2012/7/31

【虫写真注意】無題  

今年は毛虫の目撃が多い。
その成虫である蛾は毎年多い(多かった)が、毛虫をたくさんみかけたわけではない。

今年後半の異様な繁殖を示唆しているということか。
ヤッター、ウェーン(泣)。

クリックすると元のサイズで表示します
これも初撮影?
家の外の水道の蛇口のホースにとまった毛虫。蛇口のホースは青だが、これも今のデフォルトとは違うのだろうか?
(ガスのホースはいつのまにかオレンジが「古い」になってるように)

もっと水道メインで写した一枚もあったのだが、Qで撮影すると、サイズが1メガ超えてブログ側で読み込めないって言われた。
ホースの色の「こっち側」でも「色」のない対応未対応が生じる。
6

2012/7/30

【虫写真注意】虫干しに混ざる虫  

ツイッターで、前回のてんとう虫はニジュウヤホシではなくナミテントウではないか、と指摘を受けました。

そうかもしれない。
僕の子供のころの昆虫図鑑にはテントウムシ、ナナホシテントウ、ニジュウヤホシテントウしか記載がなかった(気がする)。
それで、ナナホシでも普通でもないからニジュウヤホシだ、と思ってしまったのだ。
ニジュウヤホシは本当に斑点が細かいから、そんなはずないな、とも思っていたのだが。

ムシバムルールの「調べようとしない」で、そう書いてしまったのだが、「教わってはいけない」というルールもない。
ありがたく訂正しておきますね。
「この虫は○○では?」という指摘も十年目にしてたぶん初!(皆さん過去の写真でも、どんどん教えてください)。

ではお待ちかね!虫写真ダヨ!
クリックすると元のサイズで表示します
外のテラスにやってきた、巨大カミキリ(多分)。最初カブトムシのメスかと思った。
蚊取り線香の台座や洗濯バサミと比べても、なんともごりっぱ!

下のテーブルは、昨年の「それはなんでしょうust」で活躍した、軍人将棋中継用の盤面が描かれたものです。

クリックすると元のサイズで表示します
小物入れごと虫干しをしてたのか。カミキリが「物っぽさ」から抜け出そうとしているようにみえます(二枚ともQ撮影)。


「カオ(用)サイコロ」とあるのは、我が家での遊び「顔」のサイコロがなくならないように入れる専用ケース。
テーブルの奥にあるのは、晴れた日に庭に出してくつろぐデッキチェア。
このへんの燃えるゴミ袋は黄色いのです。
そして右下はヤスロー。

小物入れの横に四つ並んでいるのは、マッチ。
蚊取り線香をつけようとすったマッチが軒並み惨敗。しけててつかない。
実は少し前の一人滞在時の来客時に蚊取り線香をつけられず、捨てそうになってやめたマッチだ。
捨てなかったのは(つかないマッチでも、外箱に価値があるかもしれないしな)という理由だったのだが。

だが、つかないマッチに気づくなり「干そう!」とヤスロー。
ま、まさか全部出して横並びで、下にほそーーーーーい枕木そえて!?

実際には上図のように半開き干しでした。

干したところ、どうなったか。
なんと、火はついた!
しかしすぐに消えてしまった。

どうやら先の火薬だけが乾いて、軸がまだしけっているらしい。
「今度は逆向きに干そう」とヤスロー。

うまくいくかな。
(蚊取り線香はガスコンロの火でつけました)。
7

2012/7/29

【虫写真注意】あなたーと私が虫の国(追記あり)  

先日のワインレッドの冷蔵庫にとまった蛾について
「蛾がよくみえません」と苦情コメントをいただきました。
10年やってきて、そんな(虫をよくみたい的な)コメントをもらったの初めてだ!

ありがとうございます!
いや、ありがとうじゃない、ドウモスミマセンだ。

「カマドウマ死体写真」の方が「Sさん写真」より拍手数が上だし、案外、虫写真好きが多くみているのかもしれないな、と(変な方向に)勇気づけられつつ。

……ところで、まるで関係ないが、前回の題名に引用した安全地帯の「ワインレッドの心」のサビ。
「今以上これ以上」の後「ワインレッドの〜」と続けてしまうと、後が続かなくなる。だが、間になんて歌ってるんだかいつも思い出せず、そうしてしまいます。

さて、今回は皆ヨロコベ、10年目の初物だぞ!
てんとう虫の写真は前にもあったが、ニジュウヤホシテントウは初。

クリックすると元のサイズで表示します
ちっちゃ!そりゃそうだ、てんとう虫なんだもの。
右下はワイン冷ッド蔵庫、右上は初めて写るか分からないが、ブレーカー。
冷蔵庫の上にあるのは使わずに置いてある電気のかさ(さかさ)。冷蔵庫の上って(山の上、都会に関わらず)捨てる捨てないの保留ゾーンになるよね。うちだけ?

クリックすると元のサイズで表示します
(撮影はともにQ、まだ慣れず)。

壁の溝をすすむニジュウヤホシ。溝が、小さな虫の道としてあるかのようだ。
ワインレッドの心からてんとう虫のサンバへ、うれしいヒットメドレーとなりました。
……うれしいか?

(追記:ニジュウヤホシテントウでなくナミテントウでは?と指摘あり。多分そっちです!)
6

2012/7/27

【虫写真注意】今以上これ以上  

前から撮りたかったものの一つに冷蔵庫がある。
クリックすると元のサイズで表示します
80年代末?の、ある時代にしか絶対にあり得ない、ワインレッド色の冷蔵庫、の腹に蛾。

クリックすると元のサイズで表示します
「スリム」であることがウリだ。

クリックすると元のサイズで表示します
蛾がエンブレムのよう。でもないか(三枚ともQ撮影)。冷蔵庫画像は前にもあったかもしれないが、画質アップでやっと、云々していい気になった。

洗濯機はある時代、imacの影響で蓋が半透明の変な色になったが、冷蔵庫はその後、穏当な配色が続いている気がする。
もう買えないこの色は「素敵さ」ではなく「暗さ」がこの家にはからずも似合っている。
5

2012/7/24

【虫写真注意】水平リーベ僕の虫  

先日の「垂直の三人」ですが、三匹ではなく二匹のうち一匹を二回とってる疑惑が。
誰に指摘されたのでもなく、自分で思ったのだが。
クレームないからいいや。

クリックすると元のサイズで表示します
垂直の次は水平にとまる蛾(三枚ともQ撮影)。
垂直にとまってるのを写真を90度回転させてんじゃないのー?と疑いの向きがおありかもしれないので(iruka?)、ドアノブまでなんとか画角に納めてみました。
小さい蛾だけど、横のデスクライトの影が、真横にのびてるのが分かるでしょうか。

この細い扉が映るのは初ではないが、Qのせいで「よく」みえる(と思ってるの俺だけか)。

クリックすると元のサイズで表示します
どこまでマクロで映せるかやってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
上手に撮れた、と思ったら水平じゃなくなった。ンモー(←ささやかなンモー)。


(ところで「上手に撮ろうと無理しない」というルールがありますが「上手に撮らない」ではないので、無理ない範囲で上手に撮ろうとしてよいのです)。
(「奇麗な虫を探さない」ルールを「奇麗な虫は撮らない」だと勘違いしている人も、まだ多いみたいなので、ときどき訂正していきます)。
5

2012/7/23

【虫写真注意】不人気in不人気  

浅間噴火の年に大発生したハサミムシもすっかりおとなしく。
(簡単に決めつけられることではないが、あの大発生は噴火と因果関係があったように思えてしまう。尋常ではない量だったから)。

影薄いなーと思っていたが、久々にちょこちょこと現れるように。
クリックすると元のサイズで表示します
図らずも、人気の(ない)「紅茶カップの中の虫リーズ」になった。

クリックすると元のサイズで表示します
インシタンスコースーの飲み残しで軌跡を描くハサミムシ(ともにQで撮影)。
紅茶カップの中の虫リーズファンにはたまらない瞬間ですね。

通常サイズの紅茶カップも導入されて、昨年あたり撮影もされているのだが、二個並べての比較はしたい。
その二個それぞれに虫が入った状態ならもう、ファンは失禁しちゃうだろう!
9

2012/7/22

【虫写真注意】晴れと毛  

玄関前の木の葉っぱに毛虫。

クリックすると元のサイズで表示します
ペンタックスQで撮影。
この日は雲一つない晴れで、この毛虫も気持ち良さそうでした。

蝶の写真が滅多にとれず、撮れるは蛾ばかりというのがムシバムでは定石だが、幼虫においても同じ。
イモムシではなくてこっちなのな。
3

2012/7/21

【猫写真注意】麦小舎さん  

ムシバム小屋から徒歩三十分強歩くと、成層圏を抜けてムシバムから逃れることができる。

クリックすると元のサイズで表示します
「ムシバム5周年トークイベント」でお世話になった麦小舎さんにきたよ。

なにしに? もちろん、素敵な本をプレゼントしに(猫にではなく)。

クリックすると元のサイズで表示します
「フキンシンちゃん」「長嶋有漫画化計画」を手に嬉しくてたまらないという表情の店主(yarase)。

クリックすると元のサイズで表示します
ムシバム10年なら麦小舎は6周年、新たなスペースが増築されてました。
昔からあるみたいななにげなさ。古い窓枠の有効活用にも注目。


いや、このへんをぶらぶら歩けばそれだけで分かるのですが、この土地でブックカフェなんてものを「続ける」のは、大変なことです。やるのではなくて「続ける」のが大変。五年以上続けてるってのは、意志がなきゃ出来ない。


ムシバムは、ブログブームのときに「路上でみかけた犬猫の写真」をのっけたがる女性たちのブログのパロディとして始めたけど、もう見回すと「ブログやってる人」がいない。
「なーんだ(やらなくなるんじゃん)」と思う(僕も、同人誌の次が出せなくなったりで、なんでも「続け」ることが出来ているわけではないから、威張れることではない。でもだからこそ「続けることができている」ムシバムを大事に思っている。誰に褒められなくても関係なく、勝手に思ってる。皆、やめちゃうけど、続けてる、と)。

麦小舎のお二人は「週末だけのカフェなんで」と謙遜するけど、その判断もまた、「夏限定」で10年ムシバム続けてることと、勝手に親和性を感じる。
(プロっぽくみせたさに平日も頑張っちゃうと「続かなく」なるかもしれない、「続く」方が、より「プロ」の判断だ)。

クリックすると元のサイズで表示します
落ち着いたムードの店内には読みたい本がいっぱい(の中に、変な本の面出しを強要)。

みうらじゅんさんは、「どんなことでも、二十年続けられたら偉い」と言ってた。
お互いに辺鄙な土地にふさわしい頑固さで静かに頑張りましょう。


北軽井沢にお越しの方はぜひ麦小舎に足を運んでみて下さい(Sさんも絶賛!(レタスが肉並みの御馳走だ、と)のハンバーガーがあるよ)。ここで「フキンシンちゃん」を読もう!

http://www.mugikoya.com/

クリックすると元のサイズで表示します

(今回も虫写真ではないが、ムシバムトークイベントで「ゆかり」がある店の訪問記だから、読者諸兄におかれても狭量なことは申されますまい)
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ