2004/9/3

ラストショット  (その他の虫)

停電復旧してすぐネットにつなぐが、家族以外誰も(編集からも)心配のメールなく、人望のなさを思い知る。


父が片付けにやってきて、入れ替わるように下山することに。
バスも道路も復旧。車窓からみる浅間はいつも通り。

いろいろありましたが、思い返せば
「なかなか楽しい夏休みじゃったわい」(Rブリッグス「サンタの楽しい夏休み」より)

クリックすると元のサイズで表示します
ラストショットは、やはり今年を席巻したハサミムシ。こんな場所といえないようなところでももぐりたがるのだな。

クリックすると元のサイズで表示します
と、思ったら、いつかの? 幼虫も。早く大人になろうよ。



……ということで、最後までご覧くださってありがとう! また来年、一緒にムシバマれましょう。
2004年9月・長嶋有
http://www.n-yu.com/
2

2004/9/1

さわぎだす虫  (その他の虫)

クリックすると元のサイズで表示します
カメムシも、やはり夜中に室内にくる虫ではない。ただ来たというのみならず、あちこち飛び回ってました。

クリックすると元のサイズで表示します

火山灰のふる噴火は昭和50年代以来というから、虫もそれは忘れるよな。

コタツの向こうにうつる水色のものはアンパンマンの人形。
それからコタツ布団と天板の大きさのちぐはぐぶりは気づかぬふりをしてください。
2

2004/9/1

また俳句  (その他の虫)

灰降る夜 (肩甲)

嬬恋の灰降る夜にきくバッハ
おそろしくホットケーキを焼きだした
卓上を虫の行き来の盛んなる
夜は長くホットケーキを食う一人
秋の蚊に刺されて灰に降る音なし

※長嶋山荘でかけるバッハはロン・カーターが全ての音をベースで弾いたもの。
3

2004/9/1

帰ってくると  (その他の虫)

山小屋に戻る。鼻の悪い僕もようやく立ちこめる硫黄臭に気づく。
帰ってくると(やはり怖かった。周りの山荘ほとんど無人)、室内がにぎやかに。
クリックすると元のサイズで表示します
まずはトンボ。

クリックすると元のサイズで表示します
この時間に室内でトンボなんてなかなかない。

硫黄臭さが入らぬよう窓を閉めたので、多分一晩以上、彼はここにいたのだった。悪いことした。
1

2004/8/30

ついに姿をみせる  (その他の虫)

クリックすると元のサイズで表示します
これが、今年の山を席巻したハサミムシ。
実にあちこちで出くわした。
きちんと口をしばったパン袋や、未開封の人参の袋、果てはトースターに入りこんで自分で焼かれたりしてた。

特になにかの裏にいるのが好きらしい。受話器持ち上げると受話器のくぼみにいたりとか。ご飯炊くときは裏蓋みて、「ハサミムシを炊かないよう」気を配るのだった。

快適快適といいつつ、ついにコタツを出したのだな。
2

2004/8/29

あのTシャツに!  (その他の虫)

クリックすると元のサイズで表示します
この黒いシャツは、一部で有名な「ブルボン小林『ぐっとくる』Tシャツ」です。

女性にあげても「旦那に着せてる」「袋から出してない」「どこいったっけ」とか、色気のない答えしか帰ってこないので有名。

えーと、まったくどんな虫だったか思い出せません。
0

2004/8/29

(無題)  (その他の虫)

き、気をとりなおして。
クリックすると元のサイズで表示します
花輪和一「刑務所の中」ではないが、山ではどうにも甘味に飢えます。でも虫にたかられるということはあまりない。


クリックすると元のサイズで表示します
今回撮影で最小だろうか。ほらほら、「固そう」な虫ですよ。歯でカリッとしたらぴりっとしそうです。
1

2004/8/28

大発生!  (その他の虫)

あの照明の中が!
クリックすると元のサイズで表示します
ぎょぎょ!

実は、この夏大量に発生したのはカマドウマや蛾ではなく、ハサミムシだったのだ。
あまりによくみるからこれまでは(虫ダケニ)無視していたのだが、これをみてさすがにシャッター切りました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ