2020/8/14

ムシジャナイバムにチュー意  

ムシバムに似た、#ムシジャナイバム などというインスタグラムがあるようですが、ムシバムではないので皆さんお気をつけください。

……ムシジャナイバムの「いいね!」の数を思えば、こっちは400くらいいいねがついていいんだがなあ。


クリックすると元のサイズで表示します
まあ、毎夏、執筆をするわけである。
今年は、九月発売の新刊の、最後の加筆をすべく、ゲラに赤ペンを走らせる。
バーリバリ、バーリバリ(ゲラを直す音)!

……しかし、ナンカコー、感触がムニャっとしてるな、赤ペンの。と、よくみたら。

ボールペンのゴム部分がネズミに齧られてる!(写真右)
ファミコンのセレクトボタンや、テレビリモコンの電源も齧られてたが、ネズミの歯に心地よい硬さが、だんだん分かってきたぞ。


これもまあ #ムシジャナイバム だが、あっちじゃないな、これはムシバムだな、という脳内差配がありました。


※トクホン※

ではない、トクホウ!
ネズミの妨害ものともせず、新刊小説『今も未来も変わらない』は九月下旬、中央公論新社より刊行予定!

前作『私に付け足されるもの』から一年九ヶ月ぶり。
デビュー以後「常に小説の刊行を二年空けない」という自分内ルールを今回もなんとか(ヨロヨロ)守りました。
(過去最大に空いたのは『問いのない答え』『愛のようだ』の一年十一か月。版元が帯に「二年ぶりの新刊」と書きそうになったのを「一年十一か月だ、二年ではない!」と止めた。……この話、ここにもう書いたか?)。


虫のついでにこちらで新刊の続報も出します。
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ