、宮ヶ瀬の峠が凍結しまくり(むしろ雪満載)で滑りまくりでしたがなんとか走破しヤビツに到着。

が・・・!!

「雪の為、通行禁止」とな!!

これは衝撃でした。
自分らは、もはや本来の目的を霞のごとく過去のものとしてここまできたのに。
これは素直に帰るしかないかなと思っていました。

が、ヤビツを下ってきてお兄様の「ここまできたら、来た道でなんか帰れないわ。男として」。

!!!

そして246を延々と走りつづけました、裾野っていう「この辺りって「富士山」見えるの??」って辺りまで。
途中で道の駅とかで休憩もしながら。

さて裾野を抜けてから自分が運転を変わったんですが、国道1号線という聞きなれた道を発見したとこでそちらへGO!

お兄様の「これで帰れるな」という言葉が印象的でした。

この時、深夜1時前後。

が、国道1号線を走っていてぼんやりと考えてました。
「この道って「箱根峠」ではなかろうかと」。

30分後、僕らはヘアピン続く峠を走っていました。
路面凍結と雪と夏用のスポーツタイヤという「過酷な条件」で。

あのときのハンドル握る自分は「人の車」「なれないハンドル」「路面凍結の恐怖」で真剣に口数が少なかったと思います。
正直・・・。

真剣
でした!!!!

とりあえず休憩所まで走って交代。

この時深夜2時をまわって20分といったところだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

休憩場にある街頭と辺り一面を覆う雪が印象的でした。

そして、ヘアピン続く峠を抜け小田原を抜け、平塚を超え、海岸沿いを走り藤沢を経由、大和を走って、座間へ。

目的地のTSUTAYAについたのは午前5時だったかと思います。

疲れてました、楽しかったを超えて疲れていました。

車内にいること7時間。

果てしない旅でした。



しかし

また暇があったら長距離ドライブがしたいものです。

次は4時間とかその辺りで帰ってこれる範囲で。

あの日、テンション高すぎてました。

あぁ、思い出しても。
途中の道の駅の風景と足柄茶は本当においしかった!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ