高校でゼミを  高校数学

現在の高校には 「総合的な学習の時間」 というのがある。 僕は意欲的な生徒の為には, ここでセミナーをやるのがいいのではないかと思うのである。 今の所, 実際にはやっていないので, 実践報告ではない。
 別に 「総合的な学習の時間」 に限らず, セミナーをやった方がいいと思うのは, 大学入試が 「学力偏重」 にならないようにすると言うからである。 僕は大学入試が学力試験で決まって何が悪いのかと思うが, ここではそれは置いておく。
 セミナーをやると, きっと学力には自信があるが, 面接試験にはそれほど自信がないという生徒も, 少しは自信が持てるようになるのではないかと思う。
 他の教科では何をやると良いかは分からない。 所謂文化系の教科では, 教科書にとらわれずに色々な分野や読み物を扱えて, 面白いのではないかと思う。 理科の実験とその考察なども, 教科書の範囲を超えて行えるし, 最先端の分野の文献を読んだりして面白いのではないかと思う。
 数学ではどうかというと, 例えば整数論の大学の教科書の輪講とか, 数学 C にはあったが, (新しい) 数学 III ではなくなってしまった行列なんかを扱うのも面白いと思う。
 僕は持っているだけで読んではいないのだが, 大分古い本で岩波から 「二次行列の世界」 とかいう本があって, これなんか高校生でも十分読めると思うし, 十数人位で輪講をするにはもってこいだと思うのだがどうだろう。
 どこかの学校の 「総合的な学習の時間」 や, 数学系の部活動のあるところではそういうのをやってみたらどうか。 僕は一度是非やってみたいと思っているのだが。
0
タグ: 数学 高校



AutoPage最新お知らせ