2013/9/18

結果  病気のこと

先週の検査の結果を聞きに今日は病院に行ってきました。
結果はOK!
転移も再発も、肺・肝臓・腎臓・膵臓・胃・腸・骨盤内
にもみられないとのことでした。
よかった〜〜
ほんとよかった〜〜

検査が終わると。。。。次の検査の予約です。

一年後の検査の予約をいれました。

半年に一回の検査も一年後の日程になっていたので。。
先生半年に一回では?
っと聞いたところ、来年の5月でまりあんの最初の病気から10年になるので、、、
一年に一回の検査にしましょう。
ってことでした。
え〜〜〜10年。。。。
あれから10年たつんだ〜〜
はやいような・・・まだのような・・・

うれしいけど。。。
複雑な気持ちでした。
っていうのも。。。

まりあんの母も兄も同じ病気で亡くなっています。
母は、最初に病気になって、その後、18年してから同じ病気で。。。。
なので。。。
まりあんは考えてしまいます。
10年たっても。。。まだ・・・
安心はできません。
次の
目標は母の年まで。。。。
がんばります!
0

2013/9/12

一年に一回の検査  病気のこと

一年に一回の検査でした。
検査をします。
三つの検査を行いました。

半年に一回の検査を二つ
一年に一回の検査を一つ

丸一日かかります。

最近は病院に行くのが
半年に一回になっているので、病気のこと忘れてしまいがちです。
いや?忘れたいので考えないようにしているのかもしれません。
病院に行くと思い出します。
病院のにおいで・・・(抗がん剤の時ににおいに敏感になってしまい)
つらかった日々を思い出してしまい。。。
こころがみだれます。

でも、、、
ちゃんと考えなさいってことなのでしょうね。
まりあんは、病気のことをあまり話しません。
言いたくありません。
健康体の人と同じにみられたいに、そうしていました。
なので、
ちゃんと現実逃避しないためにも。。。
病院でちゃんと自分自身のことをかんがえる時間なのかもしれません。

検査が終わり。。。。
来週の結果まで、、、ドキドキで。。。す。
絶対大丈夫!問題ない!
絶対!絶対に!!!!!
っていつもおもっています。
でも。。。
もし・・・・
もしかして・・・
って小心者のまりあんは。。。怯えています。

結果は 9月18日水曜日
0

2008/10/12

まりあん記念日♪  病気のこと

        
クリックすると元のサイズで表示します

            2008年10月12日


まりあんは昨年の今日10月12日、大きな手術をしました。

朝9:30からの手術は9時間半かかったそうです。

まりあんにとっては、3回目の手術です。

まりあんの体内は度重なる手術によって、癒着がひどく、

手術がたいへんだったそうです。


いまこうして、元気でいられることに感謝し、

またがんばってるまりあんに今日はお祝いをしてあげました。


今日はいろんなことを考え・・・・

なんだか涙がでてきました。


まりあんのまわりのみんなに「ありがとう。」

0
タグ:  手術 入院

2008/6/11

検査結果の日♪  病気のこと

6月に入り、まりあんはたくさんの検査を行いました。

PET検査


PET検査は、腫瘍に集まる特殊な放射性薬剤を静脈から注射し、体内での集まり具合を画像化することでがんの有無や位置などを調べる核医学検査の一種です。
がん細胞は一般的に正常な細胞より3〜8倍も多くブドウ糖を摂取する特性があります。
そこでPET検査では、偽のブドウ糖(DG)に発信機の役割を担う陽電子放出核種(F)を合成した薬剤(FDG)をつくり、受診者の体内に注射で投与します。
投与されたFDGは血管を通って体内をめぐり、腫瘍のある部分に集まります。これをPETカメラで撮影すると、FDGの集まっている箇所とそうでない箇所で画像の濃淡が現れ、がんの位置や大きさが分かる仕組みになっています。
そのため、比較的小さな初期のがんを発見するのに優れ、しかもCTやMRIでは判断が難しい腫瘍の良性・悪性の判断やリンパ節転移の確認なども可能なのです。


内視鏡検査

まりあんの内臓は2度の手術でかなり癒着しています。
そのために検査がかなり大変なのです。
かなり長い時間かけて、慎重に検査を行っていきました。
今回、この検査をおこなうにあたっては、先生も心配をしていました。


6月4日と5日丸2日間、ほとんど絶食での検査。

毎月の血液検査・尿検査・内診・触診にプラスしてのこの二つの検査でした。




           本日!検査結果がでました!!!!!!



            ☆☆☆異常なし☆☆☆




検査を受けてからの一週間・・・・

かなり。。。。へこんでました。。。。

検査をしないっていえばよかった・・・・って後悔し・・・

結果におびえ・・・・怖くなり・・・・涙ながし・・・

毎日毎日実は眠れない日々を過ごしていました。。。(小心者です)


先生に結果を聞いたときは、うれしくってうれしくって

またまた、涙がでました。




いちばんの誕生日プレゼントになりました。










0

2008/2/25

今日は病院。  病気のこと

今日は毎月の病院の日。

会社に行くよりもはやい時間に病院に行きます。
まりあんは、ふたつの科の先生に診てもらわないといけないので、
毎回診察に時間がかかります。

毎月のことですが。。。
ドキドキ緊張します。(弱虫なので。。。)

数値が正常になるには????
どうしたらいいのか??
先生にも今日は質問してみました。

臓器をとってしまったので、仕方ない・・・・ってことでした。

正常にならないけど、、、、
これ以上悪くならないように維持する。

これが目標です。

まりあんがんばれ!
0

2007/12/12

2ヶ月経ちました。  病気のこと

     2007年10月12日 午前9時

     まりあん手術室へ・・・・



     手術が終わったのは、午後7時。
     まりあんの手術は、9時間ほどかかったのです。

     手術は無事終了し、ICUへ・・・・・


     終わったんだね。。。。


0

2007/5/12

もうひとつの誕生日  病気のこと

クリックすると元のサイズで表示します


今日はまりあんのふたつめの誕生日です。
1才になりました。

あれから1年。
あっという間のようで・・・ながかったようで・・・

まりあんにとって忘れられない年です。

この誕生日をずっとずっと迎えていきたいとおもいます。

一年前の今頃・・・


みんな心配してくれてた。。

この一年、どれだけまりあんは一人じゃないって感じたか。
どれだけ、みんなに愛されてるって感じたか。
みんなに守られて、こんなに元気になりました。

この一年は、まりあんにとってとても大切なことをたくさん教えてくれた年でした。
すべてに感謝し、前向きに受けとめて生きて行きたいと思います。

ありがとう。みんな。

ありがとう。神様。

ありがとう。愛する人たち。

ありがとう。まりあん。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2007/4/18

ICU2日目  病気のこと

ずいぶん書いていなかった病気のこと。

病気と向き合うためにもsachikoさんに勧められて、
たくさんの人に応援されはじめたブログ。
このブログに助けられ、守られています。
ブログをはじめてたくさんの人に支えられ守られています。

病気のこと書くのは、まりあんにはとてもつらいことなんです。
それは、、、まりあんが病気と向き合ってないから・・・
ちゃんと病気と向き合うためにも書きます。







ICU2日目の朝になりました。
相変わらずまりあんのからだは動きません。
看護師さんが、からだの向きを変えに来てくれます。
これが痛いんです。。。自分では動けないのですが。。。
動かされるだけで。。。痛くて痛くて、どこが痛いのか??
わかりませんが、とにかくいたいのです。

痛み止めの点滴は背中に入ってるのと、点滴で入れてくれます。
まりあんにあう痛み止めの点滴を探すため、毎回違う痛み止めの点滴を打ちます。
すご=====く眠くなるのもあるし、なかなか効かないのもある。

鼻のチュウブと口には酸素マスクはうっとおしく感じ・・・ます。
ないともっとつらいのだとは思いますが・・・

両手も自由にならず、いろんなものがついています。

先生が来ました。
痛みはどうですか??気分は??吐き気は?・など聞かれ、、
まりあんは虫の声で、、、気持ち悪い、痛いってこたえました。
また吐き気止めの点滴と痛み止めの点滴が増えました。

ICUは、ベッドが壁も仕切りもなく、たくさんたくさんならんでるところ。
ICUのなかにも個室のICUもあります。

まりあんはたくさんベッドが並んだところにいます。
たくさんの人がベッドにいるのですが、からだが動かないまりあんはみることもできません。

看護師さんはとってもやさしく、まりあんのこと面倒見てくれます。
熱が高く汗をたくさんかいたらしく、着替えをしてくれました。
からだに力も入らないまりあんは。。。されるがまま。。。
体中にいろんな管がついたまりあんの着替えもたいへんでした。

だんな様と妹が来てくれました。
ICUには、家族しかはいれず、しかも一度に二人しか入れないため、義母は外で待っていたそうです。
だんな様が仕事に行き、義母が来てくれました。
妹と義母がついていてくれたのですが・・・
まりあんの意識はまだ朦朧としていて、眠りに入ったり、目が覚めたり、意識も朦朧とし、よく覚えていません。

そんな時間をどれくらい過ごしたのでしょうか??

看護師さんがお部屋の移動をするっていいました。
個室のICUに移動です。
移動って行っても、10メートルくらいなのですが・・・
ベッドごと移動します。

個室のICUになり、妹もゆっくり出来るのたのではないでしょうか??
たくさんベッドがあるとこは、とにかく人がバタバタとしていていました。
個室はガラス張りで丸見えですが、仕切りがあるのです。

妹がひとり残り、まりあんを見守っていてくれました。
目が覚めたら、妹がみつめています。。
心配してくれたんでしょうね。。。ありがとう。清ちゃん。
顔をしかめると、、痛いの??っ聞いてくれ、
我慢しなくていいよって言ってくれました。

看護師さんがきて、立ち上がってみましょう♪って。 ??????
起き上がれるわけないよ===って思い、
無理です!って言ったのですが。。。
ベッドを起こしてみましょう♪とのこと。
ベッドを起こし、からだを横に持っていき、、、
腕で支えて足を下ろしてみて?だって。。
そんなこと出来ないよ===って思いながら、
とにかくされるがままに足をベッドから下ろされ・・・
立ち上がってみて♪って・・・
それは無理、、、、、ほんと無理。。。
無理です。。。(泣)っていい。。。
看護師さんが支えてくれたのですが・・・
頭がくらくらして体中が痛くて・・・
どうしても無理でした。。
看護師さんにまた、明日がんばりましょう♪って言われました。

最近は手術して寝込むのでなく、痛み止めをたくさん使ってでも痛みを抑え、ベッドからはやく動けるようにするそうです。

大抵がんばれる自信があるまりあんにも、無理でした。

その後痛みを抑えるために、点滴2本うちまたまた眠りに入り。。。

夜になり、だんな様が仕事を終え来てくれました。
まりあんはまた眠りにはいります。。。
この日の意識ははっきりせず・・・朦朧とするなかで過ぎていきました。

まりあんが眠りに入ったのを確認して、
妹とだんな様は帰っていきました。

ありがとう。。。

0
タグ: がん 大腸がん 病気

2007/4/6

現実・・・  病気のこと

海外旅行保険・・・

今日、海外旅行保険の話を聞いた。

(この話をしてくれた人は、まりあんの病気のことは知りません。)



現在、脳卒中・心筋梗塞・がん で治療中・投薬中・医師の診察を受けている。

過去、2年以内に上記が原因で入院・手術したことがある。


この人が入れる海外旅行保険って・・・・・・・・。

あることは、ありました。

疾病保険金が1000万円までの海外旅行保険なら加入できる。



普通の人は、無制限。







このことが。。。。意味するのは・・・・・・・・




久々に・・・・・・・・・考えた。。。






現実逃避しているまりあん・・・・・・





またまたまたまた現実を突きつけられた気がした。。。。




逃げるな!まりあん!



0

2007/2/4

明日は病院  病気のこと


クリックすると元のサイズで表示します

明日は病院の日。
病院。。。今年初の病院です。
前回の血液検査の結果を聞いて、また検査します。

小心者のまりあんは、、、ドキドキします。

副作用はほとんどなくなったけど。。。
寒いと手足がしびれます。。。あったかいと大丈夫ですよ
病院のにおい大丈夫かな???

血液検査、ちゃんとできるかな??
血管が細いのと弱いので。。。
前に抗がん剤してるときは、毎週の血液検査&点滴で血管がより弱く、硬くなって血管が逃げたりしてた。
しかも、血管が細いので腕か、手のひらしか点滴できず。。。
大変な思いをしていました。。

毎回この思いがずっとずっとずっと。。。。
続くのだろう。強くならなくっちゃ
検査のたびに、ドキドキして結果を待つ。。


これから5年後。。。とりあえず。。5年。。。


2011年5月12日笑ってむかえたい



いや、必ず


笑ってむかえる



明日もおしゃれして笑顔で病院に行ってきま=====す


          笑顔の心 十二か条    

                      作 中井俊已


  一、「はい」と素直に言える笑顔の心

  ニ、「ありがとう」といつも言える笑顔の心

  三、「ごめんなさい」「すみません」と頭をさげる笑顔の心

  四、「よかったですね」と喜びあえる笑顔の心

  五、「がんばります!」と前向きに言える笑顔の心

  六、「お願いします」と信じて言える笑顔の心

  七、「おかげさまで」と感謝できる笑顔の心

  八、「会えてよかった」と感動できる笑顔の心

  九、「がんばりましょう」と励ましあえる笑顔の心

  十、「だいじょうぶ」と受けとめられる笑顔の心

  十一、「うれしいです」と感激できる笑顔の心

  十ニ、「よかったなあ」といつでも喜べる笑顔の心




0

2006/12/23

病気のこと。手術後  病気のこと

「思ったより早く終ったね・・・」
ガチャガチャと金属の音・・・が聞こえた。。。
でも目が開かない。。。
また記憶がなくなる・・・・・・

手術室の中で手術終ったときに一瞬気が付いた記憶です。

次に気が付いたのは、ICU
「まりあんさ===ん、終りましたよ。。。」
「気分はどうですか???」って声で気が付きました。
しか〜〜〜〜〜〜〜し・・・
体が動かない。痛い。。。重い。。。つらい。。。苦しい。。
吐き気が・・・・する。。。声が出ない。。。
自分の体じゃないみたい。。
鼻になにか管が入ってる。。。
手にも左に血圧計と、右に点滴と心拍数の機械(あとでわかったのですが・・)がついてて動かない。。。
口にも酸素マスクがついてて苦しい。。いや??楽になるためについてるはず。。酸素マスクで苦しいのではなかったはずです。(笑)

やった=====。終わったんだ!!うれしかった。。

だんな様・義母・妹がいました。
先生と看護師さんが2・3名私の側にいました。。。

だんな様・義母・妹が何か言ってます。
「がんばったね。終わったよ。大丈夫だよ」
たぶんそんなことだと思う。
記憶がさだかでありません。。。
私は・・・声が出ません・・・・
涙がひとつながれました。
頭をなでなでしてくれました。

気持ち悪い・・・吐き気がする・・・
吐き気が・・・する。。。
声が出ない・・・気持ち悪い・・・
「吐きたい・・・」やっと声が出ました。。いや??出てないかも?出たはず??
看護師さんに吐き気がする?って聞かれ、うなずいた。
先生が吐き気止めの点滴を増やしてくれました。
また眠りにはいっていきました・・・・

気が付くと、さっきよりは頭がはっきりしています。
気持ち悪いのはなくなっています。
体はまったく動きません。。。
自分の思うようになにもなりません。。。
声もでない・・・
看護師さんが頻繁にきてくれます。
いろんな機械が私の周りにあります。。。

また眠りに入りました。。。

あとで聞いたのですが、、、
だんな様・義母・妹は術後、ICUで会って話したけど私がわかってなかったかも??って思い、一度は帰ったのですが、
私が気が付いたときにさみしいのではないか??って
だんな様と妹は、また病院に戻ってきてくれたらしい。

そのとき私は眠りに入ってたらしく、起こしたらかわいそう・・・ってことで彼らはまた帰っていったそうです。

ほんとうに、ありがとう。ありがとうございます。

幾度となく、目が覚めたりまた眠ったり・・・
朝まで繰り返しました。。。




0

2006/12/21

病気のこと。手術日  病気のこと

5月12日 手術当日です。13時からです。

朝早くに目が覚めました。
外の新鮮な空気が吸いたくて(しばらく外に出れないため・・・)
外にお散歩に行きました。
気持ちよかった。
たくさん深呼吸して新鮮な空気が細胞のひとつひとつ隅々までいきわたるのを感じました。
さっがんばるぞ

朝からたくさんの人たちが来てくれました。
みんな本当にありがとう。
たくさんみんなと話して、緊張する暇もなく・・・
うれしかった。守られてるって感じました。
病院にこれない人たちからも、心のこもった愛のメールたくさんいただいて、
ほんとうに、うれしかった。
遠いところからも、たくさんの方が祈ってくれて感謝です。

手術着に着替えて・・・・ちょっぴり緊張してきました。
総勢10数名のみんなに見守られて、手術室に向かいます。
やはり怖くなって、泣いてしまいました

手術室に入ります。
ちょっぴり肌寒い手術室です。
まずは、背中に痛み止めの管をいれます。
手術が終ってから3・4日間痛み止めをながすためです。
直接背中から入れたほうが、痛み止めが効くそうです。
背中を丸くし、、、管を入れます。痛みは感じませんでした。

緊張で涙がでます。
「みんなで輪になって手をつないで守られてる。」
って思いながら手術を受けてね。
ってレイキの先生に言われてた。。。
そう思い、みんなのこと先生のこと考えながら、みんなで手をつないで守ってもらってる、って思いながら手術受けました。


全身麻酔です。
何か質問されました・・・ひとつ答え・・・
次の質問が・・・あれ〜〜なんだっけ??
すぐに意識がなくなっていきました。

先生!!お願いします!!

悪いとこぜ====んぶとってもらって、元気になるだけ!
手術終ったら、元気になる!!
みんなで手をつないでる。私はひとりじゃないんだ!!

って強く強く思いながら、眠りに入っていったのです。
0

2006/12/20

病気のこと。手術まで。  病気のこと

入院してから、検査の日々・・・何をこんなにって思うくらい検査です。
入院前からずっと検査してるのに・・・ね。
問題なく手術はうけられるようです。

検査が終ると、、、今度は手術の説明です。
まずは、先生から家族と私に手術の内容の説明。
とにかく悪いとこはとってくださいね。先生
説明はわかりやすく、きちんと質問にも答えていただけました。
主治医はドラえもんののびたくんを大人にしたような先生です。(爆)
先生ごめんね===。
とてもかっこいいとはいえないけれど、やさしい顔のずんぐりむっくりの先生です。(笑)
ちょっと点滴は苦手みたい。。。(笑)

手術は、大腸半分くらいと、周辺のリンパもすべて摘出するそうです。
2週間ほどでリンパ転移あるか結果がでるとのことです。
術後4日目まではICUにはいることになるらしい。。
いろんな書類にサインします。同意書ですね。

その後は手術に備えての説明です。
それぞれの担当の人が病室にきてくれて、やさしく詳しく説明してくれます。

まずは麻酔科の先生から、麻酔の説明&同意書のサイン。
手術前にまず、背中に管を通して直接痛み止めをいれるそうです。
それから全身麻酔です。
麻酔でも副作用と危険が伴うことがあるようです。。。

その後、手術室の説明の方。
手術室のパネルを持ってきてくれて、いろんな説明をしてくれます。
どんな手術台か、音楽を流してリラックスして受けられることなど・・・

その後、私の手術担当の看護師さんがたが、挨拶に来てくれました。
また、手術室の説明や当日の話をしてくれました。

なんだか、手術が近づいてきた
って実感がしてきて・・・・ドキドキしてきました。。


5月11日、とうとう手術前日になりました。
この日、妹が鹿児島から朝一番の飛行機で来てくれました。
また金沢から友人も私のために帰ってきてくれました。
ありがとう!!うれしかった。

この日、ICUの人がICUの説明をしに来てくれました。
あいにく私は友人と病室を出ていたため、
妹が応対してくれました。

ICUの看護師さん「ICUの説明できました。お姉さんが戻って見えたら、ナースステーションに声かけてください。またあとで伺います」
妹は、、、今朝お風呂入ったのに、足湯やってくれるのか???って思ったようです。
妹から、「足湯の説明があるから、ナースステーションにきてって」っと言われました。
足湯??って思いながら、ナースステーションに向かう私。。。
私 「妹から足湯の説明があるって聞いたのですが・・・」
看護師さん 「エッ?????足湯???」
看護師さん 「エッ??アッ!!!(爆笑)もしかしてICUの説明・・・じゃない」
私  「エッ??足湯じゃなくてICU???(大爆笑。。。)」

妹は、ICU=足湯   って聞こえたらしい・・・

みんなで大爆笑した手術前日でした。
まったく====清ちゃんしっかりしてよ===(笑)

このICU=足湯の話は、ICUのほうにも伝わったらしくICUに行ってからも、看護師さんに。。「足湯の妹さんは??」って
術後おなか痛くて笑えないのに。。。看護師さんに笑わされました。
「足湯の妹さん元気??」って妹に代名詞が付きました。

さっ
明日は手術だ
気合を入れて寝ました。
0

2006/12/18

病気のこと。入院日  病気のこと

5月8日その日はやってきました。
入院の日です。
朝、だんな様と義母と3人で病院に・・・
入院手続きして、病室のある7階に。
病室に案内され、院内の案内をするのでお待ちくださいとのこと。
病室で待っていたら、若い新人看護師さんが来てくれて、話が始まりました。
あれ??どうして義母をみて話しているのだろう??(笑)
義母が入院すると思ったらしく、、、義母に説明・・・
こまった義母がこの子が入院するのです。って私を指差した。(爆)
私とだんな様が、義母の付き添いできたと思ったらしいのです。
最初から大爆笑でした。

確かに私はこれから入院する人??って格好で病院に行きました。
私は病人だと思われたくなくて、着飾って入院したのです。(笑)
それは、通院でも一緒です。抗がん剤のつらい治療のときも、きれいにかっこよく病院に行きました。
どんなにつらくても姿勢正して歩きました。
私の強いこだわりでした。(笑)
これからも、通院のときは変わらずきれいにかっこよく行きたいと思います。


同室の方にも、何処が悪いの???
まったく元気そうなのに???ってみんなに言われました。。
確かに誰よりも元気で何処からどうみても病人にはみえなかったですね。
何処も痛くないし・・・食事も食べれるし。。。
みんなにうらやましがられてました。

パジャマに着替えて・・・検査がまたまた始まりました。
今日からは病院で寝る日々です。消灯時間に寝れるかしら???そればっかりが気になっていました。
それまで夜型人間だったので・・・
10時消灯が・・・最初はつらかった。(笑)
朝6時にはすべてが活動しだすので、
すぐに夜も早く眠くなるようになりました。

入院初日から、会社の子がお見舞いに来てくれました。
入院中は、毎日毎日。。。誰も来ない日はなくて、一日最低でも3人多いときは・・・10人以上のお見舞いに来ていただいて・・・・
ほんとうにありがたかったです。
みんなにこころから感謝です。
ひとりでいる時間はほとんどないくらい、みんなお見舞いに来てくれて・・・うれしかった。幸せでした。
みんなの愛を感じました。
0

2006/12/15

病気のこと。入院まで。  病気のこと

告知された翌日仕事でした。
仕事していても笑えません。。。(接客業なので・・・笑顔大切です。笑)
がんばってたのですが、つらく涙が出そうで我慢できなくなり。。。早退
結局それが出勤最後になりました。その後休職中です。

その後の日々は手術のための検査。
ほかに転移がないか、一度の手術で転移があればそれも取り除くために
ほかに転移ないかも調べました。
MRI CT 胃カメラなどなど。。。
肺活量の検査、心電図、血液検査などなど。。。
検査がGW前までありました。
毎日病院に行ってたような・・気がします。

GWに入り、前半は何してたかな??覚えていません。。。
泣いてたかも。
5月1日は病院で検査の結果を聞きました。
他臓器への転移はみられないとのこと。
一安心です。あってたまるか===って思ってたけど。。。
内心ドキドキでした。
あとは、GW明けの5月8日入院まで1週間待つのみです。

実家に帰ることにしました。
父・妹・妹の家族も心配してるだろうし、父には手術には来なくていいって言ってしまったから、、、
手術前に父に元気な姿見せたくって、元気でがんばるって会って伝えたくて。。
妹は手術前日からしばらく来てくれることになっていました。
とにかくみんなに会いたかった。実家に帰りたかった・・・のかも
それと母に兄に守ってもらえるようにお墓参りしたかった。

ひとつ心配が・・・ありました。
実家に帰って泣きたくない!!
みんなの前で涙を見せたくない!!
それができるか。。。ただただそればかり考えていました。

実家では、楽しいひと時を過ごせました。
妹と私のことを大好きな姪っ子3人集も実家に泊まってくれて、
妹のだんな様は猫アレルギーのため泊まれないんです。。。(笑)
温泉にも行き、 の====んびりとした時間を過ごせました。
清ちゃん・昭ちゃん(妹のだんな様です)ありがとう。
誰も何も病気のことは一言も言わないままでした。

父が帰る日に一言「大丈夫だから、がんばれ!!」
その一言で充分でした。

泣かずにがんばれました。
空港の搭乗口に入って、涙がとまらなくなりました。
うれしくって、かなしくって、申し訳なくって・・・
いろんな思いがこみ上げてきて、抑えられなくてグシャグシャになって涙がしばらくとまりませんでした

さ====
がんばるぞ!!!!!って大好きな空に向かい誓いました。

たくさんの愛をいろんな形で感じて帰ってきました。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ