クラシック、ミュージカル、ポップス、ヒーローソング縦横無尽!

2011/12/31

丸ビルジルベスターコンサート  

只今ゲネプロ中。
昼間の今で寒いから夕方の本番はさぞかし冷えるのだろうなあ。
大晦日に歌い納め。有り難いけど、のんびり出来ないからなあ。お酒も呑めないし(;_;)
お時間のある方は17時から丸ビル一階です。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/29

やっと晩飯  

頭と身体をフル使用して今日もクタクタでした。
身体を冷やさないよう今日は温野菜メニューを頂きます。勿論お酒抜き(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/29

必ず明日が来る  

自分を信じる、自分に期待する、自分を諦めない。最後は孤独な作業の中で冷静に自分と対話する。今、どの位しんどいのか、まだやれるのか、限界なのか。見誤ると取り返しがつかない。この山を征服出来た時の達成感はどんなものだろう。
やってはいけないことは投げてしまうこと。自分を過大評価すること。生身の人間。機械ではない。無理無茶は先々大きなダメージになって残る。冷静に冷静に。自分との対話が一番難しい。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/29

ジュランジュラン忘年ライヴセットリスト2  

第2部

1.恐怖の町(怪奇大作戦)
2.ミラーマンの歌
3.ファイヤーマン

4.行けレインボーマン
5.死ね死ね団のテーマ
6.光速エスパー
7.故郷は地球(シルバー仮面)
8.マッハバロン

9.悪魔くん
10.ジャイアントロボ
11.キャプテンウルトラ
12.戦えイナズマン
13.キカイダー01

14.マグマ大使
15.スペクトルマン・ゴーゴー
16.快傑ライオン丸 風よ光よ
17.戦え!電人ザボーガー
18.おれの兄弟電人ザボーガー

アンコール
19.進め!ウルトラマン
20.大怪獣賛歌(ギララの逆襲)
21.ULTRASEVEN
22.冥府の鳥(ウルトラQ)

2011/12/29

ジュランジュラン忘年ライヴセットリスト1  

第1部

1.怪獣墓場
2.電エース 気持ちのいいバラード
3.ギララのロック
4.ウルトラQメインテーマ
5.大怪獣のうた
6.ウルトラマンの歌
7.科学特捜隊の歌
8.ウルトラセブンの歌
9.ウルトラ警備隊の歌
10.ノンマルトの使者
11.フルートとピアノの為の協奏曲
12.帰ってきたウルトラマン
13.MATチームの歌
14.夕陽に立つウルトラマン
15.ウルトラマンエース
16.TACの歌
17.ウルトラマンタロウ
18.ウルトラ6兄弟の歌
19.ZATのテーマ
20.ウルトラマンレオ
21.レオBGM
22.星空のバラード
23.ウルトラマン80

2011/12/29

景色  

今年もいろいろなステージに立った。いつの間にかステージから客席を眺める機会ばかりになり、客席からステージを眺めることが少なくなった。職業演奏家だからステージから景色を眺める回数が多いのは当たり前なのだろうか?時々は客席から景色を眺めないと自分が見落としているものに気がつけない。3.11直後、立て続けに決まっていた本番が無くなり引きこもりがちになっていた。あの時、無性に或る人の歌が聴きたくなってプチ遠征した。小さな会場。客席の後ろから眺めたステージ。何だかドキドキした。いろんなことを考えた。歌を聴いて思った。前に進まなきゃ、と。この日の出来事は間違い無くターニングポイントになった。あのステージを眺めずに居たら、今年の眺めは変わっていたかもしれない。
大晦日、今年最後のステージからの眺めはどう見えるのだろう。きっといろんなことが、脳裏に浮かぶのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/29

浦島太郎だった日  

ジュランジュランから一夜明け、余韻に浸る暇もなく現実に引き戻される。そう、あと3週間を切った修道院での結婚の現場に復帰!10日も稽古場&音楽から離れていたのですっかり浦島太郎であった(笑)。稽古場入り前に衣装合わせの為、八丁堀の松竹衣装さんへ。ダイエット成功後初のオペラ出演となる今回。すっかりスリム化したので衣装さんも変化に気付く。今回の衣装、まるで誂えたかの如くピッタリで今までに無いくらい綺麗な立ち姿になりました。本番をお楽しみに。
笑い話:衣装スタッフさんたちからどうやって痩せたのかを訊かれていた時、“失恋した”とツッコミが(笑)。失恋して13キロも痩せられるならこの半年間の努力は何だった?(爆)。まあ、何にせよ楽しては痩せられないと言うことですね(^-^)
頑張ったご褒美。白を着ても膨張しません。(写真はステージ衣装です)

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/28

ジュランジュラン忘年ライヴin白龍館  

今年もウルトラの神様降臨!しかもご本人が会場に癒やしのスペシウム光線発射のスペシャルサプライズ!!まさか初代ウルトラマン&アマギ隊員とこんなに親しくさせて頂けるなんて夢のよう。夢なら覚めんでくれぇー!
今回で6回目になる世界唯一実写特撮ソング専門ユニット“Juran Juran”のライヴin白龍館。今年は映画電人ザボーガーの大ヒットの恩恵を受け、例年にない大盛況(ザボーガー・バブルか?)。高野二郎自身もザボーガー主題歌歌手“平成の子門真人”というこの上ない称号を頂いてその道ではかなり知名度が上がりました(笑)。当然今回はザボーガー目当ての一見様も多く見受けられました。
今回は全部で45曲。3時間半を超すマラソンライヴ。リハーサルを含めたら優に6時間を超す体力気力の限界ギリギリ。ライヴ終了時は達成感より疲労感をより強く感じました(笑)。
活動開始当時は、自分が特撮ソングを歌うことに狂喜乱舞して客観的に全くなれなかったのですが様々な経験をし、今回はただ好きで歌うのではなく、れっきとしたプロの特ソン歌手として演奏出来るようになった自分。真の特ソン歌手としての自覚ですね(エヘン)。いやいや、気の置けない怪獣仲間、熱心な特撮ファン皆さんのおかげで成長させて頂いてます。これからも一層研究、研鑽を重ねて特撮ソングの素晴らしさ、子門真人師匠の偉大さを伝承していきます。どうか期待していて下さいね(^O^)/

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/25

前半終了。間もなく第九開始。  


陽はまた昇る、熱唱中。


クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/25

大森ベルポート第九生中継  

今年はハイビジョン!いやーん、お肌の荒れが…。歌で頑張ろっと。(^^)



クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/25

この子  

この子が居てくれたら、嫌な事も辛い事も忘れさせてくれるに違いにゃい。でも、それははかにゃい夢にゃのだ。



クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/24

クリスマスイヴ  

来年は可愛い動物たちに囲まれて(特ににゃんこ)過ごすか、熱い特撮ソングをヒーローたちと歌いあげるか、厳かに宗教曲を歌うかさもなくば家族水入らずで過ごしたい。家族揃ってのクリスマスイヴは3年前で途切れてしまった。家族3人と1匹の水入らず。せめて来年は新しい1匹を迎えたい。



クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/24

クリスマス寒気団  

本当に寒暖のふれ幅が広くて体調管理が難しい。今朝も曇天で陽が射さなかったのと低温でなかなか起床できず。まあ、神経と体力をいつも以上に消費した翌朝だったので仕方がない。それにしても、日照不足と低温に弱いなんて、ウルトラセブンかキカイダー01並みだ(苦笑)。
クリスマスの大森ベルポート第九の全体リハーサルに参加。大森ベルポートのアトリウムは大理石ばりで天井まではウルトラマンと同じ40メートル。暖房効率が物凄く悪い。本番では冷えないようにしっかり防寒対策を講じないと。今風邪引いたらもうロシア語オペラ間に合いませんorz1つの釦の掛け違いも許されないスケジュールで正直精神的にキツい。早く稽古場に復帰して遅れた分を取り戻したいなあ。プレーヤーとしてはひっきりなしに本番が続いていて嬉しいのですが、身体は1つ。今回は自分に完璧を求め過ぎると確実にパンクしそうだから、周りを気にせず自分のペースで完走するように心掛けなくちゃ。今回に限っては我が儘を許して貰わないとね(^_-)。
日付変わって今日は玉川高島屋でチャリティーライヴ。無料ですからお気軽にお運び下さい。
写真はメンバーMASATOのブログから拝借しました。事後承諾で宜しくです。あっ、今日は金井師匠は出演しません(^^;)

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/23

ザ・ジェイド“ウィンターコンサート”終了  

寒い中、新生ジェイドの初コンサートが終了しました。いろいろ有ったり無かったり(笑)しましたが、新しい船出をすることができたようです。
この組合せのメンバーでは初めてでしたが、新メンバーをオリジナルメンバーがフォローしながら和気藹々と最後までいけたことは良かったです。今後、経験を重ねていくと新しいものになる可能性も出てくるのかもしれません。暖かく見守って板抱ければ有り難いです。ありがとうございましたm(_ _)m
12キロ以上スリムになって初お目見えの衣装でした。衣装代が嵩む不経済な身体、嗚呼。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/21

今年は無理だ(T^T)  

今年はどう考えても忘年会を開催したり出席したり出来ないくらいスケジュールが立て込んだ師走。例年1つや2つは心身共に開放出来る気の置けない仲間たちとの宴会があるのですが。仕事や本番にかこつけた打ち上げではない宴会。
ロシア語オペラから解放されたら先ずは新年会かな。楽しみが先にあれば目の前の課題に取り組む良い動機付けになる。
さあ、明日の準備、準備。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ