2013/5/20

マーズ・アタック  映画

UFOが降りてきそうな夏の夜

火星人が地球を支配しようと言うお話。
古くからある映画の題材でパロディーの要素も多い。
お決まりのストーリーになってしまっているところがB級映画と呼ばれるゆえんか?
初めシーンの背中に火のついた牛が何百等も国道を駆け抜けるシーンは圧巻。このシーンで観客をひきつけることができる。(こここも何かのパロディーかもしれない)
出てくる火星人は私には「太った黄金バット」にしか見えないが愛嬌がある。
基本的に喜劇なので子供も大人も楽しめる。
日本からはゴジラも出ている。
クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ