2011/9/26

【虫写真やや注意】そのためだけのそれ  

クリックすると元のサイズで表示します
トイレの窓脇に小さな棚があり、牛乳瓶がある。

数年前のムシバムで瓶に飾ってあった草花にハサミムシが、ハサミムシらしからぬ体でとまった写真をあげた。
(「*年のムシバムっスよね!」と、熱心な読者が教えてくれるのをまだ夢想)。

(関係ないが、僕は、「山の家に草花を飾る」ということに思い入れがまるでない。都心で暮らす人が、花屋で買ってきた花を飾るのより、もっと分からない。そこらに生えてるなら生えてるのをみればいいのに、と思っているので、ムシバムをさらに何十年もやったら、そのうちここから牛乳瓶がなくなるだろう)。

今回みてほしいのは、もちろん窓の外の蛾だけど、その次にみてほしいのは、そばにあるドライバーだ。
これは牛乳瓶と異なり、多分ずっと「ある」だろう。飾るものでもないのにだ。

このドライバーがなぜ「ここ」に「ある」のかというと、ウォシュレットをつないだ水道管をかしめている輪っかを外すためのものだ。
(「汲み取り」なのにウォシュレットなのである。増築時、そこは奢ったところ)

クリックすると元のサイズで表示します
このプラスチックみたいな「かしめ」を取るのに、ドライバー状の平たい棒が必要なのだった。
それ以外では、ドライバーは使わない。
だったら、使うときだけ取り出して、あとしまっておけばいい。

のだが。
なにしろ柱時計のねじを巻くため「だけ」に、「そこ」に脚立が「ある」家だ。

水道管をかしめている輪っかを外す「必要」は、年に二度しかない。
来たときと、帰るときだ。

だが、逆にいえば「絶対に」二度「ある」行いだ。
取り外し忘れると結露で管かタンクが破裂して「決定的に」壊れてしまう。

本来ドライバーや脚立は「汎用性のある」道具だが、「一種類に」使って悪いという法はない。

しかも使うときが「絶対に」あるのならば、「あれ、どこにしまったけドライバー?」などという、爪切りや鋏のようなイライラを生じさせる「必要がない」。

だから、ドライバーは「そこ」に「それ」用としてあるのだ。

それは、傍目には「横着」の具現かもしれない。

でも、もし、突発的に、なにか壊れた機械の裏蓋を開けなければいけなくなったとして、ああいうサイズのドライバーが必要だ、となったとき。

我々は「トイレの牛乳瓶の棚」から、「それ」を持ってきて、用事をなしおえ、
ちゃんと(*ちゃんと、に傍点!)「元の場所に」「片付ける」だろう!横着でなく。

最初から「そこにそれ用にある道具」というのも世にはたくさんある。風呂のかきまぜ棒とか、コンビーフの缶切りとかだ。

だが、それ専用ではないドライバーや脚立が、その場所や用にあわせて、そう「あっても」「いい」だろう、というヤスロー哲学を今回は語ってみたかった。

つまり「横着!」という考えには反駁したいし、さりとて「(考えが地味すぎて)気付かれずスルー」されることにも、「むしろここみてみて!」と言いたかった。


さて、今年のムシバムも終盤戦。まとめに入る頃合いです。

もともと「ムシバム」は俳句ページのコンテンツだったこともあり、終わり頃には俳句をよんでいたのだが、だんだんダレてきていた。
おととしあたりはなんと0句!で、去年すこし盛り返して3句だったか(ここで熱心なムシバム読者が……)。

だが今年は十句!
去年より更新数もなんとか上回り、十年前につないだ感あり!

その十句はしかも初めて、紙面掲載されます!


ユリイカ10月号俳句特集に連作「森の中の室内」掲載。
虫俳句といえば有名なあの鬼城の本句取りまでやってるぞ。
全ムシバミストはマストバイだ!
6

2011/9/9

【猫写真注意】軒のビスコンティ  

お向かいの別荘の、門灯が夜中に不意に点灯することがある。
泥棒対策で、都会でも人が近づくとセンサーで光る照明があるけど、この森の奥でそれ必要か? とか思ってたのだが。
(ホラー映画みてたら絶妙に怖い場面で窓越しに光って一同ぶるったことも)。

だが明らかに無人の森の中で、夜中に突然その門灯が光るというのは、それは動物が横切っていることの証拠だ。

キツネかな、タヌキかな、と思っていたのだが、
クリックすると元のサイズで表示します
どうもネコらしい。

半ノラ猫のよう。
うちの生ゴミをあさりにきたりしていたが、
こないだついに、「ただいる」ように。

虫も猫も人も「ただ」いるときがあるのな。

撮影はヤスロー。テラスの「テラス感のなさ」が夜の撮影でより浮き彫りになってます。

ところで、ムシバムに猫が写るのも初年度(か二年目)以来二度目のことかと。
昔登場した猫、イチゴは、ヤスロー家で老いたがなお健在とのこと。

虫写真原理主義の皆さんに、虫の写ってない、単独の猫写真など載せたこと深くお詫びします(「それじゃ普通のブログと一緒じゃないか!」とほうぼうから罵声が)。

……でも「かわいい猫写真」ではないのでお許しください。

ヤスローとアッコさんは今夏、山にきたての頃、「たまには精のつくものを」と気張ってステーキ肉を買って食べたらものすごい硬く、二人食べきれず、森の動物に、とテラスに出しておいたのだが、数日たっても誰も食べなかった。

では上に戻ってご鑑賞下さい。
ヤスローとアッコさんの食べたステーキを食べなかった猫。
3

2011/9/8

【虫写真注意】ニャームシ&ミューキーズ  

突然だが2011年版、山の人気ゲームランキング!
(ワーワードンドンパフパフー!)

1/新・四人打ち麻雀役満天国(→)
2/マッピー(↑)
3/忍者くん(new!)
4/影の伝説(↓)
5/王家の谷2エルギーザの封印(new!)

次点/ヘビーレイン

矢印マークは、「2010年のランクからの推移」です。
週間ランクじゃなく、山だといきなり「年間ランク」なのな。
不動の一位はゆるがず。
(……PS3あるのにベスト5に入らないのも「みどころ」だ)

今年、特に山で熱く流行したゲームは『マッピー』でした。
クリックすると元のサイズで表示します

漫画化計画デザイナーのwatakasuさんはマッピーが得意。
僕もゲームコラムニストの意地をみせるべく、ハイスコアを競い合う日々。
ここに映っているハイスコア12万点はwatakasuさんだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
それを横目にコタツを行くカマドウマ。
……虫が主人公のゲームって少ないよな。
「アースワームジム」くらいか。

(だが拙著「ゲームホニャララ」で唯一「傑作」と称賛したあのゲームで、カマドウマはとても重要なパーソンとして登場するのである!)


マッピー対決は最終的にボンコバ=18万、watakasu19万点。
負けて爽やかダルビッシュという結果になりました。
「スコアを競う」ってゲームにおいてまるで意味がなくなったけど、競おうと意識しはじめると熱いのね(初期の優れたゲームはそこもみて評価しないと)。


……大きなテレビの横にピンクのテレビがあることについても、言及すべきか。
最近のustで映ったかもしれないが、ファミコンの横にファミコンがあったりもする。

このことは、先の「柱時計のねじを巻くためだけの脚立が柱時計のすぐそばに常にある」ことと似ているのだが、ええと。
「壊れたときのための予備」です。

? ? ?

と思うかもしれないが、本当にそうなのだった。
壊れたら「すぐ」次がスタンバっている。
あらゆるものがすぐ壊れることがかなり予感されているのでないと、こういう配置をしようと人間は思わないだろう。

山の電子機器はなんだかすぐ壊れる。湿気のせいか。リモコンのボタンとか、すぐダメになる。それで、面倒なくすぐに使えるように、物理的にもそばに予備を置く癖がある(ヤスローに)。

……テレビはまだしも、そんな「すぐ」ファミコンの続きしたいか?
あと、「予備が先に壊れる」という可能性は?

そういった、すべての疑問符を、我々(暮らす者)は分かってる。
分かりながら、そうしているんだ。ときどき、そういうやり方で本当に助かることがある。

……長々しゃべったついでで解説すると、
マッピーが映っている大きなモニターは、「どこかの新しもの好きの金持ちが亡くなって、引き取ったシリーズ」の「ソニー製ブラウン管ハイビジョン」。
せっかくハイビジョンだからBSチューナーつけてみようと思ってる。

横のピンクは、ザ・80年代パステル。みどころは、内蔵アンテナの先端がハート形ってことなのだが、それはまたいずれ(左のが故障したとき)。


今回書いてて楽しかったな(俺だけ)。

マッピーについても名考察が読める一冊といえばこれだね!
カマドウマの出てくる「傑作」も分かる!
6

2011/9/7

【虫写真注意】bee continued  

クリックすると元のサイズで表示します
室内に蜂がくると、夏の終わりだなといつも思う。
ムシバム初年度にも同じ言葉をいったが、あのとき撮影したのが最大最強かも。

これは夜の蜂……なわけはなくて、家の洗面台あたりはいつも夜みたいに薄暗いのです。

(「便所」まわりが立地も内装も含めて「明るく」なるのって、いつごろからなんだっけ(名称も当然「トイレ」に)。昭和五十年ごろからかな)


クリックすると元のサイズで表示します
蛾みたいに「光にアタックする」蜂ということ自体、珍しいカットだと思う(そんなことないのか?修正わからず)。

……「珍しさ」にも地味なものはある。

なんにせよ今年は蜂が多い(そりゃそうだ!どこに巣があるんだよ)。
山「蜂の死にどころなく歩」きける(鬼城)姿も二度ほど目撃。


……客人と地獄のキャッチボールの末、今は一人でぎっくり腰。
あさってまで治らなかったら食料買い出しなど、麦小舎さんにヘルプの電話するかも(←ぜんぜんここ読んでなかったりして)。

身体のことは言語化しないと不安になる(気が弱い)ので書いてるだけで、大丈夫です(誰も心配してないっぽくもあるが)。
5

2011/9/5

【凶悪虫写真注意】ノ蛾ディノウズ  

たむらぱんさんが山に遊びにきてくれました。
もうすぐ、こっちの山でロックフェスできるぞ。

たむらぱんさんのブログにも、そのときの模様がでてきます(8/17のブログです)。

ここに出てくる「ジョーバ」は、さる有名な、新しもの好きですぐ飽きる方の家から父が引き取ったもの。
テラスに置いてあって、今夏少し、流行りました。

最強の揺れに設定し、またがりながら漫画読めるか。
缶ビールあけてコップに注いで呑めるか。つまみもボリボリ食えるか。
やってるとヤブサメ的な気持ちに。
(ヤブサメの人には全然ちがう!と言われそうだが、っていうか「流行りました」と言っても、そんなこと試してるの一人だが)。

「鉄人二十八号」1巻は完読! おためしあれ!


ところで、大人気のたむらぱんさんの、もちろんムシバムなんかよりもアクセス数のありそうなブログで我が家のことが写されたのですが、山なのにあるのビニール傘だけとか、なんかこうボロい上に風情のない感じがまんまんで、みてるうちに小さくなってしまった……。
(薪割りの写真で救われた)。

そのジョーバ脇にも虫はきます。
クリックすると元のサイズで表示します
蛾だけど(窓枠部分にぽつんと)。

クリックすると元のサイズで表示します
今年のムシバムは蛾のバリエーションが地味に豊富よね。


たむらぱんさんも虫の歌、つくったらよさそうだなー。「もやしもん」の主題歌も歌ってたから、虫まであと一歩。

「ラフ」という曲が最近のお気に入りです。虫の、ではなくて僕の。



たむらぱんさんは言葉遊び「それはなんでしょう」の出題もしてくれました。
まとめtogetterはこちら
3

2011/9/1

ラブリーガール  

ムシバム初?屋根映像。

クリックすると元のサイズで表示します
長嶋有漫画化計画デザイナー、watakasuさんに撮影してもらいました。
テレビのアンテナの支柱にできつつある、蜂の巣。

watakasuさんには今年、本格的に山滞在してもらいましたが、料理から掃除まで八面六臂の大活躍。
ついに屋根にのぼっての落ち葉掃除まで。

高いところ(というか、特に我が家の粗末な梯子)が苦手な僕に変わり、普段から木登りもスルスルできる、プロゴルファー猿ガールぶりをいかんなく発揮(「猿ガール」ではないので蔑称にあたらず←だとしてもキャンディキャンディとかに喩えてやれブルボン)。

頭上でデッキブラシの動く音が不意に止み、「冷凍庫のスイカバー食べないでおいて!」と、森に響く声で制されたのが、今年の夏の思い出です。

さらにwatakasuさんは庖丁が動かなくなったカボチャを手で割ったので「北天佑ガールだね」といったらむっとしてた。


蜂の巣画像はムシバムでは二度目だが、一度目は壁の中でした。
屋根が蜂の巣で、蜂の音で始終うるさいかというと、いたって静か。なにやってんだろう。

……屋根の赤さが、昔の家感あるな。

地デジアンテナにしたけど、まるで映りません。
ますます世事にうとくなり、TAIJIの死もしばらく知りませんでした。
屋根の上も下界も等しく遠い。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ