2007/3/20

ドイツ フランクフルト  イタリア旅行

ドイツ フランクフルト観光。

イタリア旅行の最終、帰国日ローマのフィウミチーノ空港の管制塔が午後からストライキとのことで、まりあんたちの乗る予定の飛行機は欠航となるという連絡がはいりました。
ローマのフィウミチーノ空港からフランクフルト経由にて日本に帰国予定です。
最初の予定では、フィウミチーノ空港を午後3時ごろ出発便でしたが、
午後ストライキとのことで、急遽午前便に変更になりました。
フランクフルトでの空き時間が8時間ほどできました。
そのためフランクフルト市内観光をすることになりました。
フランクフルトの名物ソーセージも食べ大満足でした。


クリックすると元のサイズで表示します

レーマー(旧市庁舎)

階段状の切妻屋根が美しい。
建物の2階には、神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式後の祝宴が開かれた皇帝の広間カイザーザールがある。
神聖ローマ皇帝52人の等身大の肖像画が壁面を飾っている。


クリックすると元のサイズで表示します

レ-マ広場。
レーマーの向かい側に建ち並ぶ大きな木組みの館。
旧市街の美観地区として戦後復元されたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

レ-マ広場と木組みの館。
窓がたくさんあり、かわいい建物です。
クリスマスの時期には、ここはクリスマス市でにぎわう場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

大聖堂(ドーム)
13〜15世紀にかけてバロック様式で建立されたものです。
神聖ローマ皇帝の選挙と戴冠式が行われた歴史ある教会で、カイザードーム(皇帝の大聖堂)とも呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

大聖堂の中のパイプオルガン。


クリックすると元のサイズで表示します

大聖堂の中の絵画?彫刻?
飛び出す絵本のようで、絵画と彫刻が一緒になったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

大聖堂の中のピエタ像。


クリックすると元のサイズで表示します

パウロ教会。
1848年5月18日,フランクフルト国民議会が行なわれた。
今では年に一回「平和賞フリーデンス・プライス」授賞式典会場となるっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲーテハウス。
1749年8月28日、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが生まれ、多感な少年時代を過ごした家。
当時のフランクフルトで屈指の名家だった立派な家です。
ゲーテ博物館の隣にあるゲーテハウス。

クリックすると元のサイズで表示します

パウロ教会からレ-マ広場に向かう道。

クリックすると元のサイズで表示します

フランクフルトのアパートメント。
フランクフルトは窓が印象的な建物が多かったです。


クリックすると元のサイズで表示します

フランクフルトのアパートメント。
かわいいアパートメントがたくさんありました。

クリックすると元のサイズで表示します

フランクフルトの空港へ向かう途中。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ