BISTRO & BAR LE MISTRAL

2007/4/29

ゴールデンウィークですね。  食材

 ゴールデンウィークに突入しましたが、今年は通常営業します。貧乏ヒマなしです。


 先日入荷した「仔ヤギ」ですが、アッという間に売り切れました。ありがとうございました。


 沼津から仕入れていた魚を函館産に変更しました。いつもの気まぐれです。


 ブーダン・ノワール(豚の血のソーセージ)を仕込みました。そのままお出しするのではなく、ホウレン草と共にタルト仕立てにし、チョコレートのソースを添えてます。かなり出来が良いので是非ご賞味ください。

0

2007/4/27

きゃ〜!!  料理

今日、出勤すると、シェフが血だらけに・・・

何事だぁーーーー

正体は、これでした
クリックすると元のサイズで表示します

このままだと、ちょっとグロテスクでしたね・・・

明日から、メニューに登場です! お楽しみに
0

2007/4/26

仔ヤギ料理  料理

 昨日のブログに載せた「仔ヤギ」の料理です。


 ・岩手産仔ヤギ モモ肉のカルパッチォ
           アンディーヴ・クルミ・シェーヴルチーズのサラダ添え

 ・岩手産仔ヤギ 背肉のローストと肩肉のナヴァラン

 ・岩手産仔ヤギのロニョナード

 こんな感じです。それぞれ3〜4人前しかありません。
 御予約お待ちしております。




0

2007/4/25

初体験☆  食材

これ、なぁ〜んだ

クリックすると元のサイズで表示します

半頭、到着です!  

なんと・・・ヤギ

どんな、お料理になるかなぁ
0

2007/4/22

12種類  食材

クリックすると元のサイズで表示します

 ヨーロッパ産のチーズの種類が増えました。紹介します。

   ・エポワス(ウォッシュ・フランス産)
   ・ラングル(ウォッシュ・フランス産)
   ・シャウルス(白カビ・フランス産)
   ・カレ ド ブルターニュ(白カビ・フランス産)
   ・ゴルゴンゾーラ ピカンテ(青カビ・イタリア産)
   ・サスナージュ(青カビ・フランス産)
   ・スロプシャー ブルー(青カビ・スコットランド産)
   ・サンモール(シェーブル・フランス産)
   ・バノン アラ フィーユ(シェーブル・フランス産)
   ・ミモレット 18ヶ月熟成(非加熱圧搾・フランス産)
   ・マンチェゴ (非加熱圧搾・スペイン産)
   ・コンテ (加熱圧搾・フランス産)


 ワインのお供に・・・。また、食後のデザートとしてお楽しみください。
0

2007/4/14

新着食材  食材

クリックすると元のサイズで表示します


 今季初めてフレッシュのモリーユ茸が入荷しました。これが出回り始めると夏が近づいて来ているな。と実感します。


 イタリア産のムール貝も入荷しました。アドリア海の旨味をたっぷりと蓄えています。大粒で食べ応えも十分です。


 高知の「徳谷トマト」が届いています。イタリア・カンパーニャ産の水牛のモッツァレラチーズと合わせて、お馴染みのサラダにします。


 今年のゴールデンウイークは通常営業いたします。
 よろしくお願いします。
0

2007/4/11

ビゴール豚、入荷しました。  食材

 入荷すると、アッと言う間に売り切れてしまうビゴール豚ですが、二週間ぶりに到着です。今回思ったよりも早めの入荷ですが、5月は入荷の予定が無いようです。と、いう事は、これから最低一ヶ月半はビゴール豚が食べられなくなるのです。
 今回も早めの売り切れが予想されます。早い者勝ちです。
0

2007/4/7

ついに・・・ついに!!  食材

本日日曜日、到着しますわたくし、待ち望んでおりました

先日、仕事から家に帰り、TVをつけたんです・・・。
おいしい鍋の特集で、岩手県のホロホロ鳥が出たんです
調味料は、塩だけで、あとはホロホロ鳥の旨味で十分おいしいと!!
食べたいっ
極めつけは、鍋に、ホロホロ鳥の白レバーを入れる。・・・と言って、おじいさんが鍋にといていれたのです。
なんと、白レバーは、30羽に一個しか取れないんですって
見た目は、フォアグラ!! 食べたい欲求が高まり、その晩はおかげで睡眠不足でした

その日から、毎日シェフにお願いしました・・・食べたい・・・。

3週間前から、発注をかけてたんですが、今日もありません。の電話ばかりで半分諦めモード

それが、やっと、やっと、当店にやってきます
ホロホロ鳥の白レバー!!
食べてみたくありませんか〜?

少量の入荷のため、本日中に売れきれちゃうかも・・・です・・・。
0

2007/4/6

仔羊情報  食材

 先日、お伝えした北海道の仔羊ですが、まだ入荷する気配がありません。当分、予約待ちの状態が続きそうです。
 

 今使っている「オーストラリア産」の仔羊に特に不満があるワケではないんですが、より質の高いモノを提供したい。と思い、色々と探していました。北海道の仔羊は期間限定ですし・・・。ニュージーランド産、ノルウェー産、アイスランド産、オーストラリア産と・・・。産地、品種、飼育法が違えば、味・風味も違ってきます。


 先週末に業者さんから、ある仔羊を紹介してもらいました。その仔羊は「オーストラリア産」ではあるんですが、もっと産地・品種を限定しています。
 西オーストラリア州パース近郊で育てられた食肉専用種「サフォーク種」の仔羊です。通常の「オーストラリア産」に比べて少し小ぶりですが、肉の繊維が細かく滑らかです。まだフランスの仔羊が輸入されていた時、「シストロン産」のモノを使っていたのですが、それに近いニュアンスがあります。繊細ながらも底のほうからジワジワと力強さが沸いてくる、といった感じです。

 
 「西オーストラリア産サフォーク種仔羊」をぜひご賞味ください。
 
0

2007/4/3

売り切れました。  食材

 今回もアッという間に完売しました。「ビゴール豚」。次回の入荷はいつになるんでしょうね・・・。
 「ビゴール豚」の代わりといってはなんですが、フランスの有名な生ハム、「バイヨンヌハム」の原料となる「バイヨンヌ豚」の生肉が入手可能です。仕入れを思案中です。


 お花見シーズンです。毎年の事ですが、この時期になると街中は閑散としています。ウチに来てもらってる酒屋さんも「飲食店さんからの注文が少ないねェ・・・この時期は。逆に一般のお客さんの注文がメチャクチャ増えるよ。」と言っていました。
 

 〜ん・・・。来年のこの時期は「洋風お花見弁当」でもやろうかな。って考えている、今日この頃です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ