2008/4/18

ん? めざし・・・?  旅行 ・ 散策

4月も半ばになってくると、尻がやけに落ち着かなくなる人って
結構、多くありませんか(笑)。
あと一週間もすれば、ゴールデン・ウイークですものね。
私の場合は暦通りに休みのようだが、何分にも先立つものが・・・(涙)。
今日はそんなお話。

一括りに「ゴールデン・ウイーク」と云っているが
メインは、やはり「端午の節句」であろう。

屋根よ〜り〜た〜か〜い、鯉の〜ぼ〜り〜 ♪

こう見えて、私も一応は我が家の長男であったから
それなりに「端午の節句」は、やってもらった。
流石に鯉のぼりはなかったが、5月人形はちゃんと飾ってあった。

さて、この「鯉のぼり」。
この時期になると、各地で「端午の節句」に因んだイベントが行われている。
今日、仕事で訪れた千葉県市原市には、地元で使わなくなった鯉のぼりを
一斉に飾る「瀬又の鯉のぼり」が有名だそうだ。

下の画像は、今日現在の状態なのだが、まだ準備中なのだろうか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雨上がりの無風状態。
「鯉のぼり」どころか、カラフルな「めざし」の集団に見える(大笑)。

名誉のために云っておきますが、天気がよく風が適度に吹いていれば
とても壮観な眺めになりますよ。
どれくらい壮観かは、「瀬又の鯉のぼり」で画像を検索して下さい。
0

2008/3/27

動物園かよっ!  旅行 ・ 散策

今日は仕事で、千葉の「鴨川」に行ってきました。
京葉道路から、館山自動車道で南下。
一般道を経て、房総スカイライン(有料)を通ると、道中に次のような看板群を発見。

クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

残念なことに、「猪鹿蝶(花札の役)」は完成しませんでしたが(笑)
まるでサファリパークのような有様。
まだこの辺りは自然がたくさん残っていますが、動物達にとっては
さぞ、暮らし難かろうと思われますね。

そう云えば先日、狸を轢きそうになりましたよ(驚)。
私が住んでいた松戸はかなり開発が進んでいて、動物達が住むには
厳しい環境だと思っていましたが、夜間に住宅地を車で走行中に
目の前に、一匹の動物が飛び出してきました。

犬でもなく、猫でもない。
あれは紛れもなく、でした。


幸い、ゆっくり走っていた為、轢かずに済みましたが
狸の存在にちょっと驚きましたね。

あの狸は、あれから何処へ帰って行ったのでしょう?
0

2008/3/26

ここはドコ・・・?  旅行 ・ 散策

クリックすると元のサイズで表示します

ココどこだか、わかりますか?

一見、海外のリゾート地っぽい感じがしますが・・・。
しかし、よく見ると海外のリゾート地には不釣り合いな
国産車や大型トラックの姿が・・・(笑)。
そして、よく考えてみると、この私が海外にいる筈もなく・・・(苦笑)。


実はここ、千葉の「幕張」なんです。


幕張メッセの近くの「海浜大通」の景色なんですが、すぐそばに海もあり
まさにリゾート地。
この画像は停車中に写したものですが
次は海を撮ろうとしたら、こんな奇妙な画像が・・・(苦笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな車が実際に走っていたら、超気持ち悪いんですけど・・・(大笑)。
0

2008/3/15

春の風物詩  旅行 ・ 散策

先日、春の訪れによる「梅」の開花について触れました。
もうじき「桜」も、見事な花を咲かせる事でしょうが
「千葉の春」と云ったら、コレに触れない訳にはいかないでしょう。

「菜の花」

先日、千葉県の国道127号線の君津あたりを走行中
中央分離帯に、見事な菜の花畑を発見しました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

数キロに亘り、ず〜っと続く菜の花畑。
それは見事な景観でした。
つい見とれて、運転を忘れてしまいそう・・・(おい、おい)。

まぁ、私の場合は「花より団子」なので、菜の花のお浸しとかいいですねぇ・・・(笑)。
0

2007/12/14

最強の里  旅行 ・ 散策

先日、仕事で長野の方へ行くことになった。
その時の話はそのうち触れるとして、その道中で休憩に寄ったところが
意外なところであった。
その場所とは長野県東御(とうみ)市にある、「道の駅 雷電くるみの里」である。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は、上信越自動車道と並行して走る「浅間サンライン」沿いにあって
景色も良く、休憩をとるには絶好のロケーションである。
今回は社長の同乗者として行ったので、自由な時間がなく(写メを撮るので精一杯)
中をゆっくり見る暇はなかったが、こんなものを敷地の中で見掛けた。

クリックすると元のサイズで表示します

雷電爲右エ門(ためえもん)の像

相撲通ならご存知の、江戸時代の最強力士である。
現役生活21年で生涯成績は254勝10敗、横綱免許こそ受けなかったが
今でも最強力士として賞賛されている。
何故、こんな像がここにあるのかというと、「雷電」はここ東御出身で
この近くに生家や、お墓などもあるからである。
この像の後が資料館になっていて、見学する事が出来るようになっている。
勿論、私には見学している時間はなかったのだが・・・(涙)。
次に行く事があれば、是非見学したいと思う。

しんどい仕事の最中の、ヒョンな出会いであった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ