2013/10/29

岩谷時子逝く  俳句日記

旧暦九月二十四日

銀河濃し愛を讃ふる星あまた
星明り最後のダンス踊ろうか
君去りし秋の浜辺の真砂かな
コーヒーが沸くまで見ている秋の空
鳥渡るパリのカフェーを思ふ時

※私の中に少女がいて(たぶんそれは若くして亡くなった母であるのだが)岩谷時子の大ファンであった。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ