BISTRO & BAR LE MISTRAL

2007/1/19

勇者求ム!  

 ホームページのTOPにも書いてあるのでご存知の方も多いと思いますが、只今スタッフ募集中です。(求人誌にも掲載しています。)ですが・・・まだ、一人も応募がありません。まあ、時期的なモノもあるとは思いますし、待遇面などの条件的なコトのあるでしょう。しかし・・・松山の若い料理人にとってウチの料理ってそんなに魅力ないんですかね?これでも全国区で評価されるくらいのレベルでやってるつもりなんですけどね。(まあ、全国誌は四国のフレンチに見向きもしませんけど・・) 本当のフレンチとは何ぞや?本当の知識、技術を身につけたいと思っている勇者よ!「トゥールネ ラ ページュ」が君を待っています!
0

2007/1/14

奇跡の鴨  食材

 びっくりしました。信じられません!今までいろんな種類の鴨を食べてきましたが、今回仕入れた青首鴨、ありえない美味しさです。新潟県で網取りされた野生の青首鴨なんですが、まずその身質。ここまで緻密なのかというくらい緻密で、火を入れるとシルクのような滑らかさ。びっしり詰まったクリアな旨味に、優しい風味。まさに奇跡!今までフランスやスコットランドの青首鴨を使ってきましたが、もう新潟のモノしか使えません!(値段は可愛くないんですけど・・・)新潟の仕入れ元に「この鴨、どんな物を食べてるんですか?」と尋ねたところ、「落ち穂です。新潟なんでコシヒカリが多いですよ。」  コ、コシヒカリぃ?・・・そりゃ鴨自体が贅沢なモノ食ってりゃ旨いはずですね。
0

2007/1/9

こまち・・・再び  料理

今日、また「愛媛こまち」の取材がありました。今回は「バレンタイン特集」とのこと。・・・「何か、チョコレートを使った料理ってありませんか?」・・・そうきたかっ!チョコレートを料理にっ?・・・・・・・・やってます。ウチの店!チョコレートを使った料理!「猪のポアレ チョコレート風味の赤ワインソース」。何や、それ!と思ってませんか?これ、変でも何でもなくヨーロッパでは伝統的な組み合わせなんです。猪だけではなく野鴨や野兎なんかにも合わせたりします。また取材では、この料理に合わせるワインも紹介しました。メチャクチャベタなんですが、「シャトー カロン セギュール」です。ね、ベタベタでしょ?
0

2007/1/6

明けましておめでとうございます  

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
昨日から営業していますが、さすがにこの休みの間、ダラダラと飲み食いしていましたのでなかなかカラダのヤツがいう事を聞いてくれませんでした。アタマはしっかり働いていたのですが・・・    
本日、新しい食材が入荷しました。ポワトゥー産の仔鳩です。ポワトゥー地方はフランス西部に位置し、北はロワール、南にボルドーといったワインの産地に挟まれています。有名なブランデーの産地、コニャックのすぐ近くです。この地方は食材にも恵まれていて、ポワロー、赤玉ねぎ、空豆などの野菜類。そしてエシレのバター、シャビシュー デ ポワトゥー(シェーヴルチーズ)といった有名な乳製品などがあります。そして、フランス料理史上、最も偉大な料理といわれる「野兎のロワイヤル」が誕生した土地でもあります。そんなガストロミックな土地で育てられた仔鳩!おいしくないわけありません。エトゥフェ(窒息)の鳩ですが、ブレス産のモノよりも血の風味がより優しく感じられるようです。興味がある方はぜひ・・・!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ