2012/5/30

「ごみゼロの日」  季語

「ごみゼロの日」

5月30日は語呂から「ごみゼロの日」ということで学校や町内で地域の清掃をする。
「ごみゼロ」という名前がいつ頃出来たのか、私が子供の頃はそういった行事はなかったが、息子の小学校時代はあったようだ。

歳時記を見ると夏の行事に「大掃除」「畳干す」という項がある。
「大掃除」というと年末の感じがするが、年末は「煤払い」で夏場に行うのが「大掃除」だそうだ。角川春樹編「季寄せ」によると『五月ごろ掃除日を決めて町じゅうで大掃除をすることが多かった』とある。「ごみゼロの日」もそんな習慣を踏まえたものであろう。

大掃除役割きめる小寄り合い




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ