2008/8/25

ハサミムシクン(←クン、は写写丸風に)  

クリックすると元のサイズで表示します
室内の常連ながら、あまりムシバムでは撮影されることのないハサミムシ。

いつも、布団の下とか、受話器の下とかに隠れている。
いつだったかコタツのコードの下にいて、そんなにか(そんな細いところにさえ隠れたいのか)! と呆れた画像もあったはず。

しかし今年は初めて、フツーに葉っぱにとまる、昆虫らしいところをみせてくれたのだった。
虫グラビアカレンダーとかにありそうな、定番すぎる背景ではないか。
(そんなグラビアはないのだが)。

クリックすると元のサイズで表示します
なんかこう、みていて違和感。おまえはそんな素敵な虫じゃなかったはずだ、という。
「あぁ無情」の、ジャンバルジャンを疑う刑事みたいな感じだな(お、文学的な喩えいえたオレ)。

くみ取りトイレの一輪挿しに花を活けたのは「ねたあとに」のエミロンのモデルの人です。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ