2006/12/20

病気のこと。手術まで。  病気のこと

入院してから、検査の日々・・・何をこんなにって思うくらい検査です。
入院前からずっと検査してるのに・・・ね。
問題なく手術はうけられるようです。

検査が終ると、、、今度は手術の説明です。
まずは、先生から家族と私に手術の内容の説明。
とにかく悪いとこはとってくださいね。先生
説明はわかりやすく、きちんと質問にも答えていただけました。
主治医はドラえもんののびたくんを大人にしたような先生です。(爆)
先生ごめんね===。
とてもかっこいいとはいえないけれど、やさしい顔のずんぐりむっくりの先生です。(笑)
ちょっと点滴は苦手みたい。。。(笑)

手術は、大腸半分くらいと、周辺のリンパもすべて摘出するそうです。
2週間ほどでリンパ転移あるか結果がでるとのことです。
術後4日目まではICUにはいることになるらしい。。
いろんな書類にサインします。同意書ですね。

その後は手術に備えての説明です。
それぞれの担当の人が病室にきてくれて、やさしく詳しく説明してくれます。

まずは麻酔科の先生から、麻酔の説明&同意書のサイン。
手術前にまず、背中に管を通して直接痛み止めをいれるそうです。
それから全身麻酔です。
麻酔でも副作用と危険が伴うことがあるようです。。。

その後、手術室の説明の方。
手術室のパネルを持ってきてくれて、いろんな説明をしてくれます。
どんな手術台か、音楽を流してリラックスして受けられることなど・・・

その後、私の手術担当の看護師さんがたが、挨拶に来てくれました。
また、手術室の説明や当日の話をしてくれました。

なんだか、手術が近づいてきた
って実感がしてきて・・・・ドキドキしてきました。。


5月11日、とうとう手術前日になりました。
この日、妹が鹿児島から朝一番の飛行機で来てくれました。
また金沢から友人も私のために帰ってきてくれました。
ありがとう!!うれしかった。

この日、ICUの人がICUの説明をしに来てくれました。
あいにく私は友人と病室を出ていたため、
妹が応対してくれました。

ICUの看護師さん「ICUの説明できました。お姉さんが戻って見えたら、ナースステーションに声かけてください。またあとで伺います」
妹は、、、今朝お風呂入ったのに、足湯やってくれるのか???って思ったようです。
妹から、「足湯の説明があるから、ナースステーションにきてって」っと言われました。
足湯??って思いながら、ナースステーションに向かう私。。。
私 「妹から足湯の説明があるって聞いたのですが・・・」
看護師さん 「エッ?????足湯???」
看護師さん 「エッ??アッ!!!(爆笑)もしかしてICUの説明・・・じゃない」
私  「エッ??足湯じゃなくてICU???(大爆笑。。。)」

妹は、ICU=足湯   って聞こえたらしい・・・

みんなで大爆笑した手術前日でした。
まったく====清ちゃんしっかりしてよ===(笑)

このICU=足湯の話は、ICUのほうにも伝わったらしくICUに行ってからも、看護師さんに。。「足湯の妹さんは??」って
術後おなか痛くて笑えないのに。。。看護師さんに笑わされました。
「足湯の妹さん元気??」って妹に代名詞が付きました。

さっ
明日は手術だ
気合を入れて寝ました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ