2010/3/23

三分間俳句講座13  三分間俳句講座

三分間俳句講座13

一日に三分で記事を読んであと七分間俳句について考えてください。
一日十分で半年を目標に基本をマスターします。


練習の補足。

3月8日分より
練習・古池や/蛙飛び込む水の音
   ○○○○や/蛙飛び込む水の音

上の○の四音の部分を、「古池」以外の言葉に置き換えてみましょう。

松尾芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」の句は、世界一有名な俳句ではないだろうか。
この句を作るとき芭蕉は中七・下五の「蛙飛ンだり水の音」までできたが、上五に悩んでいたという。
これを高弟の其角が聞いて「山吹や」ではどうかと提案、芭蕉はただ「古池」とつぶやき、これに定めた・・・という記述が同じく弟子の支考の編集した『葛の松原』という書物に出ています。
芭蕉が悩みに悩んだ「古池」であるし、其角の「山吹や」では後世にこれほど残らなかったかもしれないが、「古池や」でなければなんだろう、という事を考えて見てください。
答えは別にないです。

ちなみに下の文はネットで見つけた「葛の松原」の問答の部分。

 弥生も名残お(を)しき比にやありけむ、蛙の水に落る音しばしばならねば、言外の風情この筋にうかびて、「蛙飛こむ水の音」といへる七五は得給へりけり。晋子が傍に侍りて、「山吹」といふ五文字をかふ(う)むらしめむかとを、よづけ侍るに、唯「古池」とはさだまりぬ。しばらく論レ之、山吹といふ五文字は風流にしてはなやかなれど、古池といふ五文字は質素にして実也。

3月12日分

朝日匂う卓へ濡れ手で出すトマト  金子篤子
熟れすぎのトマトは強き日の匂ひ  大星雄三

練習・例句に詠まれたトマトの違いを考えてみましょう。

この問題で一番大事なことは、同じトマトでも「朝食」の時のトマトと「熟れすぎて、強い日の匂い」のするトマトの対比です。
それは新鮮なトマトと、熟れすぎのトマトともいえると思います。おなじく「匂い」を詠みこんでいるので、その青臭いトマトのにおいと熟れすぎたトマトの匂いまで感じられます。
また、朝の風景と午後の風景かも知れません。
そんな所を感じてください。

一度に片すには少々重いので「菜の花や」の解説は次回にします。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ