2012/9/14

【虫写真注意】なごり惜し虫  

目下ゼッサン床の張り替え中。
今日も今日とて大工さんが一人、早朝からやってきて作業してくれてます。

……床は一人でできるんだな。
工事の規模(面積や、必要な建材の量)は屋根とかと変わらないはずなのに、いっしゅん不思議。

重いものがないにしても。
長ーい建材とか板とか、「そっちのほう持ってー」みたいな「そっち」の人が必要だったりしそうなものだが。
ある程度高いところに持ち上げるとか細い足場の作業でない限り、一人で出来るんだな。今日の発見。
(最後、尻上がりに「ときメモgirl`s side」の葉月君風に)。

その床がはり変わる前、陰気な絨毯ばりだった最後の時代を謳歌したマダラカマドウマがいた。
クリックすると元のサイズで表示します

虫って、違う個体でも同じ動作をするものだが、こいつだけすごいはしゃいでて、ものすごい敏捷だった。
床の意味ありげな「箱」には昔の麻雀牌がおさめられてます。由緒ありげだが、ガン牌できまくり。

クリックすると元のサイズで表示します
みよ、この伸び足!
最初、蛙とみまごう動きで我々を驚かせました。なんだったんだ、一匹だけみせたあの元気は。
4

2012/9/13

【虫写真注意】裏から表から  

電球の光だとか、樹肌の樹液に虫が集まる。
そのとき、集まる虫に大小ある。
小ばかりとか、大ばかりでない。
なんか、そういう風になってる(気がする)。
それが「自然」という。

だから「大」一匹だと不自然にみえる。
クリックすると元のサイズで表示します
羽根が透けて怖格好いい感じになった。


クリックすると元のサイズで表示します
反対から撮影。もしもし半分みえてますよ。(2枚ともQ撮影)
室内物干竿も、一眼レフだと無駄に影にのびている感じが出てるな。
ただの竿なんだけど。

ところでQの画像が、軽めで撮影しても1メガどころか2メガ超えることもザラ。
このブログは一枚の画像が一メガまで。

で、iphoneもこないだ4Sにしたら画素数あがって、撮る画像によっては1メガオーバーするように。

そんなわけで、紹介できない画像が頻出しております。
床の変遷とかみせたいのだが。

一メガ制限のあるブログなんてここくらいか。
6

2012/9/12

【虫写真注意】タミヤーズ  

今以上〜それ以上〜ワインレッドの〜(一部略)でおなじみのワインレッドの冷蔵庫と、
モルフェス!(←「オスカル!」風に)でおなじみのモルフェスの狭間のスペースは電子レンジ置き場である。

……と書き出したが、09年の改築後のうちの台所のシンクが「モルフェス」という名前であることはすでに紹介してたよね? 絶対してる、してそう。そういうネタ大好きだから(俺が)。

ということで、皆熱心な読者だから当たり前に通用する言葉とみなし、改めていうが、ワインレッドの冷蔵庫とモルフェスの狭間は電子レンジ置き場だ。

その電子レンジの上方に神棚風のものが据えられている。
これはタミヤの神棚だ。

クリックすると元のサイズで表示します
プラモデルではない、木工シリーズの一つ。
田宮の木工シリーズは、夏休みの工作の宿題用なのか。
工作だけでなく、当時出てきた電子センサーを学ぼうという主旨もあったんだと思う。
これは音センサーで、神棚の前で柏手を叩くと、モーターが動き扉が開いて、中から神様が出てくるのである。

柏手じゃなくても動き出してうるさいので、すぐに電池は取り払われてしまったが、うちの神はモーター仕掛けっていいよねなんか。
今はなんだか知らない鳥の置物が「なんか似合う」くらいの理由(たぶん)で置かれてます。

の、脇にはいよるアシナガグモ。
気温が下がって虫が減っていってもしぶとく残る組の一。


横のタオル掛けのタオル「松田組」は、これがやたらある。

数年前に父が乗ってたワゴンも松田組の払い下げ?かなんかで、ガムテープで松田組のところをかくして乗ってて怪しかった。
(沢田組という名前になって「サイドカーに犬」に使われたが、子供時代の実の父が乗ってたのは黄色のベレットです)。

なんで松田組をテープで隠したか、だけで一ネタあるんだった、忘れてた。
6

2012/9/11

【虫写真注意】トレマーズ  

人望少なく、トボトボと一人寂しく戻ってきた山小屋。

クリックすると元のサイズで表示します

ふーやれやれ荷物を置こうかな……って床がなくなってる!

いつもファミコンをしたり、麻雀をしたり、ファミコンをしたり、麻雀をしていた、陰気なあの居間の床が!
真夏にコタツ、も取り払われて。

いや、まあ床をはりかえるんですけどね。
去年から今年にかけて屋根の雨漏りを直して、今年は床を直すわけですが、順番がおかしいという以前に「なぜ全部建て替えない」という疑問がわくものらしい。普通の業者は。

だが、我が家には祖母の代からおかかえの大工さんがいる(「古道具ニコニコ堂です」「ニコニコ通信」などでも祖母の無理難題をかなえてきた人)。
通称「つじつまあわせのAさん」がな!
(注・通称というが、うちでだけ呼んでいる名です)


クリックすると元のサイズで表示します
これは少し前の麻雀中のショット。

クリックすると元のサイズで表示します
親指にすがる虫だけじゃなく、麻雀疲れもバッチリ撮れてますね。
(2枚Q撮影。上のはiphone)

今回の工事で(麻雀のために)床のはりかえのついでに、ホリゴタツにするのです。
来年は「真夏にホリゴタツ」!
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ