« 挽歌 | Main | 衣更 »

2012/6/2

短歌二首  時々短歌

短歌二首

年毎に来る鴛鴦に沼さびてただ静かなる午後のさざなみ
千年の時を超えたる少女いて夢を語りぬ「更級日記」


タグ: 短歌



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ