2007/5/14

母の日の思い出。  家族のこと

まりあんの母は天国にいます。

母の日には思い出がよみがえってきます。

小さい頃は、カーネーション1本買うのがやっとだった。
カーネーションにリボンつけてもらって、母に送った。

社会人になって、カーネーションにメッセージカードをそえて送った。
まりあんが書いたメッセージを読んだ母は、感動してそのカードを宝物のように飾ってくれていた。
こんなことを言える大人に育ってくれて、うれしいって言ってくれた。
まりあんのことを、自慢の娘だって言ってくれた。

母が天国にいった年、まりあんは妹と母と母の日のプレゼントって温泉に行った。
最後に一緒に過ごした母の日。。。
まりあんと妹と母には。。。。最後の母の日ってたぶんわかっていた。
楽しかった、幸せだった。
体調のすぐれなかった母だったけど、そのときはご飯もたくさん食べれた。
相変わらず、私たちの心配ばかりする母だった。
温泉入って、気持ちよさそうだった。
からだが楽になったって言ってくれた。

そのときの笑顔の母の写真がみんなの家に飾られている。
実家にも私の家にも妹の家にも兄の家にも・・・・
母の笑顔が輝いている。

私のこころのなかにも、ずっとずっと母の笑顔が輝いている。

母のまりあんを呼ぶ声が母の笑顔がそこにある。




お母さん、あなたの子だから自慢できる大人に育ったんだよ。

お母さんの子供に生まれたことを感謝しています。

お母さんの子供に生まれて幸せでした。

だから安心してください。


まりあんの自慢のお母さん。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ