2010/4/8

三分間俳句講座18  三分間俳句講座

人物を詠む。

俳句は「一人称の文学」と言われ、特に主語の明示が無いときは作者自身のことであると見なされる。
しかし、自分以外の人のことを詠みこむ事がよくある。
自分の配偶者から、通りすがりの人、物語中の人物まであらゆる人物を詠むことが可能である。
注意すべきは、自分以外の人物を詠んだ時でも、自分の眼がどこかに生かされている事ではないだろうか。
どこの誰とも知らぬ人の意味不明な行動を詠んでも、意味不明な句しか出来ない。
ある人物に対して作者が程よい思い入れがある時に俳句になるのだと思う。
何かの物語の中の登場人物の行動や考えでも、作者が共感できる事ならば、時間と空間を越えて表現できる。
これは俳句の楽しさだと思う。

しかし、思い入れが強すぎてはいけない。
これは「孫俳句」に名句なし。といわれる所以であると思う。
孫は可愛いらしい。
可愛くてしょうがないので俳句にしたとき、作者の主観が強すぎてつまらぬ俳句になるのだと思う。
可愛すぎて孫を冷静に観察できないのであろう。
私自身、孫はいないので良く分からないが・・・。

だた、子供に対して赤ん坊の頃、オムツを変えていて彼のウンチが私の手に付いてしまっても少しも嫌だとは思わなかった。
また、妻は離乳前後はウンチの匂いで食べ物の調整をしていた。
これは、自分の子供で可愛くて仕方ないから不快でなかったのだと思う。
子供が赤ん坊の頃はこのくらいの思い入れがないと世話は出来ない。
ある人に言わせると、孫に対する思い入れはそれ以上に強くなるらしい。
ちょっと、異常なことである。このような状況は俳句にしない方がよい。
ちなみに現在の息子の男くさい匂いにはげんなりしている。
あいつらの部屋に入るには酸素マスクが必要である。








この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ