2020/8/31

コバム  

クリックすると元のサイズで表示します
元祖天才バカボンをみる三歳になった娘、を紙袋の上でみつめる虻。
(虻ではなく娘が)持ってるのは子供用の便座。
トイレトレーニングほとんどできてません。










※ゾクホウ?※
長嶋有第8長編『今も未来も変わらない』中央公論新社より9月下旬発売予定。



と、今作を「第8長編」として紹介しているが、自作における「長編」の定義が、自分でもだんだん分からなくなってきた。

ミュージシャンの履歴でも、「このミニアルバムは正式なアルバムとカウントするのか」とか「ベスト盤はどうする」とか、悩んだりするだろう。

読者諸兄で、そういうことを気にするナガシマニアがいるか分からないが、自分が一番自分のマニアなので、ここらで整理しておきたい。

まず『パラレル』『ぼくは落ち着きがない』『ねたあとに』『問いのない答え』『愛のようだ』『三の隣は五号室』『もう生まれたくない』の七作がこれまでの「長編」(のつもり)。

『祝福』『私に付け足されるもの』が「短編集」。

『猛スピードで母は』『タンノイのエジンバラ』『泣かない女はいない』『エロマンガ島の三人』は、複数の異なる作品収録で、短編と呼ぶには長い(原稿用紙80枚以上くらいの)作品も含んでいるので、なんだろう、「作品集」。

そして『ジャージの二人』『夕子ちゃんの近道』『佐渡の三人』の三作は、一冊を通して一つの筋だが「長編」としていない。
一応、独立した作品としても各編を読めるこれらは「連作集」というつもり。
……「ジャージの三人」とか「旅人」とか、独立して読めるかなあ、と思わないでもないが。


もう一つ。各話ごと独立していても「定期連載」作品は長編、不定期連載は連作集というつもりでもいた。
……だが『問いのない答え』は不定期連載なのに「長編」だ。

不定期連載はなるべく、独立した作品としても読めるようにという意識でいたのを、このころから諦めたのだな(でも、これの最初の四話くらいと『ぼくは落ち着きがない』や『三の隣は五号室』のいくつかは、独立して読めなくもない、とも思う)。


また『愛のようだ』は二百枚くらいで、「長」編か? と思う。『夕子ちゃんの近道』の方が長い。

(そもそも海外文学なんかの尺の基準からすれば、上の写真左の赤い表紙の一群『人間喜劇(バルザック)』とかが「長編」。短くても『罪と罰』くらいはないと長編と呼ばない気がする。してみると長嶋作品に「長編」なんて一つもないということになろう。ギリギリ『ねたあとに』か)。

かつては版元が「長編」と呼びたい、というのもあったが、最近はあまりオビにも銘打たない。逆に「長いと売れない」とか言われる。『愛のようだ』も『もう生まれたくない』もオビには長編と銘打ってない)。
なので「第8長編!」とか力んでみても誰も別に沸いてない感じもある。

……聖飢魔IIは自身のアルバムを、アルバムでなく「大教典」と呼んでいて「3rdアルバム発売」とかでなく「第3大教典発布」とかいう。

それが無駄な迫力で、自分にも受け継がれているのかもしれない。


まあ、いいや。
なんでもとにかく楽しんでください。

定期連載で、原稿用紙三百枚以上の『今も未来も変わらない』は「長編」ってことで一つよろしくお願いします。発布!
11

2020/8/28

体長考  

クリックすると元のサイズで表示します
一本だけ肢(触角?)が長いアシナガグモ的なやつ。
これと、少し前に登場したアシナガグモとは、同一人物ではないと思うが、確信がない。

こういうのを「測る」と、体長10センチということになる。

「どこそこの浜で体長18メートルのダイオウイカが打ち上げられました」とかいうニュースで、ウソーンと思って映像を待つと、あれ、ちっちゃ! と拍子抜けすることがある(イカの一番長い足で測るので)。
「体長」って事実だが実体を言わないよね。という話。

でもシャチが体長8メートルと聞いて、みたら本当にドーンと大きいから困る。

彼は、どっちが「前」なんだろうなあ。
11

2020/8/27

今も昔も分からない  

ムシバム初登場(多分)。玄関脇。
クリックすると元のサイズで表示します
カリオストロ家に代々伝わるゴート靴べら。

……なんか、無駄に意匠があったよね。少し昔のものって。
(骨董的価値が生じるより後の時代のもので、骨董風にみせかけたものが多い気がする。ウォーホル的なデザイン以降、デザイン全体がそういう「意匠」から離れるというか)。

この靴べらに骨董的価値がある(前世紀の)ものなのか、それほどでもないのか、絶妙に分からないな。
ヴィクトリア朝時代の映画とかみてて、靴べら使う場面とか、あまりみたことないが。

山でも靴べら使ったことない。


クリックすると元のサイズで表示します
その左下に、これはなんだろう。蜘蛛に捕らわれた虫の残骸?
これもなんにも分からない。

安定の、なんにも分からないブログだ。










※ゾクホウ※
長嶋有第17作品集『今も未来も変わらない』9月下旬刊行予定。

装丁の佐々木暁さんが、打ち合わせ前に五分で作った装丁案、その3!
クリックすると元のサイズで表示します
五分で作りました。


もともとの、婦人公論連載時の題名が『歌を友に/レジャーをともに』だった。

「文学的でない」事項「だけ」で小説を書くシリーズです。


そんなシリーズあるのか、とお思いの方もいるでしょうが、『ねたあとに』の「ただ遊んでるとき」や、『もう生まれたくない』のゴシップ(的訃報)に思いを致す時間など「だけ」で書くシリーズ。「だけ」がポイント。徹底させる。

ゴシップや遊びは、文学の俎上に載らない。ゴシップ的な興味は特に、反文学的なものと思われている。ワイドショーなんかみてないで本読め、という考え方がある。
ワイドショーに興味をもつ気持ちは文学にならないか。

(それでも『もう生まれたくない』は「訃報=死」中心になって、つまりブンガクに寄ってしまってはいる。当初は離婚とか失言なども織り交ぜる構想だった)。


人がレジャーやカラオケしてるときの思考も、文学にきちんと描かれない。そこ「だけ」で書こうというコンセプトが連載時の題名に出ていて、この表紙案は素直に汲んでくれたものです。
(やはり、構想ほどレジャーを描けなかったのが、題名変更の一つの理由。もっとこう「いちご狩り」とか「川下り」とか、心無い取材をしてみたかった)。
9

2020/8/26

越し  

残暑お見舞い申し上げます。


クリックすると元のサイズで表示します
レースのカーテン越しの虫。


クリックすると元のサイズで表示します
越しにテラスの柵と、干されたぞうきん(ロープがたわんでいる)。
その奥は森。


クリックすると元のサイズで表示します
外からみるとこう。
カーテンの、一番右端だけ、レールのフックに「止まってない」んだと思う。
「いずれ直す」と思って、そのままのところってあるよね(家に)。
8

2020/8/25

寿、限り無しと書いて  

クリックすると元のサイズで表示します
スズキコージさんの絵もおなじみの洗面台。

クリックすると元のサイズで表示します
洗面台脇の棚に置かれた、五右衛門風呂の排水溝に置いて髪の毛とかキャッチするやつ、にアシナガグモ。
……かなり年期の入った排水溝に置いて髪の毛とかキャッチするやつだなあ。

これが洗面台の脇にあるということは、買い替えたのかしら。排水溝に置いて髪の毛とかキャッチするやつを。

五右衛門風呂の、風呂釜は何度かムシバムでもおみせしたが、体とか洗うスペースのスノコの写真はあまりないかも。それをめくる(よける)と、排水溝があるわけである。

……このスノコの老朽化が目下、我が家の課題でしてね。
映ったら語ります(スノコ部分がムシバムに映らないのは、なにせ水が流れる場所だから、虫がしっかりと居続けにくいんだろうな。


ところで、この棚(の、排水溝に置いて髪の毛とかキャッチするやつのあたり)には、スースーするチューブ入り洗顔料が長年置かれていたとご記憶の方もおおいだろうが、なんとなく汚れてたので触りたくなくて放置していたのだが、意を決して今年、ついに手に取って、洗いました(チューブを)。

使ってみたら、中身は使えたよ。
6

2020/8/24

テーブルマナー  

ムシバム2020、今年はコロナだし短めに、とか書いたが、潤沢だ……。


クリックすると元のサイズで表示します
ナイフとフォークとカミキリムシですが、外側に置かれたものから順に使います。

(カステラを食べ終えてシンクに置かれたところ)。

山のカップとソーサー。ムシバムにはやたら大きいのが登場します(『ねたあとに』にも描写された)が、小ぶりのソーサーとカップもあります。

白いカップはソーサーとはまた別の、デロンギの業務用です(どこが業務用かというと、横から映ったときに説明します)。
……カップとソーサーを揃えて使う気はとうにない。







※ゾクホウ※
9月下旬刊行予定長嶋有第17作品集『今も未来も変わらない』装丁は佐々木暁さんで、表紙画は連載時と同じ、丹羽庭さんの描きおろしです!

丹羽さんの「トクサツガガガ」の騒がしいムードをなんとなく念頭において書いた小説なので、表紙にもピッタリ。お楽しみに。
8

2020/8/21

定番だが久々  

クリックすると元のサイズで表示します
まな板に、定番のアシナガグモ。
右下ネスカフェの大瓶に入っているのは、塩。


クリックすると元のサイズで表示します
たまにはアップを。
まな板もけっこう使ってます。


……このオレンジ色っぽい胴体の「これ」を「アシナガグモ」と長年、ここでは呼んでますが、厳密には違うのかもしれません。


※ゾクホウ※
は、おやすみ。
8

2020/8/20

便利な褒め方付き  

クリックすると元のサイズで表示します
夜の山荘。
昨年紹介した船の画の横に蛾。

何度か登場の鳩時計は今年も動いてます。

鳩時計の鎖は重し盆の月 有

「普通、鳩時計で重いのは重りなのだが、鎖の重みをみてとったところが非凡」と褒めます。







※ゾクホウ※
長嶋有、第17作品集『今も未来も変わらない』9月下旬、中央公論新社より刊行予定。
佐々木暁さんが打ち合わせ前に5分で作ったという装丁案その2がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します
(注・5分で作成)

……なんかね。これは「いいんじゃないの?」と思いました。
題名にも見合っていて、こっちの題名で行くか、と思えた。

言うまでもないが、作中に出てくるわけですよ。「ロボコップ」や「キャッツアイ」が(なにも出て来ないのにあてがってたら佐々木さんおかしい)。
さてさて、どうなるか。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ