2011/3/11

無題  時々短歌

    短歌四首

むかしなら小町か式部音楽も
            語学も出来て何をのぞまむ

朝霧の入り江をゆっくり横切って
            海賊という優雅な暮ら

真夜の窓開け放ち見る天体の
            新墓(にいぼ)のごとき星の輝き

黒革のかばんの底に潜めたる
            人形の髪絡む指先

*あまりにまとまりのない詠みぶりなので題のつけようがない。
タグ: 短歌



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ