2015/10/19 | 投稿者: minakimadoka

今月20日発売予定の「月刊 美術の窓」(生活の友社)11月号が、本日届きました。
253ページに第100回記念二科展絵画部での私の入選作「鳥たちの森」が掲載されています。
月刊誌に掲載してくださったのはこれで5回目となります。とてもうれしいです。
編集部の皆様、美術評論家の高山淳先生、前回に続き、まことにありがとうございました。
今後とも精進をしていく所存ですので、皆様よろしくお願いします。

『満月が上方に浮かんだ夜の空間。下方に水が深い表情をたたえている。周りの樹木や枝に様々な鳥がいる。鷺、鶯、カワセミ、メジロや名前のわからない様々な鳥がいて、つがいのものも多い。そんな鳥がみんな水のほうや上方を見たりしていて、不思議な雰囲気である。上方の満月と強い関係をもっているようだ。遠景に裸木の向こうに葉をたくさんつけた樹木があるのだが、その下方にぽっかりとあけられた空間があって、緑の葉が見えるが、その向こうには異次元の世界が存在するようだ。「鳥たちの森」という題名のように、鳥と樹木、月、水たちがお互いに関係をもちながら、人間界とは違った世界をつくっている様子を生き生きと表現する。』

「美術の窓」で高山先生にこのように批評していただきました。ありがとうございました。

↓第100回記念二科展絵画部入選作品
「鳥たちの森」
サイズ F50号(910mm×1166mm)
技法 油彩
クリックすると元のサイズで表示します

↓「月刊 美術の窓」(生活の友社)11月号表紙
クリックすると元のサイズで表示します

生活の友社 美術の窓 HP
http://www.tomosha.com/mado/




AutoPage最新お知らせ