2013/5/19

ディア・ドクター  映画

ペンライト落としてよりの淡き闇

無医村、高齢化、末期治療。老人の孤独。
現代の地方の諸問題が取り上げられている。

診療所の医師の失踪から物語は始まる。それにより医師は無免許であることが発覚するのだが、なんとなく周りのものも気づいていたのかもしれない。
医者との離婚歴のあるベテラン看護婦、研修医、薬の営業マンなどの手助けでどうやら村の医療は保たれていたのだがある末期がん患者のために彼は行動を起こしたのだと思う。
なんとも切なく泣くのを我慢していたが最後の10秒で泣いてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ