クラシック、ミュージカル、ポップス、ヒーローソング縦横無尽!

2007/12/31

いつもの大晦日  

自宅で格闘技観賞して過ごす。今年も注目カードが多く目が離せません。しかし、今年は二度もK-1の会場に足を運びましたので会場での観戦に比べやはり物足りなさを感じます。やはりライヴは良いですよね、何事も。来年も幸せなライヴ活動をしていきたいです。今年もご声援ありがとうございました!皆様、良いお年を。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/31

歌い納めたら  

当然、飲み会(笑)。レギュラー陣もゲストに負けず弾けました。清水さんの○の宿からなんて新境地で良かったし、森さんのマイウェイは金井氏のアレンジでボサノバ風になってイカしてました。私はというと今回も新曲を世の中にでる前に一足お先に御披露目し、久々に「心の師匠」に成りきってギターかき鳴らし(勿論コードは3つしか弾けませんからー、残念)チャンピオン。あと、悠代ちゃんと○が生まれた日をデュエット。楽しい一時でした。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/31

爆唱カルテットのゲスト  

今回のシークレットゲストは見角悠代ちゃんと平良交一さんの豪華2人でした。二人ともはっきり言って上手い!しかも完全にクロスオーヴァーをモノにしていました!爆唱バトルコンサートにも必ず出演して頂こうと思いました。悠代ちゃんは前半魔笛の夜の女王のアリアを事も無げに歌い、後半は松田○子を完全にアノ歌い方で歌いこなしてしまいました。
平良さんは前半華麗にドン・ジョヴァンニを演唱し、後半は中島美○にはじまり布○明、尾崎○○彦に成りきってました。本編だけでは歌い足りず、閉店後あずさ○号、○都会を私を巻き込んで熱唱。本当に熱いヒトでした(笑)。
正直、この二人、私のクロスオーヴァー歌手の立場が危ういかもΣ(゜□゜;)と思い知らされるくらいオイシい歌を歌い喝采を浴びていました。高野二郎、もっと頑張れー!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/31

歌い納め  

今年のステージが全て終わりました。恒例行事になりつつある爆笑、もとい爆唱カルテット年忘れコンサートで今年を終えました。一言で言うと
「チョー気持ち良い!」
やはり自分たちが楽しめないものを人様が楽しめるわけがないんですよ。出演者一同最高に楽しんでいました。明るく楽しく、でも決めるところはバッチリ決める。安心して聴いていられるメンバーであるからこそなんですがやっぱり音楽は楽しむものなんだと実感します。“師匠”金井信氏とは今年も楽しくステージができました。この人との化学反応はとどまることを知りません。来年もまた楽しみたいと思います。
来年の今頃、夢が叶うと最高なんですが…。挑戦あるのみです。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/28

案の定  

朝から声ガラガラ。全身倦怠感。いやあ、体が重いです。1日すっきりしませんでした。
今日は明日の爆唱カルテットで歌ってもらうシークレットゲストの人と曲目選定作業and合わせ。私は一年半振りに例の楽器を再登場させることにしました。久々に触る楽器。感覚が戻るのに時間がかかりました。ゲストさんは今回の秘密兵器!私も新ネタを披露します。
皆様、年末ご多忙とは存じますがお時間のある方はどうぞお運び下さい。西新宿白龍舘で19時スタートです。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/27

長久手初  

今日は特別遠征。初めての門下ワークショップ&試演会(勉強会)を行いました。昨夜の電エーストークイヴェントと怪獣仲間忘年会明けで寝不足、声帯疲労のままでしたので兎に角声がしんどかったです。二時間半喋って歌って更に声帯が過充血で一層重く感じられました。自分の演奏では決めの高音が失速してぶら下がり学生たちの前であまり格好良い歌にはならずちょっとガッカリでしたが、主役であるところの門弟達の演奏に進歩の後がみられ、私の指導の効果が確実に出ていることが実感できました。
漸く年内の大学での指導が終わりホッとしました。終了後山を降りて門下生達と忘年会。とても楽しかったのですが疲れが溜まっているため何度も眠くなりました。本当は宿泊したかったのですがまだまだ東京で仕事が待っていますので最終の新幹線で帰京。本当に充実感に満たされて幸せな気分ですが体力的にはそろそろクタクタ(x_x;)かも。明日声出るかなあ…。(_ _).oO
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/27

今年最後の…  

昨日は洗足の冬期講習会に出講し、夜は特撮トークイべントにゲスト(笑)で出てきました。
事前に告知しなくて良かったなぁ(爆)という内容でしたので(個人的には河崎監督の「フウト」、「√ウルトラセブン」を初めて観ることが出来たのは良かったのですが)私の関係者は殆ど来場しませんでした。今年は一気に特撮系露出が増えましたので(良かったのか悪かったのかは皆様の判断に委ねます)そちらの方ではかなり充実した一年でした。
ここ数年の私の活動範囲の広がりを見て昔からのファンの方々はかなり心配をされているのも事実です。ミュージカルに出演していた時でさえそうでしたから爆唱バトルコンサートやエッセンス関連のクロスオーヴァー系などは言うまでもなし。そしてとうとう特撮系にまで!クラシック系のファンの方々が離れていったのも何となく感じていました。これは仕方のないことです。その代わりにクラシック系活動しかしていなかったら絶対に出会わなかった新しいファンの方々が確実に増えてきています。そしてクラシック活動のみ行っていた頃から応援してくださっている方々も少しずつではありますが私のカメレオン振りを楽しんでくださるようになってきました。嬉しいことです。どんな分野で活動していても真剣に取り組んでいますしやるからにはいい仕事がしたいですからいつも全力を注いでいる積もりです。活動の幅が広がったお陰で本業?のオペラやクラシックの演奏活動にも良い影響を与えています。オペラやクラシックに新しいファンを開拓しなくてはいけないと強く思っていま
す。それは特撮界にも言えることだと思います。私は微力ではありますがオペラ、クラシック界と特撮界そしてミュージカル界の橋渡しをしてそれぞれの魅力をいろんな方々と分かち合いたいと思っています。と、偉そうに言いましたが兎に角、私自身が心から楽しんで表現活動を行っていきたいからなんですヾ(^▽^)ノ
今、凄く楽しいですもん。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/26

地元でクリスマス  

週が明け、先生業が一息ついたところで第九のリハーサルと本番。クリスマスに第九。やっぱり地元品川区で歌うのは気分良かったです。大森ベルポートでは例年夏しか歌いに行きませんので冬の演奏は新鮮でした。品川区の冠がついた第九の演奏会はほぼ20年振り。私は第一回目にコーラスで参加しました。当時高校生。今回指揮をされた遠藤先生はその時の合唱指揮をされていました。実に21年ぶりの再会でした。お年は召されましたかエネルギッシュなご指導ぶりは全く変わっていませんでした。高校生の時記念のつもりで参加した人生初の第九。20年以上経って再び地元で、今度はソリストとして帰ってきて改めて“縁”というものを感じました。普段の第九と違い肩肘張らずゆったりとした気持ちで歌えたのは勝手知ったる地元会場に知人の多い合唱団、ソリストは清水さん、三橋さん、平良さんの気心知れた先輩方、手作り感満載のイヴェントならではの暖かみ、いろんな条件が重なって私をリラックスさせてくれたのだと思いました。
大盛会の内に無事に終了した今回の第九。是非とも地元の恒例行事に発展していって欲しいと思いました。
皆様、お疲れさまでした!
平良さんと↓
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/24

ここ数日のこと  

ようやく神経質にならずにお酒を飲むことが出来るようになり、土曜日ヴォイストレーナーをしているコーラスの発表会後、日曜はカルチャースクールのミュージカルクラスの忘年会と続きました。特に土曜日は好きな水割りを10杯程飲み、上機嫌で帰宅しました。相変わらず休めないので気分だけhighになっているのですが不思議と朝起きると声が回復しているので連日乗り切れています。
残念な事が一つ。ナガクテUが死にました。クリスマスまで保ちませんでした。可愛いヤツでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/21

立派過ぎて涙がでらあ(台詞)  

お陰様で今回のペドリロ役も様々な方々からお褒めの言葉を頂戴することができました。しかし、これは私1人で得た評価ではないと思っています。今回も私の隣には彼女がいてくれたからだと思っています。ペドリロの最愛の彼女ブロンデ。2004年の日生劇場公演から三年。前回のものから更に上積みを望まれる中、充分とは言えない稽古期間での役作りをしなければなりませんでした。プロである以上、決められた期間で成立させるのは当たり前。でも正直かなりなプレッシャーを感じていました。でも幸い私の相手は前回と同じ“彼女”でした。こんなに早く彼女と再会出来るなんて想像出来ませんでした。

続きを読む

2007/12/21

日々是燃焼!  

今週はタフな先生業に大学通いでした。月曜日、洗足、場所を移して弟子達のレッスン。火曜日、長久手遠征。水曜日、朝日カルチャーセンター、洗足。夜はコンサート二件のリハーサル。木曜日、東急セミナーBE、洗足。夜はアルテリーベのクリスマスイヴェント。そして今日金曜日、再び長久手遠征。ノンストップでやっているため何だかんだ頭がイカレポンチになってきました。さすがのクロスオーヴァー歌手も先生業のクロスオーヴァーには悲鳴を上げそうでした。でも指導する際のテンションがいつもより何倍も高く、常にフルで歌いながら指導。いつもはこんなパワーは無いのに。完全にhighになってますね。明日の事など考えも出来ません。その日に完全燃焼。移動の電車は座れば寝てしまいます。食事をとるタイミングがうまくいかずまた体調を崩さないかとやや不安にもなりますが今年の残りの行事に全力投球です。明日はクリスマス行事でまた本番。日曜日はあさからずっとカルチャー。週が明けたら第九のリハーサル、本番…うーん、掃除も年賀状書きも年明け
か?
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/19

熱演の代償(>_<。)  

またやっちゃいました。演技中に手首を捻挫しちゃいました。不幸中の幸いは利き手ではなかったこと。日常生活には問題ありませんが楽器を弾くのが辛い。特にピアノ。ただでさえ弾けないのに(TOT)。つくづく、歌手で良かったと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/18

センセイ西へ  

後宮の疲れを癒やす暇も無く週明けから大学教員に復帰しました。シュフリューリ、後宮と切れ目なき続いた為、約4週間大学に出講出来なかったので補講の山(笑)。間に小さい本番を挟みながら27日まで大学に行きます。
今日は久々遠征。長久手はすっかり冬。虫一匹いません(涙)。でも家ではナガクテUがまだ頑張って生き残ってます。
さて、やっぱり高野二郎には大学での指導が天職のようです。立て板に水のごとく次から次へとレクチャーをたたみかけました。学生たちもひと月レッスンがありませんでしたから今日は気合いが入っていたように受け取れました。公演直後の私が現場の空気を持ち込み新鮮なうちに学生たちに触れさせる。私が理想とする現場主義の実践です。オペラモードの状態が続いていた私の声、いつものレッスン時より明らかに反応が良かったです。都会の汚れた空気や空から離れ、歌手道を若い学生たちと研鑽しあう刺激的な現場。いやあ、充実しています。もう直ぐ今年も終わってしまうなんて思えない位仕事が残っていますがこの充実感を得る為なら乗り切れるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/17

後宮スナップ1  

楽屋の鏡前です。新国の個室楽屋は薄暗いので少々寂しい。1人で広々使えるのはよいのですが。今回は楽屋に常駐せず通路の椅子で他のキャストさんやスタッフさんとお喋りしていました。開演前に楽屋に戻り台詞の稽古をしていました。
“神”が2人ひっそりといらっしゃる(爆)。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/17

次のステップへ  

終わってしまいました。もう少しやりたかったです。これから公演を重ねていくときっと素晴らしい舞台になっていくでしょう。しかし日本でそれを望むのは虚しいだけです。商業ミュージカルのようにロングランとは言いませんがせめて5〜6回は公演できるようなシステムを作っていきたいと強く思いました。
今回、台詞、芝居の取り組みが我々オペラ歌手はいかに不足しているかを痛感させられました。わたし自身かなり必死に取り組みましたがまだまだ力不足だなあと思わざるを得ませんでした。プロのオペラ歌手を名乗る以上良い声で良い音楽を奏でるのは当たり前という認識を持たれていると思いますから次は演技の部分で魅せられるようにしないと。歌唱と演技があまりにも乖離していると客席の空気が冷めてしまいます。歌声と台詞声のバランスをどう保つかも大きな課題です。“芸術”という言葉の上に胡座をかいている訳にはいかないのです。常に危機感を持たないと。公演が終わった、良かった良かったでは進歩しません。遣りっ放しが一番いけません。今回の公演は様々な面で日本のオペラ界が抱えている問題点が垣間見えました。私個人の出来、不出来のみに一喜一憂してはいられないです。結果的には良い公演だったと思いますがそこに至る過程をもっとちゃんとやらないと。客席から見えない部分の充実が急務だと思います。よりよい舞台を目指し、また自己研鑽に励みます。舞
い上がったままで許される歳でもキャリアでもありませんからね(笑)。
皆さん、お疲れ様でした。また頑張りましょう。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ