2010/1/13

銚子鉄道にて  東日本ローカル私鉄

この間の日曜日はお知らせしたように銚子電鉄に行ってきました。一番の目的は釣り掛け電車の撮影でしたが もう一つ私鉄電機機関車マニアとしてはどうしても外せないのはこのデキ3です。去年の末に塗装変更して往年のツートンカラーになっています。こちらの方が愛らしい感じがします。
クリックすると元のサイズで表示します
この小さな小さな機関車は1922年(大11)にドイツのアルゲマイネ社で誕生したのち 山口県の炭坑で活躍し 1941年(昭16)銚電に来て 1984年(昭59)に営業運転から引退し現在は仲ノ町駅脇の機関区で隠居中です。
後ろはほぼ引退したと言っても過言ではないデハ701とデキ3。機関車の小ささが良く分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
パンタが上がっているところ見てみたいですが贅沢ですかね。仲ノ町駅で入場券を買うと機関区の見学が出来ますが 昔は無かった立ち入り禁止区域が出来てデキまでは近寄れません。こちらは敷地外からの道路からです。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影してる間に銚子駅からデハ801がやって来ました。この並びももう少しで見納めです。
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ