お!!!今日は雨??  モモ的つれつ゛れ


 この間、高村光太郎さんのご命日 レンギョウ忌でお目かかった編集者のかたからお葉書がとどていました。
 花園神社の近辺に1960年代高度成長期の日本の文壇 経済界 マスコミあらゆる強者が集まる のみ屋さんの仲間の方が モンデンモモがなぜ今レンギョウ忌で智恵子抄を歌わせていたあいているかを説明してくれたとお葉書をくださいました。キーパーソンはもちろん 千田敬一さんです。
 その方に母の画集をおくってくださいといっていただいたので、朝だしてきました。個展をたくさんプロデュースなさっている方だそうです。

 母の絵を整頓する時も、画集を創る時も、このタイトル白露の風の曲を創る時もあまりに大変でよく考える事ができなかったと思います。
 でもどうしても画集をつくらなければ〜〜と強く念じました。
 きっとそれは私がこれから生きて行く上で大切なポイントになる気がしました。

 このごろ少し目が開くようになって、モンデンモモを説明するとき、画集を見ていただく事によって、いろいろな方向へ物事が進み始めています。

 全ての方々のおかげでどうにか今ここに存在できています
心から感謝です。

 今日はそんなとき本当に心からたすけてくだった、仲間たちが集まってくださいます

 ただ〜〜雨かも〜〜シクシク

    でもきっと、神様が何か教えてくださいます!!きっと素敵な一日になります!!

    またご報告しまあす!!
1




AutoPage最新お知らせ