2019/8/29

VanCon 2019-4  2019 SPN CON

  いつも拍手をありがとうございますハートx2


 Creationから 次はNew Jerseyで会いましょう




 J2〜〜(ノ◕ヮ◕)ノ*:・゚✧







 とりあえずGoldPanelだけは解読しました('◇')ゞ


 分かるところだけの解説ですが、毎度推理訳ですので間違い勘違いあると思います。間違いに気づいた方は教えてくださると助かります<(_ _)>
 
 ・2:03〜4つ目のエピ(on the airはep3)を2日撮影したと話し出したジャレッド、監督は他のshowのproduceなどで忙しくしばらくSPNにはいなかった、S6のFrench Mistakeを監督したのが最後で、S5-Changing Channels、個人的にお気に入りのS4-I know you did last summer(ルビーとの回想エピ)も監督したと語り、
 Jen「誰か(監督の)名前知ってる?」
 会場から複数「Charles Beeson」の声・・・さすがだfandom( ̄▽ ̄;)
 ジャレッドはベッソン監督がどのエピをdirectorしてたかSPN wikiさんで調べたそうで、彼すべてやってる〜!となったそう。会場に現れたら紹介すると言ってますが、結局現れなかったようですね。
 J2が過去の監督やwriterを呼び戻したいと言っていて叶ったのがベッソン氏なのですね〜♪ 楽しみだ(^◇^)
 
 ・3:21〜ジェンセンがその二日の撮影について語りだし、それはたくさんのcastが一つの部屋にいるシーンだったそうで、みんなジョークしまくって、ジェンセンが何度かベッソン監督(チャールズ呼びしてるから親しい様子)を見ると、彼は「どうして俺は戻ることに同意したんだろう」と考えてたと思うと(笑) 9年たっても変わってない(≧∇≦)
 ジャレッドがミーシャとアレックス君に14年やってることをやってふざけていると、向こうで監督がため息ついて首振ってた、と実演(笑)

 ・4:44〜たぶんジェンセンはここ何年も会ってなかった人たちを見つけた、と言ったように聞えたんだけど、なぜかジャレッドが「It's okay」と言いながら無理矢理握手・・・ただ触りたかっただけかな?(笑) 
 
 ・5:44〜SPNのfinaleエピを、Theaterを借りてcast、crew、fanで見る企画はどうか?と言う質問。
 J2はまだ終わりを認めてない状態で、まだ警告?(tubeではwarningと字幕が出ますが、mourningかもしれないと教えていただきました。それだと「哀しみの喪に服す」という意味)しているとジェンセンとお揃いっぽいシャツを強調するジャレッド。
 Jen「ただの偶然だ」←本当かな〜?
 ジャレッドはちょっと考えてみると言ってますが、「涙フェスタになる」と。
 Jar「床をタオルで覆うようだ」
 Jen「でかいスクイージ(水をかき出すゴム製モップ)で終わるんだ」
 Jar「おれたち皆、シャチのいるスプラッシュタウンのスプラッシュベストを着る」
 スプラッシュタウンはサンアントニオにあるシーワールドだそうです(笑) シャチもいるらしい。
 
 ・7:25〜長年iconicなキャラクターを演じて来て、どのようにステレオタイプをブレークするつもりか?と言う質問。
 ギルモア・ガールズに言及してくれてありがとう、とふざけるジャレッド。
 おまえは5年もキュートなシーズン持ってたんだな、とジェンセン(*ノωノ)
 ジャレッドはiconicと言われたことにお礼を言いつつ、SDCCで出会った若いアクターたちに「レジェンド」と言われたことを等語りだし、「ん?」と言う顔をしていたジェンセン「(質問者に)俺は君の質問に答えようと思う」←(笑)
 ジャレッドはどうやら感情的にキャラから脱することをどう反映させるか?と言う意味合いに捉えたようで、ジェンセンはキャラクターを脱して変化する意味だと捉え、ジェンセンが正解です(^^ゞ
 Jen「俺の答えは、決して(キャラを)脱しなくてもそれでいい」←歓声ヾ(*´∀`*)ノ
 Jar「おれは髪を切るだろう」←Noの声多数。
 ジェンセンがFinalの最後の撮影の日に、ジャレッドの髪を剃るのをInstagram Liveすると言ってます(笑)
 Jar「もっと簡単なのは、おれはただウィッグを脱ぐ」←
 Jen「サプライ〜ズ」
 
 ・10:33〜前夜のSNSで通常ファンの目につかないproductionの方たちがステージに上がったことに感謝し、とても感動したという質問者、涙声になっちゃいますが、質問はJ2のSPN後のプランについて。
 質問者にお礼を言ったジャレッド、先月の最初の撮影日は「最後のFirstDayだ」とちょっとエモーショナルになった場面もあったと語り、ジャレッドとしては計画したことがそうなるとは限らない、今はわからない、どうなるか見てみよう、何かプロジェクトがあったらHappyだけど、子供たちとプールに横たわるのもいい・・・と言う感じ。
 ジェンセンも、まず初めにSNSでロブがproductionの人たちをステージに上げたことをクールだったと語り、拍手をしてくれたみんなからのたくさんの愛を彼らが感じたと知っている、バックステージに戻った彼らはその愛にとてもハイになっていた、それを見るのは本当に素敵だったと思うと感謝を述べ、質問の答えについてはやはりわからないと。
 SDCCやTCAのinterviewでも聞かれたけれど、まだ撮影は8か月あってそれに集中したい、良い仕事をしたいから終わりのことは考える必要がない、まだゲーム中なのだから・・・だそうです。
 ジャレッドが抵当ローンのためにKickstarter(支援を募る)をやるだろうとジョークを言うと、Jen「どのローン?」(笑)
 
 14:54〜喜びの悲鳴を上げた質問者はCaliforniaのベイエリアの方で、ラストシーズンだからウィンチェスターミステリーハウスでの撮影プランは? 
 と言う意味だと思うのだけど、ジャレッドはまたGenと二人で行った話をします。
 ジャレッドは自分はその場所では大物だろうからあれこれあるだろうな、と思っていたら、誰も二人に構わなかった(笑)
 そして最後になって、ツアーガイドの方が挨拶した後、ジャレッドとGenに「お写真いいですか? 大ファンなんです」と言ったのだそう。
 それで「Yes(ガッツポーズ)」となったと言ってますが、ジャレッドがジェンセンに振るとJen「さてね、誰も俺のこと知らなくて写真撮らないかも」とジョーク(笑)
 
 ・17:35〜この質問者はTeam Samのジャレッドファンのようで、ジェンセンに「サンクス ジャスティン」と言ったり、質問になかなか入らないので評判が悪いです( ̄▽ ̄;)
 仕事でCWにいたのにFoxに移ったとか、2カ月でS14まで見たとか言ってますが、ついにジェンセンに「質問は何?」(歓声)と言われて質問は、showに使われたお気に入りの曲、シーンに最適だった曲は?
 ジャレッドはS6で兄が妖精と戦った時のデビッド・ボウイ(Space Oddity)、PilotでのAC/DC(Back in BlackかHighway to Hell、前者かな?)、S1でサムがジェシカの幻を見た時のローリング・ストーンズ(Laugh, I Nearly Died)をあげてます。
 ジェンセンは、Back in Black以外ではRenegade(S2でSWATに変装して脱出時の曲)をあげていて、ほとんどの場合使われる曲はscriptに書かれてなくて、どれくらいのお金が曲のために残っているかの都合しだい、現在自分の監督したエピで使いたい曲があるらしくてファイト中で、もしダメだったら本当に落ち込むと語ってます。
 ジャレッドが付け加えて、実際にepisodeの中で使われていないから言及しなかったけれど、Carry On My Wayward Sonがレストランとかどこでも、自分のiPhoneやiPodのシャッフルでかかったりしてもツボに来るそうです。
 それはファンも同じよね〜(^◇^)
 実際は200話に編曲バージョンで歌われていることを撮影者かな?、伝えてますね。
 やり取りが落ち着いたところで、質問者に「great question」と言ってあげるジェンセン、優しい( *´艸`)
 
 
 ・23:20〜ジャレッドがimpalaの運転を許されてないことは知られているけれど、showにおいてキャスがimpalaを運転したことがなく、他のキャストも運転したことあるのになぜ?と言う話題が前日のミーシャのPanelで出たらしく、ジェンセンにクロロホルムを嗅がせてその隙に運転するなんてジョークが出たようです。(似たようなjokeを以前ジャレッドがbad jokeだよと断ったうえで口にしたことですごく問題にした連中がいたのに、今回まったく騒がないダブルスタンダードに怒ってる人がいました)
 で、ミーシャの運転を許すのにクロロホルムは充分か?と言う馬鹿げた質問。
 ジェンセンはたぶん無理と。クロロホルムとベースボールバットのコンボだったらあるいは可能かと言ってますが、奇妙なことにライターたちはそれを書かない、キャスは車を持ってるし・・・客席から「キャスが運転してBaby壊したらディーンが殺す」と呟いた人がいてジャレッドが指さしてます(笑)、たぶん彼にそういうチャンスがない方が良いだろうと。
 話題から連想したらしく、ジェンセン曰く初期の頃は何度か運転役を兄弟間でスイッチしていたけれど、結局右と左に固定していた方が良いと考え、ずっとそうして来てる。今はそれを知ってるから彼(ジャレッド)には運転させるつもりはないと語ってます(笑)
 ※8/30訂正:なるほど! thingは兄弟が運転席と助手席に固定して座っているということがshowとしての形だからという意味ですねきっと! だから「彼」というのはジャレッドじゃなくミーシャのことで、運転させるつもりはないと質問に答えているんだわ。(Yさんありがとうございます(^^)/)
 
 ・25:21〜今年のSeattleConが初めてになるはずだったのに(雪で中止になったので)Jasonに会っただけで、これが最初になったという質問者は、結婚式で通路を歩いてくる花嫁を見た時に初めて頭に浮かんだことは?
 ジェンセンはダニールがどんなドレスを着て髪やメイクがどうなるか全く知らないようにして、その時をピュアに迎え、ダニールが角を曲がって現れた時文字通り息を飲み胸を打たれたようになったそう(*ノωノ) 「気を失うなよ」と自分に言い聞かせたのを覚えてると(≧∇≦)
 結婚式のPhotographerが友人でfashionをやってる方だったようで、結婚式には素人。で、通路を来るダニールの姿をジェンセンの視界を防ぐように、通路の真ん中を後ずさりながら撮っていたのをジェンセンがどけた(笑)
 その後カメラのシャッター音が聞こえるから見上げたら、Photographerさんは木の上から撮影していたそう。
 
 ・27:49〜JJちゃんがアナ雪が好きなのを知ってるけれど、他のディズニーでお子さんたちと一緒に見るのが好きな作品は?
 ジェンセンため息ってますが(笑)
 JJちゃんは今”The Descendants”にハマってるそうです。ジェンセンは全ての曲を知ってるというと、Jar「証明して」←(笑)
 その作品はディズニーのプリンス、プリンセスたちの子どもたちの話でコンセプトが面白い・・・と言ってますが、調べると基本的に悪役の子どもたちが中心のようです。
 早く通り過ぎてくれることを願う、と言う感じのジェンセンです。
 
 ジェンセン、SNSのせいか、あるいは風邪気味なのか、喉がちょっと嗄れてますね〜。
 



 別角度のMainPanelFullが出たので貼っておきまーす!

14



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ