2014/8/16

割れ方  

何年か前、「女の子部屋」の画像を載せたことがある。

そこの出窓で、不思議な割れ方をしていた瓶のことを覚えておいでか。
これまでの全ムシバムの中でも個人的に印象深いカットなのだが、今年はそれが書生部屋で発生。

クリックすると元のサイズで表示します
09年の改築で、僕は書生部屋での寝泊まりをやめ、元「仏壇の部屋」であるところの通称ゲーム部屋で寝起きしているので、書生部屋でのムシバム写真もほとんどなくなっていたのだが。

書生部屋は、角に面したL字すべての面が出窓状になっている。
そこに出してあった瓶が知らぬうちに割れていたわけだが、前回のと違って今回はヒントとして、水の濡れた痕が木に残っている。

花瓶に用いていた瓶に、残っていた水が寒さで凍って割れたのだろう。水は蒸発して「割れ」だけが残った。
入り口あたりに花弁ではなく、蛾の羽根が張り付いてます。

理屈が分かってもなお不思議で、その「割れ方」を尊く思ってしまう。

雪の結晶が普段はみえないけどすべて必ず結晶で、みられればいつでも感動できる(でも普段はみないからいちいち感動しない)ことに、氷の膨張で割れた瓶の割れ方が、なんだか似てる。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ