2007/2/22

綺麗な花には…棘がある。  俺たちの部活。〜最新機器のお話〜


私しりませんでした。
何がって…「XEON」というCPUの正体ですよ。
読み方は「ジオン」。
パソコン部に入って自作PCをこさえてから名前は知ってましたけど…昔はPentiumの廉価版でCeleronよりは良いくらいのイメージでした。

はっきり言って驚きなんですが。
CeleronはPentiumよりパワーと価格を下げたタイプでよく既製品にのってたりしてます。
安くて安定したCPUなわけです。
わかりやすくいえばザクです。


して…Pentiumはデスクトップ用として高機能と高機動を両立して、生産性も高いギラドーガみたいなものです。
後継機は今主流のCore2シリーズになります。


そして、XEON…これはPentiumをベースに更に高機能、高性能と作られたCPUです。
私は本当に勘違いをしていましたよ。

もちろん、今現在もシリーズはでていて最上位モデルはX6800やQX6700より値段が高いというある種のハイコストCPUです。
今現在のCore2と比べるとやはりスペックが高いようですが、クロック数はあまり差がないようです。
ですが、既にQuad型が4つもでていると言うのは凄いです。
…元々が「サーバとワークステーション」向けのCPUなのでそこはそれで別格なのは否めません。

ですが、3Dは同時期core2シリーズやらPentiumシリーズに劣っていたスコアがでてることもあるようです。
しかし、それでも記者会見で50%の差などと言うからにはレベルの違いが伺えます。
サザビーですね。

手を出してみたいのはありますが、住む世界があまりに違うようなので断念中です(しょんぼり)。
でも、機会があったら試したいです!!!



さて、今日のタイトルですが夜9時までのテンションで決めました。
要するに記憶と経験と思いだしから来ています、もうノリですね。
単にタイトルにしたかっただけな気もしますがね。

以上、いっそワークステーションでも作るかの巻(おいおい(^_^;))。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ