2021/9/29

取り入れたいか?  

クリックすると元のサイズで表示します

またナナフシ。
違う日にとったものの、前と違うナナフシなのか、前のと同じかは分からない。
同じとみなして省くべきかもしれないが、ナナフシで語り忘れがあった。



人間椅子のベースの鈴木研一さんといえば超絶技巧のベーシストであるが、「面白い動きの」ベーシストでもある。顔(の表情の変化)も動きも面白い。

その、ある動き方が、ナナフシの動きを取り入れたのらしいことが最近(なにかのインタビューで)わかった。

https://youtu.be/3l8sNAWwa-8

道にいるナナフシをつかもうとすると、足を大きく動かしていやがるのらしい。
「それ」を取り入れたのだ、と。

なんで? と思う。
ロックって奥が深いな。


山のナナフシは元気がないから、こんな動きをみせたことがない。
(こんなブログをやっておいてなんだが)虫が苦手なので、触らないですむなら触らずにいたいと思ってあらかたやり過ごしているので、ナナフシも「自然に出ていくのを待っており」だから、嫌がる動きをみたことがない。

来年はぜひ、ナナフシをみつけたらつかんでみたい。


ところで、先のyoutubeのリンクだが、鈴木さんがナナフシの動きをするのは中盤の一瞬なので、「何分あたり」と書くべきなんだが、そこだけでなく全部みてほしいので、最近流行りの「推しを啓蒙」する意味で不親切に書かないでおきます。まずは「全部」みてください。
鈴木さんだけでなくギターの和嶋さんの挙動もおかしい。
最後「電車が暴走する」のを演奏で再現するところも聞きどころです。
(しかし啓蒙するまでもなく、今や1000万回再生アーティストとは感慨深い)。





【トクホウ】
公開句会イベント「東京マッハ」が単行本になります。
年内刊行予定!
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ