2006/8/12

没落ブルボン家  

足が八 足が八
足が八なら 命は四!
(ザ・ハイロウズ「スパイダーホップ」より)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

よく、「家に蜘蛛の巣がはる」という言葉がある。
その家が落ちぶれたとか、廃墟のようになったことを示す。慣用句的な用いられ方をする。

それがこんなに堂々と!
三枚目の写真、鏡のひび割れじゃないですからね!

毎朝、顔洗う場所です。トイレから出て、手を洗うところ!
たしかにこの洗面台近辺が蛾やアシナガグモの格好のスポットであることは、ムシバマニアの皆さんもすでにご存知でしょう。

蜘蛛はそういったところをきちんと狙ってくる、厳しくも理にかなった、野生の営みを垣間見ました。

野生の営みというのが「笑うところ」です。
なめられてる!

しかし家人には大ウケで、ニコニコ店番組に「蜘蛛クン」などと呼ばれて携帯カメラで撮られたりする人気モノ(立つレッサーパンダみたいに)に。なんでだ!

全員、彼に遠慮して台所で手洗い洗顔をすませて就寝したのだが、翌朝には「撤収」していました。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ