BISTRO & BAR LE MISTRAL

2007/3/29

祝!オープン  

 27日に入荷した「ビゴール豚」ですが、売れ行き好調です。肩ロースを1本仕入れたのですが、半分を切りました。もうすぐ売り切れそうな気配です。


 以前、ウチで働いてもらっていた枇杷田氏のお店が本日オープンします。オープン前にお呼ばれしましたが、雰囲気もよく長居してしまいそうなお店でした。
 店名は「キッチン&バー ブラージュ」です。オルオルカフェさんの2階での営業となります。当店同様、彼のお店もよろしくお願いします。
0

2007/3/27

ビゴール豚、再び!  食材

 当店にて大人気だったビゴール豚。ずっとオーダーし続けていたのですが、本日再入荷しました。思っていたよりも早い入荷でした。


 前回、入荷したときはアッという間に売り切れました。今回もそうなる事は必至です。御予約、お待ちしております。
0

2007/3/21

仔牛のレバー  食材

 予定通り、仔牛のレバーが入荷しました。血の臭みも全く無く、最高の状態です。レンズ豆の煮込みと共にどうぞ。


 北海道の仔羊を仕入れ先に予約しました。入荷する日はわかりませんが、送られてくる事は決定です。詳細は追ってお知らせします。



 
0

2007/3/18

????  

 昨日、1本の電話がありました。
  「はい、ありがとうございます。トゥールネ ラ ページュです。」
  「あの〜、飲みながらカラオケできますか?」
  「?????」
  「カラオケしたいんですけど・・・。」
  「いや〜、ウチ、さすがにカラオケは置いてないです。」
  「あっ、そうですか。」ガチャ、ツー、ツー・・・

 ウチの店、何屋ですか?そもそも何を見て電話してきたんですか?電話番号を知っている、って事は、雑誌やネットで情報を得てるはずです。タウンページには載せていないはずだし・・・。それならウチ、料理店ってわかりますよね?それとも僕が知らないだけで、カラオケ置いている「料理店」が他にたくさんあって、当然のように電話してきたのでしょうか?


 カラオケが出来る「料理店」をご存知の方、情報をお寄せください。気になって仕方ありません。
0

2007/3/17

久しぶりの・・・  食材

 「そういえば最近使ってないなぁ・・・」と思い、久しぶりに「ランド産窒息鳩」を仕入れました。いつもなら「サルミ」に仕立てるのですが、例の、京野菜となぜか一緒に入っていたサヴォイキャベツと共に蒸し焼きにします。キャベツが鳩のうまみを吸って美味しくなるし、鳩自体も蓋をして蒸し焼きにする事でシットリと仕上がる。という一石二鳥の調理法です。春らしく軽めの料理です。


 フランス産のホワイトアスパラもどんどん太くなっています。直径2.5〜3cmはあるでしょう。それにともない甘みもグンと増しています。


 このところ魚料理がよく出ます。仕入れる魚の種類を変えるだけでこれだけオーダーが入るのも、なんか不思議な感じです。


 今、茨城産の仔牛を仕入れてますが、水曜日にそのレバーが届きます。全く臭みがなく、甘みたっぷりのレバーです。ぜひご賞味を・・・。
0

2007/3/14

完売御礼  食材

 「ビゴール豚」、売り切れました。ありがとうございました。今度の入荷はいつになるんでしょうね・・・。

 
 今日、岩手産短角和牛、入荷しました。前回はモモ肉だったのですが、今回はサーロインが到着です。健康に育った赤身の美味しさを堪能してください。


 京野菜も届いています。時期的に葉モノが中心です。しかし、箱を開けてみるとなぜか、京野菜と一緒に「サヴォイキャベツ」と「黒キャベツ」といった西洋野菜が入ってました。「?????」なぜ・・・・?


 今日は「ホワイトデー」。チョコレートのお返しはフレンチで・・・。なんてのはどうでしょう?結構、お洒落ですよね?
0

2007/3/10

ビゴール豚、好調!  食材

 ビゴール豚がよく出ます。肩ロースを1本仕入れたのですが、もうすぐ売り切れそうです。今度いつ入荷するか分からないのですが、その原因が判明しました。
 今、フランス本国でもこの豚、各レストランからの引き合いが多くなってきているらしく、日本にまで回ってこない状況だそうです。どうやら昨年パリで開かれた「国際農業展」なるものに「ビゴール豚」が紹介されたのが原因のようです。それまでは、フランスでも一部でしか知られていなかったその存在にスポットが当たってしまいました。
 日本の輸入元も毎週フランスにオーダーしているそうなんですが、送られてくる様子がないみたいです。


 そんなワケで、ビゴール豚の入荷のない間、また「豚探し」です。個性的なヨーロッパの豚がいいんですけど、国産の豚にするかもしれません。色々、探してみます。


 それにしても「ビゴール豚」を食べて頂けるのが、あと数名様、というのが本当に残念です。
0

2007/3/8

ビゴール豚、すごいっス!  食材

 予定通りビゴール豚、入荷しました。イベリコ豚を初めて食べた時に受けた「衝撃」とは違う意味での「衝撃」を受けました。イベリコ豚の時は「牛肉や、牛肉!」と思いました。ホントに・・・。それくらい赤身の味が強く、パンチが効いてました。ビゴール豚も豚肉のニュアンスをあまり感じません。しかし、イベリコ豚のそれとは違い、もっと繊細なイメージです。噛み締めると、最初は優しい「仔牛」、その後、繊細ながらもコクのある「仔羊」のニュアンスが顔を出します。ヨーロッパの豚って本当に個性的ですね。ステキ過ぎます。


 こんなステキな豚ですが、どう料理しているかといいますと・・・

 豚、ナス、ローズマリーを一つの鍋でポアレします。豚からでた脂を吸い取ったナスが美味しいですよ。もちろん、豚は優しく、ゆっくり火を入れてあげます。そこに軽めの赤ワインソースとブルーチーズのア・ラ・クレームを添えます。
 文字にすると難しいので簡単に説明するとこんな感じです。


 以前のブログでも書きましたが、今度はいつ入荷するか分かりません。(生産頭数を無理に増やせば品質が落ちるでしょうから仕方ないです・・・)個性的な豚を堪能してください。お待ちしています。



 あとですね、ビゴール豚の生ハムも入手できるんですが、今のハモンセラーノがなくなれば仕入れようかな、と思案中です。





 
0

2007/3/4

牛肉を使わなかった理由  食材

 今まで、ほとんど牛肉をメニューに載せていませんでした。なぜかというと、単純に「わざわざフレンチで牛肉食べなくても・・・」という思いが一つ。他にも色々な食材を知って頂きたい、って考えてました。そしてもう一つ、使いたいと思う牛肉が手に入らなかった。これが一番の要因です。

 
 「黒毛和牛」って美味しいと思うんですけど、あれって肉の味ではなくて脂の味ですよね?よくテレビのグルメ番組のレポーターが「うわぁ!こんなに肉汁がぁぁぁ・・・」なんてやってますけど、それ、肉汁じゃなくて脂が滲み出てるだけですから・・・。でもこれ「黒毛和牛」の批判ではないです。その肉にあった食べ方をすれば良いんです。個人的には「しゃぶしゃぶ」。適度に脂が抜けて美味しいと思います。


 今回仕入れた「短角和牛」。実は今までも使ってみたかったのですが、納入条件、タイミング等が合わず使えませんでした。ですが今回条件の合う納入業者を知り、仕入れに至りました。「カルパッチオ」でお出しする。と書きましたが、肉汁の美味しさを堪能して頂きたいので「グリエ(網焼き)」でもお出ししようと思ってます。「黒毛和牛」と違って、火入れが難しそうです。なんせサシが入っていないので、火を入れる温度、タイミングを間違えるとパサパサになりそうです。こんな危険な食材、魅力的です。
 「黒毛和牛」って、こうゆうスリルがないので魅力を感じないんでしょうね・・・。
0

2007/3/1

新入荷食材  食材

 国産食材の仕入れが加速度を増していきます。今回入荷するのは、岩手産短角和牛と京野菜です。(土曜日に入荷予定!)

 
 短角和牛は黒毛和牛と違い、肉にほとんどサシが入っておらず、噛み締めて肉汁を楽しむタイプの牛です。ヨーロッパの牛に近い肉質といわれています。とりあえずモモ肉を仕入れます。黒毛和牛のように脂っぽくないのでカルパッチォでお出ししようと思ってます。


 あと、京野菜ですね。・・・〜ん、ウチ、何屋さんになるんですかねどんな野菜が送られてくるのかは分かりません。農家の方のおまかせです。


 最近、沼津から魚介類を仕入れてます。いままで地元のモノを使ってたんですけど・・・ほとんど魚料理、出ませんでした。たぶんいつも食べてる魚をわざわざウチの店で食べなくても・・・って感じです。そこで、普段は見慣れない魚達に変更です。
 的鯛や黒ムツ、尾長鯛など・・・特に、黒ムツなんて魚、初めてみましたよ。でも皆さん興味を持ってオーダーしてもらえるようになりました。こちらの魚介類も内容はおまかせで送ってもらってます。何が送られてくるのか分からないので僕も楽しみです。


 う〜ん・・・やっぱり松山ではヘンな店なんでしょうね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ