2020/9/16

カップの外の虫リーズ  

クリックすると元のサイズで表示します
初期ムシバムで「カップの中の虫リーズ」というのが人気だった。

紅茶カップの体だがマグカップよりも大きい、縮尺のおかしなカップがこの山小屋の定番で、今なお現役。
この中によく虫が入るんである。

今回は中でなく、脇に蛾。
それで、このカップの側面を初めて(?)披露することができた。


下は電気スタンドの台座。グレムズベッド(去年あたり登場)の脇だな。

右下の百円ライターは子供の誤着火防止策がとられた以後のものだな。
このライターで比較することで、カップの大きさが知れよう。
蛾は(大小あるから)比較の例にならない。




ヤスローのスマホの買い替えに付き添うので今日のゾクホウはおやすみです。
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ