2009/10/31

【情報】11月の祭礼  祭礼

◆1/つくば市/筑波山神社「秋季御座替祭」/神輿

◆1-3/市原市五井/大宮神社/山車・神輿

◆3/茨城県笠間市/笠間稲荷神社/流鏑馬神事

◆7-8/八街市八街/八街神社/山車

◆10/香取市/香取神宮摂社匝瑳神社例祭

◆14-15/茨城県神栖市太田/恵日山長照寺「おめこ祭り」

◆15/多古町牛尾/白幡神社・潮神社「蛇祭り」

◆17/市川市中山/中山法華経寺/御会式

◆21-23/船橋市/二宮神社「下総三山七年祭」/神輿

◆23/茨城県神栖市矢田部/大鳥神社/神輿

◆23/千葉市/稲毛浅間神社/十二座神楽

◆23/野田市木間ヶ瀬/下根香取神社/獅子舞・棒剣術

◆23/南房総市/高家神社「新穀感謝祭」/庖丁式奉納

◆23/潮来市牛堀/国神神社/「上戸の獅子舞」

◆25/銚子市桜井/菅原大神「秋季例祭」

◆30/香取市/香取神宮「大饗祭」/神楽

2009/10/28

大杉祭神輿渡御  祭礼

25日の日曜日…
茨城県稲敷市阿波の大杉神社の祭礼、「大杉祭」の神輿渡御を見て来ました。

《祭礼ポスター》
クリックすると元のサイズで表示します

到着が少し遅れて、神社裏参道辺りから宮入までの見学です。

《祭礼幟》
クリックすると元のサイズで表示します

神輿行列の先頭に「榊」が加わるのはよく見ますが、さすがは大杉神社、「杉の木」が先導役でした。

《杉車》
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、雄獅子と雌獅子。その後ろに、猿田彦が続きます。

《雌雄獅子と猿田彦》
クリックすると元のサイズで表示します

明治期大正期の祭礼には、農耕馬による競馬も行われていたそうです。また、JRAの美浦トレーニングセンターは隣町ですし、大杉神社境内社には馬体守護の「勝馬神社」があったりして、お馬さんとも縁深い大杉神社です。

《神馬》
クリックすると元のサイズで表示します

神輿は二天棒で担ぎます。大きく揺らしたり、差したりの「神輿揉み」はありませんでした。

《神輿渡御》
クリックすると元のサイズで表示します

化粧綱を路盤に掛けています。
一般的に良く見かけるのは、化粧綱を鳳凰の脚に巻く形ですが、正式には「化粧綱は路盤に掛ける」との話を聞いた事があります。

《神輿宮入り》
クリックすると元のサイズで表示します

宮入後、神輿蔵の前で「還幸祭」が行われ、神輿は蔵に納められました。

《神輿》
クリックすると元のサイズで表示します



2009/10/24

「高田神社」「高田東照宮」  神社巡り

茨城県稲敷市高田鎮座
『高田神社』

《高田神社一之鳥居》
クリックすると元のサイズで表示します

※何とも不可思議な造型の鳥居です。

【御祭神】
伊邪那岐命
伊邪那美命
熊野神王櫛御気野命
速玉之男命
事解之男命
撞榊厳霊天疎向媛命
菊理比売命
菅原道真公

《社号標》
クリックすると元のサイズで表示します

【御由緒】
承平年間(931-937)、「平将門の乱」の平定を祈願するため、朱雀天皇の勅命により熊野大社の御分霊を勧請し、勅願所としたのが始まりです。
別名:高田権現神社

《拝殿》
クリックすると元のサイズで表示します

【末社】
香取神(経津主命)、鹿島神(武甕槌大神)、東照大権現(徳川家康公)など十八社が境内社として祀られています。
 

『高田東照宮』

高田神社末社に、徳川家康公を祭神として祀る「東照宮」があります。
※日光東照宮や水戸東照宮、高田神社末社の東照宮も、正式な社号は「東照宮」です。「門前十字路…」では、判りやすいように地域名を冠して表記します。
高田神社境内末社「高田東照宮」

《境内社祠》
クリックすると元のサイズで表示します

※社殿左側に全十八の境内社の祠

《社号札》
クリックすると元のサイズで表示します

※中央付近に東照大権現宮が鎮座

2009/10/22

東大社流鏑馬祭  祭礼

《鳥居と祭礼幟》
クリックすると元のサイズで表示します

毎年10月20日に行われる、東庄町の「東大社流鏑馬祭」を見学して来ました。

東大社の流鏑馬祭は、約900年前、康和年間に始まったと伝えられています。

《氏子郷から上げられた十三枚の的》
クリックすると元のサイズで表示します

「流鏑馬御的順序」
一番的/氏子中
二番的/溝原郷・神田郷
三番的/石出郷と羽計郷・今野郷と鹿野戸郷・谷津郷
四番的/諸持郷・東今泉郷
五番的/窪野谷郷
六番的/下飯田郷
七番的/高部郷
八番的/粟野郷
九番的/※欠番
十番的/小南郷

《一番的》
クリックすると元のサイズで表示します

《射手》
クリックすると元のサイズで表示します

流鏑馬と言うと、走る馬上から弓矢で的を射る行事を想像しますが、東大社の流鏑馬は社殿前より騎射装束の神職が立って弓矢を射ちます。

《三番的》
クリックすると元のサイズで表示します

的は長三尺、巾一尺の板を三枚並べ、郷の名前と五穀豊穣や国家安泰などと書いて竹に取り付けます。また、扇子を三枚合わせ丸くした物もあります。

《四番的》
クリックすると元のサイズで表示します

矢は的一つに対し、白い矢羽が五本、赤い矢羽が五本の、計十本を射ちます。
射たれた矢を拾うと御利益があり、氏子や集まった見学者による、喧嘩にならない程度の奪い合いがあります。

《射手》
クリックすると元のサイズで表示します

拾う矢は、的を外れた物でも良いようで、的の後ろの方にも待ち構えている人がいます。
何本か続けて的に当たると、「サービスしてやれよ」と声が飛び、射手がわざと的を外して射っていました。

東大社の御祭神は、神武天皇の御母君「玉依姫命」です。
農業・漁業の守り神で、子授けや安産の神でもあり、白い矢羽を拾うと男、赤い矢羽は女の子を授かると言われ、矢の争奪戦には若い女性も参戦していました。

《拝殿に上げられた的》
クリックすると元のサイズで表示します

的射ちが終わると、的は拝殿に昇げられ、祭りのあと、それぞれの郷に返されます。
この的も縁起物で、板を使って裁縫の裁ち物をすると上手に縫えるとか、竹を農作業の道具にすると肩が凝らないと言われているそうです。

終わり

2009/10/19

匝瑳市よかっぺまつり  祭礼

18日の日曜日は…
匝瑳市の市民まつり「よかっぺまつり」でした。

市内の小学校の5・6年生が「たるみこしパレード」を行い、囃子連が神輿囃子で盛り上げます。
我が萬町親和會は、平和小学校の担当です。

《平和小たるみこし》
クリックすると元のサイズで表示します

今年で、31回目のよかっぺまつりですが、まだ八日市場市だった頃の「第1回よかっぺまつり」に、中央小学校(現・八日市場小学校)の5年生だった門前人少年は、たるみこしパレードに参加しました。

《親和會&門前囃子連》
クリックすると元のサイズで表示します

八日市場と言えば「八日市場の八重垣神社祇園祭」
他にも幾つか、神輿祭りを行う神社のある地区はありますが、八日市場市内でも神輿祭りが無い地区もあり、そんな地区の子ども達にみこし担ぎの楽しさを体験させてあげたい、との事から始まった小学生による、たるみこしパレードなのだそうです。

《囃子連&みこし渡御》
クリックすると元のサイズで表示します

平和小学校の子ども達が大きくなって、「八日市場の祇園祭」に参加したいと思った時、「やっぱり萬町がいい!」って、担ぎに来てくれたら嬉しいなぁ…。

2009/10/18

東庄RC航空ショー  

昨日の事…

仕事の帰り道の近くなのでちょっと覗いて見ると、出店ブースのテントが準備されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

オマケに運が良い事に、「調整フライト」をやってました、リハーサルですね…。

クリックすると元のサイズで表示します

当日は、見学に行けない予定なので、ちょっとラッキーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

映画トップガンのデンジャーゾーンをBGMに、背面飛行やら、垂直降下やら、凄かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/10/17

新宿諏訪御祭禮 楽日(二)  祭礼

夕食休憩も終わり再出発。

《仲川岸/神武天皇》
クリックすると元のサイズで表示します

佐原の山車飾りは、迫力のある大人形が多いですが、物語の一場面を切り取ったような、等身大の人形もあります。

《新上川岸/牛天神》
クリックすると元のサイズで表示します

信用金庫駐車場に設けられた、「おまつり広場」のステージでは、山車が通過する時に踊りが披露されます。

《東関戸踊り》
クリックすると元のサイズで表示します

《下新町踊り》
クリックすると元のサイズで表示します

楽日夜の見学テーマは、なんといっても「仕舞砂切」です。
今回は、初日の出発に立ち会えた、東関戸を追っかけました。

《東関戸/大楠公》
クリックすると元のサイズで表示します

東関戸の乗演下座連は「東関戸連中」です。

山車を威勢よく曳く時に囃す、ドンツクと呼ばれる曲群があります。
東関戸連中のドンツクがオリジナリティがあって素晴らしかった!

「若いおまわりさん」をメインに、「八木節」や「ラッパ節」などの曲をひと回しで、次々と替えて行くアレンジをしていました。

♪若いおまわりさん→八木節→若いおまわりさん→ラッパ節→若いおまわりさん→…
東関戸連中では「若おまサンド」と呼んでいるそうです。

テンポの良い曲を、テンポ良くメドレーして、曳き手のテンションをどんどん上げて行き、楽しい曳廻しを見せていました。

定位置の薬師堂に帰着すると踊りをたっぷりと…。いよいよ踊りも終わると、当役さんは持っている提灯を掲げ、若連さんは頭を下げ、仕舞砂切が奏でられます。

《東関戸仕舞砂切》
クリックすると元のサイズで表示します

東関戸三日間のお祭りが終了しました。

さて帰ろうかと思っていると、どこからかお囃子が聞こえてきます。導かれるように歩いて行くと、仕舞直前の仲川岸/神武天皇でした。

《神武天皇仕舞直前》
クリックすると元のサイズで表示します

仲川岸も定位置の山車蔵前に帰着すると大踊りがあってから、仕舞砂切になります。

《仲川岸仕舞砂切》
クリックすると元のサイズで表示します

これで、佐原新宿諏訪神社御祭禮も仕舞になりました。

終わり

2009/10/16

新宿諏訪御祭禮 楽日(一)  祭礼

クリックすると元のサイズで表示します

一週間前は佐原新宿諏訪神社御祭禮初日だったなぁ…と、ぼんやりしていたら、「佐原の記事はまだですか?」と問い合わせ…(--;
と、言うことで楽日のレポートのはじまりはじまり…

11日は、祭礼集中日って事もあり、朝からあちこちと、他のお祭りを巡っていましたので(既報どおり)、佐原入りは16時半ころ…。

忠敬橋でこの日最初の「新橋本/小野道風」と遭遇。
ある意味、小野川が一番似合う道風さんです。

《小野道風と樋橋》
クリックすると元のサイズで表示します

香取街道を西へ…
下分/小楠公が夕食休憩前の踊りを披露していました。

《下分/小楠公》
クリックすると元のサイズで表示します

香取街道から横宿通りを通って行くと、千葉銀前〜「おまつり広場」〜仲川岸踏切に向けての通りに何台もの山車が夕食休憩で停まっていました。

気品ある御尊顔の聖帝・仁徳天皇。
下々の民を思い、清貧を貫いたエピソードは有名ですが、実は、かなりの恐妻家だったとか…。
シンパシーを感じる門前人です(笑)

《南横宿/仁徳天皇》
クリックすると元のサイズで表示します

今年は早々と出会えました、日本武さん。
門前人家では、おカミ様と王子の絶大な支持を受けています。曰く、イケメンランキング第1位なのだそうです。

《北横宿/日本武尊》
クリックすると元のサイズで表示します

兜の影になってしまっていますが、イケメンぶりでは負けていない、義経くん。

《上宿/源義経》
クリックすると元のサイズで表示します

昼間に見る山車も良いんですが、提灯や朝顔(※山車上のぼんぼり)に灯りが入ると、より華やかになります。

提灯が飾り付けられ…

《下川岸/素盞鳴尊》
クリックすると元のサイズで表示します

灯が入りました…

《素盞鳴尊の夜姿》
クリックすると元のサイズで表示します

(二)へ続く…

2009/10/16

【情報】東庄RC航空ショー  

【期日】
平成21年10月18日
09:00〜15:00

【場所】
東庄町利根川河川敷町民広場(新宿利根川大橋付近)

【内容】
大型ラジコン飛行機のデモフライト

地域特産品直売所ほか

【問い合わせ】
0478-86-3600
東庄町商工会青年部内
RC企画運営実行委員会
クリックすると元のサイズで表示します

2009/10/14

三熊野神社祭礼楽日  祭礼

12日祝日体育の日…
昨日の祭礼集中日の疲れがどっぷりと体にまとわりついています…。
いつもは休日でも、割りと早めの目覚めの門前人ですが、この日は10時近くまでぐっすりでした。

「今日は完全休養日!」
と考えていたものの、午後になって体がムズムズして来ました。
で、来ちゃいました潮来市牛堀「三熊野神社祭礼」
初日10日のリベンジです。

《壹区曳廻し》
クリックすると元のサイズで表示します

《麻生囃子連》
クリックすると元のサイズで表示します

《壹区踊り》
クリックすると元のサイズで表示します

《貮区山車》
クリックすると元のサイズで表示します

《貮区曳廻し》
クリックすると元のサイズで表示します

《貮区踊り》
クリックすると元のサイズで表示します

夜には、曲曳きの「算盤曳き」も披露されるようですが、さすがに疲労感は隠せません…。
短い時間で撤退しました…。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ