2007/4/18

ICU2日目  病気のこと

ずいぶん書いていなかった病気のこと。

病気と向き合うためにもsachikoさんに勧められて、
たくさんの人に応援されはじめたブログ。
このブログに助けられ、守られています。
ブログをはじめてたくさんの人に支えられ守られています。

病気のこと書くのは、まりあんにはとてもつらいことなんです。
それは、、、まりあんが病気と向き合ってないから・・・
ちゃんと病気と向き合うためにも書きます。







ICU2日目の朝になりました。
相変わらずまりあんのからだは動きません。
看護師さんが、からだの向きを変えに来てくれます。
これが痛いんです。。。自分では動けないのですが。。。
動かされるだけで。。。痛くて痛くて、どこが痛いのか??
わかりませんが、とにかくいたいのです。

痛み止めの点滴は背中に入ってるのと、点滴で入れてくれます。
まりあんにあう痛み止めの点滴を探すため、毎回違う痛み止めの点滴を打ちます。
すご=====く眠くなるのもあるし、なかなか効かないのもある。

鼻のチュウブと口には酸素マスクはうっとおしく感じ・・・ます。
ないともっとつらいのだとは思いますが・・・

両手も自由にならず、いろんなものがついています。

先生が来ました。
痛みはどうですか??気分は??吐き気は?・など聞かれ、、
まりあんは虫の声で、、、気持ち悪い、痛いってこたえました。
また吐き気止めの点滴と痛み止めの点滴が増えました。

ICUは、ベッドが壁も仕切りもなく、たくさんたくさんならんでるところ。
ICUのなかにも個室のICUもあります。

まりあんはたくさんベッドが並んだところにいます。
たくさんの人がベッドにいるのですが、からだが動かないまりあんはみることもできません。

看護師さんはとってもやさしく、まりあんのこと面倒見てくれます。
熱が高く汗をたくさんかいたらしく、着替えをしてくれました。
からだに力も入らないまりあんは。。。されるがまま。。。
体中にいろんな管がついたまりあんの着替えもたいへんでした。

だんな様と妹が来てくれました。
ICUには、家族しかはいれず、しかも一度に二人しか入れないため、義母は外で待っていたそうです。
だんな様が仕事に行き、義母が来てくれました。
妹と義母がついていてくれたのですが・・・
まりあんの意識はまだ朦朧としていて、眠りに入ったり、目が覚めたり、意識も朦朧とし、よく覚えていません。

そんな時間をどれくらい過ごしたのでしょうか??

看護師さんがお部屋の移動をするっていいました。
個室のICUに移動です。
移動って行っても、10メートルくらいなのですが・・・
ベッドごと移動します。

個室のICUになり、妹もゆっくり出来るのたのではないでしょうか??
たくさんベッドがあるとこは、とにかく人がバタバタとしていていました。
個室はガラス張りで丸見えですが、仕切りがあるのです。

妹がひとり残り、まりあんを見守っていてくれました。
目が覚めたら、妹がみつめています。。
心配してくれたんでしょうね。。。ありがとう。清ちゃん。
顔をしかめると、、痛いの??っ聞いてくれ、
我慢しなくていいよって言ってくれました。

看護師さんがきて、立ち上がってみましょう♪って。 ??????
起き上がれるわけないよ===って思い、
無理です!って言ったのですが。。。
ベッドを起こしてみましょう♪とのこと。
ベッドを起こし、からだを横に持っていき、、、
腕で支えて足を下ろしてみて?だって。。
そんなこと出来ないよ===って思いながら、
とにかくされるがままに足をベッドから下ろされ・・・
立ち上がってみて♪って・・・
それは無理、、、、、ほんと無理。。。
無理です。。。(泣)っていい。。。
看護師さんが支えてくれたのですが・・・
頭がくらくらして体中が痛くて・・・
どうしても無理でした。。
看護師さんにまた、明日がんばりましょう♪って言われました。

最近は手術して寝込むのでなく、痛み止めをたくさん使ってでも痛みを抑え、ベッドからはやく動けるようにするそうです。

大抵がんばれる自信があるまりあんにも、無理でした。

その後痛みを抑えるために、点滴2本うちまたまた眠りに入り。。。

夜になり、だんな様が仕事を終え来てくれました。
まりあんはまた眠りにはいります。。。
この日の意識ははっきりせず・・・朦朧とするなかで過ぎていきました。

まりあんが眠りに入ったのを確認して、
妹とだんな様は帰っていきました。

ありがとう。。。

0
タグ: がん 大腸がん 病気



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ