2007/1/30

今日の映画  日々のこと

         クリックすると元のサイズで表示します


マリーアントワネットを観てきました

「最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃の物語 」

わずか14歳でフランス・ブルボン王家に嫁ぎ、18歳でフランス王妃に即位したマリー・アントワネット。
革命の嵐にのみ込まれ、断頭台の露と消えていった、
“可憐な薔薇”…

短くも波乱に富んだ37年間の人生を駆け抜けたマリー・アントワネットの物語。



アントワネットが生きた場所、ヴェルサイユ宮殿で3ケ月間本格ロケが行われています。
眩いばかりの美しい映像でそれだけ観てもすばらしいです

保守的だったフランス王家に新風を吹き込み、流行の最先端を走った彼女のファッション、宝石のようにきらめくシャンパンやスウィーツ
贅の極みを物語る建築や調度品の数々…それを観るだけでも価値があります


0
タグ: 映画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ