BISTRO & BAR LE MISTRAL

2009/1/17

お知らせ  

このブログ上で、何度かお知らせしておりますが・・・

再びお知らせいたします。

メールの受信はできるのですが、相変わらず送信・返信が出来ない状況です。

また、行き違い・勘違い等、トラブル防止のためご予約・お問い合わせはお電話にてお願いいたします。

お手数ですが、よろしくお願い致します。


   トゥールネ ラ ページュ 店主
0

2009/1/16

長野ジビエが届きました。  食材

さきはど、この時期の当店の大動脈、長野在住「スナイパーAIZAWA」からジビエが届きました。

で、届いたのがコチラ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

「カルガモ」

クリックすると元のサイズで表示します

「青首鴨」

クリックすると元のサイズで表示します

「キジバト」


クリックすると元のサイズで表示します

「キジ」

クリックすると元のサイズで表示します

「ホシハジロ」


キジは今季初入荷です。
しっかり熟成しないと香り、旨味が出てこないので、2月に入ってから料理します。

そして、「ホシハジロ」。
僕自身が扱うのも初めてです。楽しみです。

寒さが増して、どんどんジビエが入荷中です。
ジビエ好きの方、食べた事がなくても興味のある方、ぜひご来店下さい!
0

2009/1/14

ちょっと早いけど・・・  料理

イチゴが出回りはじめました。

例年よりちょっと早いですが、例のデザートやります。



こちらは、ちょっと遅いのですが、来週あたりから牡蠣とシェーヴルチーズを使ったアノ料理始めます。


どちらもお楽しみに!
0

2009/1/10

店主の独り言  店主の独り言

お〜い!

ジビエって、「野生」の鳥獣類の事ですよ〜!
0

2009/1/10

バンビを料理しました。  料理

昨日届いたバンビちゃん、早速料理しました。

今回はロースと内モモのローストです。
調理法は同じにして、部位毎の味と食感の違いを楽しんで頂こう、という趣向です。

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり、火入れにかなり気を使いました。

こいつぁ、強敵です。
0

2009/1/9

十勝の仔鹿、届きました。  食材

昨日お伝えしたとおり、北海道・十勝より仔鹿が届きました。

そう、「バンビ」です。メスのバンビです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなカッチョエエ箱に入ってやってきます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

首の付け根からお尻までの1頭分です。

手前の包丁は、刃渡り12cmのペティナイフです。
かなり小さな蝦夷鹿ですね。

この他に、バラ肉とモモ肉も一緒に箱に入ってました。

肉質は、特にロース・・・繊維の境目が分からないほど滑らかで、触ると吸い付くような感じです。ホントにスゴイっス!
その分、火入れが難しそうです・・・

本日よりお出しできますので、どうぞよろしく!
0

2009/1/8

本日のメニュー  料理

1/8(木)のメニューです。

<前菜>
・鵞鳥のフォアグラのポアレ リンゴのキャラメル煮添え
・オニオングラタンスープ
・季節野菜の蒸し煮 ラルド添え
・北海道産 蝦夷鹿の赤ワインマリネ 干し柿とカラスミ添え
・各種キノコのソテー 牡蠣のピカタと温玉添え
・牛ハチノスと白インゲンのミネストローネ
・ブレス産 シャポン(去勢鶏)と野菜のテリーヌ ツナソース

<魚料理>
・鱈とポテトのロースト トリュフ風味

<肉料理>
・ニュージーランド産仔羊のロースト 蕪の蒸し煮添え
・宮城産 純血バークシャー種黒豚と根菜の蒸し焼き

<ジビエ>
・北海道産 蝦夷鹿 ロースのポアレ 又 バラ肉の赤ワイン煮
・岩手産 青首鴨
・長野産 キジ鳩
・島根産 仔猪

その他、小皿料理10種類をご用意しております。


よろしくお願いします。
0

2009/1/8

十勝の仔鹿  食材

蝦夷鹿の仕入れでお世話になっている、北海道・十勝の佐々木さんに連絡をいれました。

いつもは「1歳齢のオス」を送ってもらっていますが・・・
今回は「2歳のメス」と「ホントに小さな仔鹿」しか送れない。ということでした。

しかし、「是非、仔鹿を使ってみて!最高の状態だから!」と。
この仔鹿、頭を撃たれているらしく、肉には全く傷のない状態だそうです。
しかも、信頼のおける佐々木さんが太鼓判を押しているので、当然料理してみたくなります。

はい、この仔鹿、丸ごと1頭届きます。明日。

はい、幼児虐待です。

でも・・・・・・・・・・・・・・・絶対美味いゾ〜!

1

2009/1/7

店主の独り言  店主の独り言

黒毛和牛は使いません。
内臓類は使いますが・・・何か?
0

2009/1/7

正月休みは・・・  

え〜、大晦日から1/3まではダラダラ過ごしておりました。
(ウチのマダムが言うには、邪魔な置物。だそうで・・・

しかし、仕事が始まる前に「美味いモン食べに行こう!」と、お馴染み西条市の「アリエッタ」さんにお邪魔しました。(1/4の事です。)

まずは画像から・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「卵とチーズのスープ レモン風味」

クリックすると元のサイズで表示します

「水牛乳のモッツッアレラ・トマト・イチゴの前菜」


クリックすると元のサイズで表示します

「ハガツオのオイル煮 サラダ添え」

クリックすると元のサイズで表示します

「フォアグラのソテー 洋ナシ添え」


クリックすると元のサイズで表示します

「トリュフのスパゲッティ カルボナーラ仕立て」


クリックすると元のサイズで表示します

「紫人参とトマト和えのガルガネッリ 水牛乳の塩リコッタチーズがけ」


クリックすると元のサイズで表示します

「石鎚豚のトゥーマチーズ焼き」

クリックすると元のサイズで表示します

「和牛ホホ肉の煮込み 赤ワインと干し柿のソース」


いや〜、いつお邪魔しても思うのですが、抜群のバランス感と安定感。そして、スッと身体に入り込んでくる優しさ・・・

癒されるとともに勉強になります。
「ウマッ!」という言葉が勝手に出てきます。が、しかし・・・


こちらの「アリエッタ」さん、「料理通信」という全国誌に掲載されました。
その反応は?とお聞きしたところ・・・「全然ナイ」と言われてました。


何をやってんねん!愛媛県民!
県内に珠玉のイタリアンが存在するというのに!

もう少し、真っ当なイタリアンを知ってください!
(フレンチもそうですが・・・)

全国レベルの飲食店の情報を知ってください!
中途半端な知識と幼稚な味覚で、好き勝手に落書きをしている自称「グルメブロガー」は無視しましょう。

僕の尊敬するバーテンダーがHP上に書いているコラムにこんな言葉があります。

「料理を作るから料理人 カウンターの中にいるからバーテンダー
  これがまかり通る世の中なら終わりです」

と。

今、愛媛に「料理人が作る料理店」が何軒あるのでしょう・・・

食事を終えた帰り道、そんな事を考えておりました。


いや〜、8皿って・・・よう食ったなぁ〜

ごちそうさまでした!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ