2007/9/15

原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条によらないで進路を変更できる陸上を移動する機械。  蒼な日常記。〜複雑に混ざる全ての道は〜


本日、初実技でした(シュミレーター除く)。
というわけで、バイトもあるので午前1時間だけいってきた蒼鏡華 史希です。

楽しかった、だって動くんだもんさ。
初めて動かしたわけですが、感動ですね!
まぁ、車を動かすというのは責任が伴うわけですが。
でも、すごく緊張したけど・・・楽しかったです。

というわけでエンスト報告です。
3回エンストしました。

1回目
ブレーキ踏んで1速待機中にクラッチ踏んでる足の位置が微妙で、ぐにぐにっとずらした瞬間。
足がつりそうでした。

2回目
何回か外周を回って、逆周りに入り他の教習車を行かせるために停止。
発進→アクセル足らずにエンスト。

3回目
教習が終わる時間のため、停車するときに・・・。

教官「じゃ、そこのクランクに入れてとめちゃおう」
自分「クランクΣ( ̄ロ ̄lll)」

教官「はい、ブレーキして速度落とす。ハンドルきって・・・もっともっと
(教官横からハンドル掴んでまわす)」
自分「はい」といいつつ(°°;))。。オロオロッ。。・・((; °°)。

教官「速度落ちてきてるからクラッチ、アクセルもゆっくり丁寧に」
ガックン(エンスト)。

一応、クランク内に停車(エンストによって予定より前で)。


そんなこんなでした(汗)。
でも、これは練習しがいがあってテンションあがります!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ