2008/7/31

ボイド管ってなんだ  

六年目に突入しましたが、今年もまったく飽きることありません(僕が)。
トップバッターは、到着した日の夕方、家の裏、高床にする「ボイド管」にとりついた蛾の幼虫。
クリックすると元のサイズで表示します
のっけから勇ましい姿で、ムシライフの充実を予感させるに十分。
なお、大きさ比較にこれ以上なく便利な定規は、建築家のSさんのもの。

なぜ建築家がいるかっていうと、レンサイマネーで一部改築するのです。
台所と仏壇部屋は、今年のムシバムで見納めかも!

Sさん、家を一周するだけで、「アラー」と呆れ声を何十連発!
今までも、外並に寒い家だと思ってはいたが、「外より寒い(家)ですね」と、より低いお墨付きを得てしまった。

今年は、昨年Kさんからいただいた誘蛾灯をつかってみての検証も行います。
よろしく!

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ