BISTRO & BAR LE MISTRAL

2008/2/26

いい感じで仕上がりました。  料理

最近、愛知・三河湾で揚がった魚介類を使っています。

理由は、「フレッシュの赤座海老を送ってもらうついで・・・」という、まあどちらかというとネガティブな理由でだったのですが・・・。

届いてみると、瀬戸内ではあまり水揚げされない魚が多いので結構楽しんで料理しています。

そして、これらを使ったメニューとして、

「各種魚介の煮込み サフラン風味」

をやってます。いわゆる「ブイヤベース」です。

厳密にいうとちょっとちがうので、「ブイヤベース」と表記はしていませんが・・・。

自分で仕込んでおいて、アレですけど・・・これがまた美味い!!自信作です!

今回届いた赤座海老が少し小さかったので、単体ではなく、この煮込みに入ってます。

山の幸「ジビエ」に続いて海の幸は如何ですか?


そして、ジビエ情報です。

本当に残り少なくなりました。

・北海道産  蝦夷仔鹿ロース  1/2本

・長野産   青首鴨   1羽   カルガモ  1羽

・鹿児島産  網獲り青首鴨  1羽

となっています。

さて、ここである疑問が浮かんでくるのではないでしょうか?

「2/15で狩猟期間が終わっているのに、今ストックしているジビエは腐ってないの?」


実は、鳥の羽には「殺菌作用」がありまして・・・

羽をむしらずに置いておくと、「熟成」はしても、「腐敗」はしにくいのです。

一ヶ月は軽く大丈夫です!

そんな訳で、安心してお召し上がり下さい。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ