(無題)  

2012年も始まりました

ジャパンミカエルでは、昨年の末に愛猫「雪見大福ことゆきちゃん」と6日に、大地主長老猫の 「じじい子」がお亡くなりになりました。

ゆきちゃんはまだ小さくて、波蔵が密かに目にいれても痛くないほどかわいい!と思っていた猫でした。

じじい子は、生粋のノラ猫で見た目もかなりヨレヨレでいつもヨダレをたらしていたのですが、どの猫もじじい子には一目をおいているようで、力関係では、じじい子がどの猫よりも幅をきかしていたとおもわれます。

さすがに、じじい子が亡くなった時は、悲しみがこみ上げてきました
彼女には歴史を感じました

じじい子はなぜじじい子か…ジャパンミカエルには変わった名前の猫が多いのですが(「チビちゃんミーおにいちゃん」を筆頭に)

じじい子は始めおじいちゃん猫だと思っていたのですが、後にメスだと発覚!
急遽「」をつけたのでした

そんな適当な名前の付け方ですが、かわいがられておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
雪見大福こと「ゆきちゃん」可愛かったなぁ…クリックすると元のサイズで表示します
長老「じじい子」いままでありがとう!2ひきとも やすらかに…
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ