日傘  日記

今朝の朝日新聞の天声人語に, 江戸時代後期, 武士や町人の間で白い日傘が流行したが, 江戸幕府が, 直ぐに医者と女性以外の日傘を禁止したという話を載せている (出典は 「江戸時代 265 年ニュース辞典」)。 そして環境省は 「熱中症対策の為に男性にも日傘を」 と呼びかけたのそうだ。
 そこに 「日傘男子」 という言葉が出ている。 天声人語の筆者は, 日常的に差すのには抵抗感があると書いているが, 私などはもう十年以上日傘を差している。 沖縄修学旅行にも指して行ったので, 私の生徒は良く知っているであろう。 日傘を差すの位で抵抗感を感じているようだと, 段々夏は乗り切れなくなってくると思われる。
 しかし, 日傘をさす人数が増えてくると, 道を歩くのも大変である。 雨の時も傘を差してすれ違うのに, 駅の近くなんかでは道が狭くて, ぶつかりそうである。 それが晴れの日もとなると, 道を拡張して歩道を広くしてくれないと, 歩くのに難儀する。 環境庁も, 呼びかけるだけではなく, 日傘を差して歩く為の環境整備もしてくれなければ困る。 大体近年政府は呼びかけはするが, その為にお金を出そうとはしない。 教育なんかもそうだ。 あれをしろこれをしろという割にはちっともその為の予算を出さないのである。
0



AutoPage最新お知らせ