2013/7/31

ある夜の話  

もう表題で「虫写真注意」って言わなくていいんだった……。

台所の三角コーナーから出られなくなっていたクワガタのメスを救出。

ムシバムファンにはもちろんおなじみ鉄製テーブル上で死んだふりの一枚。
クリックすると元のサイズで表示します
(Q撮影)

大きさ比較の電池もそばにあって、鉄の天板のムードも撮れたしヨカッタヨカッタと思ってたが、夜中にコーヒー呑もうと台所に立った際、思い切り踏んでしまった。

死んでたのではなく、死んだ「ふり」なんだし、あの後もずっとテーブルにいる、わけない。
それは道理なのだが、なんかこう、数式に穴があったみたいな気持ちにまずなった。

……救出は意図してのことで、踏んだのは故意ではないから、カンダタ的にはまったく大丈夫、と次に思い、
それでも、スマン、スマン!と夜中に声は漏れた。
6

2013/7/30

【虫写真注意】ムシバム史上最小蛾  

ツイッターと連動しなくなって、明らかにアクセス数は減った。
がしかし、むしろ悠々自適というか、楽な気持ちもある。

今みてくれている、あなたこそが、にわかではない真のファンだ!
(↑ウ、ウン←言われた側)
ともにムシバム道を歩もうぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
単に極小の虫なら、キーボードの端の豆粒みたいな虫などもあったが、蛾ではこれが最小では?
(Q撮影)
小さくてもデルタ翼。ちゃんと蛾してます。

おりしも「ヨナグニサン(日本最大蛾)みたヨーという沖縄在住友人のツイートをみたのと同日に」と添え書きもしておこうかな。
8

2013/7/29

【虫写真注意】ムシバム史上最長題名  

11年も撮ってきて、さすがにマンネリではあります。
が、それでもこのムシバムで、まだあまり撮影されていない場所があります。

その一つが五右衛門風呂の焚き場です!
小説「ねたあとに」では、焚き場に飛び込んできたかぶと虫を、ヤツオが放ってくれる場面がありましたが、つまり小説においても、焚き場自体はカメラの入ることのない場所だったわけです。

今や増改築を経て、昔のボロさをたたえる数少ないスポットの一つになりました。

シャワー導入後も、薪で焚く設備もそのままで、それでたまには焚いていたのですが、今年は初めて僕も風呂焚きに挑戦しました。
(後述するが、水道管破損などの事故のせいもあり)。


火は上を熱するものなので、焚き場は必然、風呂よりも位置が下になります。

クリックすると元のサイズで表示します
「焚き場入り口から見下ろせる焚き場で風呂に薪を足すヤスローと、入り口脇の乾燥機(使用不可)脇を歩くカミキリムシ」です。
虫とヤスロー(人間)の高低差を味わってほしい(Qのマニュアル撮影にも挑戦)。

これまで当ブログで焚き場の虫写真が少なかった理由は、僕が風呂焚きをしてなかったことのほかに、焚き場は煙がたちこめるので虫が長居しない、というのもあります。

焚き口そのものもみせたいが、またチャンス(か、または「風呂焚き場に虫のいる写真みたいです!」という熱心なリクエストなど)があればぜひ挑戦したいと思います。
5

2013/7/28

【虫写真注意】モス・モブ  

これも六月の、魚眼レンズでの撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
裏口の明かりに群がる蛾。

一枚の写真にここまでたくさんの虫が写ったのはムシバムでも初めて、かも。
魚眼レンズの醍醐味がうまく出せないと思いつつ、狭い空間を広く撮るのに向いているのかもしれない。
大量の蛾ファンの皆さん、一匹でも多く写っていてほしいという向きはご期待ください。

いや多分もう撮らない感じまんまん。
6

2013/7/27

【虫写真注意】ファミコンカラー  

実は五月六月にもちょこちょこ山にきてました。

これは六月滞在時の一枚。
クリックすると元のサイズで表示します
なんと美しいえんじ色のカミキリ。
(美しい色をあらわす語彙がド貧困)。

ペンタックスQだけど、超魚眼レンズでの撮影は初かな。


ツイッターに連動されなくなっている一方、画像サイズが2メガとかでも受け入れてくれるようになっていたり、ブログの仕様変更に驚くのも、年中更新しているわけではないムシバムならでは。
誰も嬉しくない「ならでは」だな。
7

2013/7/19

【虫写真注意】11年目!  

※昨年募集した、10周年記念の発表、遅れててすみません!
なんとか今年中にやりますので気長にお待ちください。


クリックすると元のサイズで表示します
ということで11年目のムシバムです。

おなじみタンノイのエジンバラに擬態? している蛾。
(なぜか画像が90度傾いてしまうので、首を傾けてお楽しみください)

スピーカーネットの丸い模様は元からではなく、長年の使用で(たぶん磁力のせいで)埃がだんだんスピーカーのところにだけ集まった結果のようです。


床をはりかえたせいか、少し虫が減りました。
今年はあまりやっきにならず、緩慢な更新でいくつもりですが、コメントなどはとても嬉しいので、どうぞよろしくお願いします。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ