2010/5/25

三昧境1  三昧境

三昧境 鯨井大鵬子

ないだろうな、と思いながらグーグル検索を掛けたらやはりなかった。
多くの中堅の俳句作家は生きているうち一つの結社の中である程度名を成しそしてその名前は消えてゆく。
「三昧境」は大鵬子の遺句集で没後30年位してから遺族の方のお力により出版された句集である。大鵬子の昭和25年から28年までの3年間の作品と同時期の川柳が掲載されている。昭和34年没というから私が生まれた年である。
私がこの句集を受け継いだのは祖母からである。
大鵬子は祖母の腹違いの兄に当たる人であった。
そんなわけで私には伯父に当たるわけだが、もちろん鯨井家との交友は私の時代にはない。むしろ祖母がこの本を持っていたのが不思議なくらいである。

作風は平明にして大らかである。まだ私が俳句を始めた頃は何度も読み返した一冊である。もう、残っている関係者も減ってしまいこのままこの本が忘れ去られるのは寂しいのでここに残したいと思う。


三昧境

昭和25年

客人(まろうど)のまこと草摘み日和かな
留守の戸に籠揺れてゐる雲雀かな
雲雀野や放てる犬の戻り来ず
えびがにのここだ穴ある春田かな
塗る畦の陽に輝ける春田かな
雨ながら春田の花菜明るかり
揚雲雀日暈(ひがさ)の中の一つかな
鍬杖に暮色せまれり夕ひばり
そぞろ歩き児を連れければ草も摘み
春光を眩しいと女撮られけり
南の蚕飼に占むる一室かな
鯉幟風驕り来てたかぶれり
ふらここのポーズよろしを仰ぎ撮る
児等去りてふらここ垂るる静けさよ

つづく



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ