かもめ食堂  

なみぞうが感じる“何げない映画”の代表作に
『かもめ食堂』という映画があります。

皆様は『かもめ食堂』という映画をご存知でしょうか?

フィンランドで撮影された日本映画です。
小林聡美と片桐はいりともたいまさこ、そして、フィンランドの方々が出演しています。

出演者も個性的な面々ですが、日本映画にしては淡々とした流れで、日本の巨匠 小津安次郎監督の作品を見終わった時の、しみじみとした…あの感覚に似た、何とも不思議なテイストを味わえる映画なのです。

どうして、この映画が見たくなったかというと、やはり、スペクトロライトとの出会い&花らいおんちゃんの影響ですね〜。

私の大好きな石、スペクトロライトはフィンランドのユレマ−地方が産地なのです。

フィンランドとはいったいどんな国なのだろう?と思い、この映画を借りにTSUTAYAへ…

しかし、貸出中で三回も足を運び、ようやく借りて来ました!!

ひそかに人気映画なのですね〜…

フィンランドに食堂をはじめた小林聡美が主人公なのですが、『かもめ食堂』は始めはお客様が全く来ないのです。

なみぞうも以前、大阪で飲食のお店を始めた時、同じような体験をしたので、なんだか見ていて せつなくなりましたね…
しかも、かもめ食堂のソウルフ−ドは おにぎり!!
なみぞうの大阪のお店もテ−マは“おにぎり”だったので、ますます気持ちがリンクしました。

そして、出演者の片桐はいりさん…実は、下北沢の小劇場に、はいりさんが出てた頃、なみぞうは(20代)お芝居を見に行ってました。
何人かで一緒にお好み焼きを食べに行った事もあったり…
かもめ食堂の映画のキャラは素朴で片桐はいりさんのそのもののイメージです。
今はすっかり有名になりましたね〜。

さて…かもめ食堂の中で主人公のさりげない言葉が、所々すごく印象的なんです。

くじけそうにならず、お店と自分を信じて ひたすら真っすぐに受け入れる姿。
芯の強さを感じます。

自分のしたい事をしているのだから、全て前向きでした。
“なんとなく”感があふれる映画なのに、どこか強い。

コミカルな部分もあり、フィンランドの美しさもあり、出会いのドラマがあり…

フィンランドという国に行ってみたいです。

あ、ム−ミンはフィンランド生まれです。

映画の中で、『ニョロニョロは何を食べて生きているか知ってます?』
というセリフがありました。

なんと“電気”らしいです。

生き物は何かを食べないと生きていけない…

ムーミンに出てくるニョロニョロも電気を食べて生きていたのですね。

かもめ食堂の結末はどうなるか!?

これは見てのお楽しみ!
ということで

“なにげない映画”ですが、なにげなさの向こうには、心にしみるヒューマンドラマがあります。
また時間ある時見たい映画です☆
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ